バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

影法師 百田尚樹

2013-08-29 12:10:11 | 映画、ドラマ、書籍等

昨日 読みかけていた百田尚樹の影法師 一気に読み終えました。

 

最近 この作家にはまって数冊読みましたが、この作家の本は、なかなかBOOK OFFにもあまり置いていない。それで 新品かネットで買うことになすが

いままで読んだ作品は、どれも質が高かった。 この作品も時代物ながらなかなか余韻を残す作品でした。

文庫本では、単行本と違って袋とじがあり小説現代に連載された際の最終章が載っている。なぜか単行本ではこれが省かれている。

この最終章は、エピローグ的なものですが、印象をまた異にするくらいのインパクトはあります。

良否は、人によって違うかもしれませんが個人的には、この最終章はあったほうがいいと思います。

海賊と呼ばれた男(上)(下)、 永遠の0、 モンスターに続いてこの影法師を読みましたが Amazonレビューの数の多いこと。いかに読まれているかということと

なにか言いたい人が多いんですね。

ここまでハズレがなかったので、このあと ボックス、 風の中のマリア等も読んでみたくなりました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 山中龍雄作品集 短編100番 | トップ | 図式獲麟篇 野口益雄編刊 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画、ドラマ、書籍等」カテゴリの最新記事