バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

ponanza 102番勝負 第59局 一手損角換わり VS 腰掛銀

2011-07-31 18:30:24 | 将棋

ponanzaの59戦目は、 強豪tさんとの戦いで一手損角換わりに対してponanzaは、腰掛銀で対抗しました。

先手▲ponanza 後手△tさん(レーティング 2947です)

(A) 一手損角換わりに対して最初のころは、早繰り銀で対抗していましたが継歩攻めに苦戦していましたが その後 棒銀や腰掛銀で対抗するようになりましたね。

(B) 棒銀にするか腰掛銀にするかは、プログラムでどうやって選択するんでしょうね。

以下△4三金右▲4五歩△同歩▲4一角△4四銀▲7四角成△3三桂(次図)

 

(A) 後手の狙いは、なんですか?

(B) 落ち着いたら△3五歩からの桂頭狙いです。

以下▲4六歩△同歩▲6四馬△7三角▲7四馬△4二飛(次図)

 

(A) 難しい中盤戦ですね。

(B) まあ ここからの構想が勝敗を左右しそうですね。

以下▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛△3五歩(次図)

 

(A) いよいよ△3五歩の攻撃がきましたね。

(B) とりあえず▲4五歩と打てば桂交換にはなりますが問題は、その後です。

以下▲4五歩△同桂▲同銀△同銀右▲同桂△同銀▲4一銀(次図)

 

(A) ▲4一銀か

(B) そうですね こういう風に平凡に迫っていくのがいいようですね。

以下△3三金上▲5二銀成△3二飛▲6五桂△4七歩成(次図)

 

(A) 先手のほうが、攻めがわかりやすいですね。

(B) 平凡に迫っていますから、でもこの平凡ってのも結構難しいもんだよ。

以下▲4七同金△8五銀▲6三馬△5四銀▲4四歩△同金直▲5三馬△6五銀▲4二成銀(次図)

 

(A) 後手が手間取っているあいだに先手がぐっと迫った感じがします。

(B) そうですね、いつのまにか先手がよくなっています。▲4四歩とたたく手が利いたのは大きいですね。

以下 △4二飛▲同馬△3一銀▲4一飛(次図) まで先手の勝ち

(A) あれー 一気に終わってしまいましたね。

(B) 確かに先手がよかったと思いますが、4手で終わるとは思いませんでした。△4二飛は、少し淡白だったかもしれません。 まあ少し悪そうだったので、あっさりいったのかな?

 

とにかく強いponanza これで57勝2敗です。次はだれが止めるのかが楽しみなところです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ponanza 102番勝負 第58局 ... | トップ | ponanza 102番勝負 第60局 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事