バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

詰棋通信No.28より

2014-08-16 18:11:34 | 将棋

お盆も終わり 今日 子供たちもそれぞれ戻っていきました。

今日は、帰省のピークで高速道路は、長蛇の列のようですが電車で帰る分にはあなんとか座れたようでした。

次はお正月までですね、みんな集まるのは。

あと一日 休みがあるのでのんびりしようと思ってますが、天気がいまひとつですね。

 

今日は、入国管理局からようやく書類(娘婿のビザ関係)が届き(申請してから2か月以上経つ)これをEMSで、長女の婿がいるベラルーシにEMSで送り

向こうで手続きしてようやくビザがおりるわけです。なんとも時間のいる作業。 多分1か月後くらいに来日だと思うがその頃 ちょうど長女の出産予定近くなので

まあ家は、てんやわんやだろうな(笑) その頃 私は、出張だらけなので。

 

詰棋通信No.28より

まずは、好作(形、手順とも) 初形4枚で、すらすら詰んでいき解後感良し これぞ 新聞詰将棋という感じです。

もう一題 大山名人作より

これも非常にいい手順ながら余詰みが発生しています。 作意は、▲3三飛成ですが ▲3三歩成でも▲3二金でも詰みます。

そこでちょっとだけ手を加えて修正 これで作意手順でいけるはずです。

三輪さんからのコメントで送ってくれた余詰み修正案が次の図です。

さすがにこちらのほうがいい。私の修正案は、むりやり4四桂打ちを消しにいったのだがそうまでしなくてもこんなにスマートにできるものなのですね。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 詰棋通信No.27より | トップ | 詰棋通信No.29より  飛銀が... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
修正図 (三輪 勝昭)
2014-08-17 06:24:18
大山名人の作品を見てると失礼だけど、ゴーストライターがいるのではと思っています。
実にスマートな作品が多い。
実際に自分で創っているのなら褒めている事になります。
中原名人も詰将棋が上手いけど、両名人とも詰将棋を創っている姿が想像出来ない。
ゴーストライターがいたって当たり前くらいにしか僕は思ってないけど、本当に自分で創っていたなら嬉しい話です。

2問目の作品は余詰の修正は1枚での条件でも、他に方法はありそうですね。
配置の自然さなら玉方42歩かな。
僕なら
12角を23角にして詰方12歩を加え33飛成、11玉、12歩成(成非限定)にする事を考えます。
しかし、12歩成で21金の余詰を消すのに玉方54金のような駒が必要です。
RE 三輪さん (バビル3世)
2014-08-17 07:23:41
大山さんは、ゴーストライターがいたような気がします。
中原さんは、どうなんでしょうね。
晩年になってからよく出されていますので創っているような気がするんですけどね。
詰将棋の作品は確かに上手ですね。 
大山名人作 (通りすがり)
2014-08-17 10:01:50
一問目は難しかった。三手目が盲点というより42角、22玉で詰まないと思い読みを打ちきり、11飛、21桂の筋を読んでました。
RE とおりすがりさん (バビル3世)
2014-08-17 10:35:36
1問目 いい問題ですよね。着地(収束)もぴったり決まって。 3手目好手ですよね 利いていると思う駒ですから。
Unknown (佐原)
2014-08-17 16:06:43
大山さんの2番目の図は毎日新聞に1963年に出題したものの使い回しで, 当初余詰指摘されていたのに再出題ですからいただけません. 1991年にもスポニチに三度目のお勉めですから何をかいわんやです.
大山さんには丸田さんがかなり提供したらしく, 大山さんの没後自分の名前で各紙に発表しております.
RE 佐原さん (バビル3世)
2014-08-17 16:36:02
なるほど 丸田さんなら理解できます。
将棋も軽快でしたが詰将棋も非常にスマートなので

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事