バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

ponanza 102番勝負 第58局 横歩取り△8五飛戦法 

2011-07-30 06:43:50 | 将棋

ponanzaの58戦目は、珍しく ponanzaが横歩取り△8五戦法を指しました。その指しまわしはどうだったのか見てみましょう。

先手▲sさん(レーティング 2840) 後手△ponanzaです。

(A) ここで先手がどんな作戦を採用するかですね。

(B) 横歩取り△8五飛戦法は、先手に作戦の決定権があるので、後手は、これらに全て対応しなければならないので、精通が必要。先手は、得意な形だけを詳しく研究していけばいいのでその分は、楽かなと思います。

以下▲4八銀△6二銀▲3六歩△5一金▲3七桂△7四歩▲5八王△7五歩(次図)

(A) 先手は、新山崎流に進めてましたが、▲5八王で予定を変更しました。

(B) ▲3三角成△同桂▲3五歩△4四角という新山崎流ではなくオーソドックスに▲5八王▲3八金型で対抗するつもりだったのですが、いきなり 先制の△7五歩ですね。

(A) 普通△7三桂じゃないの?

(B) それのほうが一般的ですけどね

以下 ▲3三角成△同桂▲3五歩△7六歩▲3四歩(次図)

 

(A) いきなり大決戦ですね。

(B) 右辺の壁がちょっと気になりますが、先手としては、悪くないと思んですけどね。

以下 △4四角▲7六飛△9九角成▲7七桂△7五香(次図)

 

(A) △7五香は、いやな手ですね。

(B) ▲7七桂が馬を封じながら飛車取りなのでひと目指したい手ですが、△7五香と打たれたら迷いますね。 もしかしたら他の手も検討すべきだったかもしれません。▲3三歩成△同銀▲7七桂打とか。そうすれば△7五香に飛車を横に逃げられます。

(A) さてどうしましょうこの△7五香

(B) 難しいですね。いったんは、▲3三歩成と取って▲3四歩のたたきかな?

 

本譜は、以下▲3三歩成△同銀▲7五飛△同飛▲6六角△7六歩(次図) まで後手の勝ち

 

(A) えー もう終わったの?

(B) ▲7五飛といった手が暴発になったのかもしれません。やはりいったん▲3四歩とたたき△同銀▲3三歩△3一金▲3六飛と指したほうがましだったかと思います。

 

意外な短手数で、快勝したponanza先生。 序盤の△7五歩の先制では、△7三桂が定跡なので、まさに名人に定跡なしですかね(笑)

これでponanza 56勝2敗です。ますます快進撃が勢いを増していきました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ponanza 102番勝負 第57局 ... | トップ | ponanza 102番勝負 第59局 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事