バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウェブ進化論 続き 

2007-02-23 08:54:02 | 映画、ドラマ、書籍等

前回 紹介したウェブ進化論についてもう少し紹介したい事があったので引き続き同じテーマで。

このウェブ進化論というのは、30万部のベストセラーだったのですね。知りませんでした。多くの人に読まれるわけがわかりました。

この中で出てくる ロングテール(恐竜の尻尾)に発想に感心しました。簡単に説明するともともと本の売れる順位と売れる冊数の表で、縦軸に本の販売数で横軸に売れる順位をグラフにすると恐竜の形になって上位数冊は非常に高い値を示し15位付近から急激にさがりそこから延々と縦軸の低い値が続いていく(尻尾の部分)実は、いままでこの上位15位くらいまでで勝負をしていたのをamazon(インターネット書店)は、この尻尾の部分も集めるとかなりおおきな値になることに注目して(約1/3といわれている)方針を展開しました。amazonの方式や考え方も活気的なものでしたが、やはり現在のインターネットの普及がもたらすところだと思います。

現在注目されているグーグルについては、本書や他の本でその実態の一部がわかりますが、単に検索サイトだと思っている人は、必見です。

なお このウェブ進化論という題目について著者の梅田さんは面白いことを言ってました。これを決めるとき ウェブとか進化とかを単独で検索するとものすごく検索に引っかかるが、ウェブ進化論とくっつけて検索するとぐーと少なくなるここに注目し決定したとの事。

検索サイトがじょじょに重要なポイントになってきている証拠ですね。googleの検索連動型広告ももちろんこれに関連していますが。

そういう意味で、自分のブログの名前も少し変えると検索もグーとすくなくなるのかなと思ったりもしました。バビル3世をバビル5世とかにすればって感じでね。バビル3世だとやはり何人かいますからね。

というわけでこの本一度は、読んで見てほしい1冊です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ウェブ進化論 梅田望夫 | トップ | ヤフオク取り引きいろいろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画、ドラマ、書籍等」カテゴリの最新記事