バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

将棋魔法陣 二上九段

2015-01-10 22:10:44 | 将棋

今日は、10日戎 地元の神社にいってきました。娘夫婦もいっしょについてきましたが、イワン君のだっこしていた孫の杏花(あんな)がモテモテで、若いお姉さんたちに囲まれていました。

1月は、日曜日に深夜作業がいくつかあり18日にあるきのくに杯将棋大会も当日が深夜作業なので出場できるか微妙なところです。

 

マイナビブックスから将棋魔法陣が発行される。

実は、この将棋魔法陣 ものすごく昔発行されたが それを当時まだそれほど詰将棋に興味がなかったにもかかわらず購入していた。 だから今回 発行される限定版は、購入するつもりはなかったが マイナビさんのブログを見ていると この将棋魔法陣の良さを知るには、よい解説が必須だということがわかった。 歩の打診の44番などは解説をみなければその深さに触れることもなかった。

マイナビさん商売がうまい!。高価だが予約注文をしました。

昭和49年に発行された将棋魔法陣より少しご紹介。

まあ私自身 難しいのは苦手なのでシンプルなのを

なるほど見事に不成が発生している。

この図から思いついた駄作をひとつ

それとこの改訂版将棋魔法陣は、本編81問と盤外19問で合計100問その番外編の1番

二上さんが非常に自分自身気に入っている作品

31角、11王、33角成、同桂、13飛、12角、21金、同王、23飛成、同角、22金まで11手詰み。

ただし 4手目22歩合の変化長等のキズはあるのがちょっと残念では、あるが。

この本で述べられている二上さん自身気に入っているもうひとつの短編(といっても17手詰みだが)が番外編の2番だ。

こちらは自力で挑戦あれ、

結構 骨のある問題かと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ビブリア古書堂の事件帖6 | トップ | スマホ詰めパラ ブックマー... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
魔法陣 (三輪 勝昭)
2015-01-11 09:37:28
多分、本の名前は違いますね。
魔方陣にしているから「詰将棋魔方陣」なんですが、何故魔法陣にしたのか?
故意だと思うけど僕ならストレートに魔方陣にしてますけど。
RE 三輪さん (バビル3世)
2015-01-11 09:57:09
あっ!
気がついていませんでした。
魔方陣で創っているので、そう思い込んでいました。(汗!)
図面も含め速攻訂正しました。
ありがとうございました。
三輪さん スマホ詰めパラ解くの早いですねえさすがに。
自作品では、多分勝てると思うのだが 新作を何気なく解いていて自分の作品に出合った時は、なかなかトップを取るには難しい、ときたま間違う(苦笑)
事前に採用されたかどうかわかるので構えていたらとれるでしょうけど。そんなのしたくないし(笑) 
普通 (三輪 勝昭)
2015-01-11 13:37:44
僕は解くのは詰キストの中では普通だと思います。
特に早いと言うほどじゃないです。
自作だと手数が長いのはトップになり易いでしょう。
手順を知っているから間違えないように操作しました。
自作でトップを狙っても意味ないですけど、簡単な問題だと自作でトップを取れないくらい猛者ばかりみたいですね。
まあ、僕はバビル3世さんは良い好敵手と思っていて、バビル3世さんに勝つ事だけ考えて解答しています(笑)。
レベルが高い作品は僕の方が優勢な気がしますが、僕は難しい作品はほとんど解いていない。
これだろうと言う手をドンドン入力しています。
RE 三輪さん (バビル3世)
2015-01-11 13:53:34
じゃ精進して、三輪さんのちょっと悩みそうな問題でも考えますかね(笑)
まあ だいたいの人がこんな感じかなという手の入力を続けているのかと思います。
触れず、さわらず 最後まで読み切ってから着手するという人は、少数派かもしれません。タイムランキングみてたらそうとしか考えられません。
まあこんな感じで気軽に楽しめるのがいいのかもしれません。いい手に出合ったときは、ブックマークに入れていき、またここで紹介という感じにしたいと思っています。
スマホ解答 (三輪 勝昭)
2015-01-11 19:39:14
きょうのスマホ詰パラの解答は試しに読み切ってから入力してみた。
すると、1勝4敗で完敗だ~
RE (バビル3世)
2015-01-11 20:45:10
そうでしたか。今回 捨てゴマのない短編ちょっと苦労しました。

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事