バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3手必死図の名作? 寄せの手筋200

2010-05-29 23:18:54 | 将棋

新たなカテゴリーを設けました。時々書き込みます。

今日のブログは、将棋に興味のない人は、ちんぷんかんぷんの内容だと思いますのでパスしたほうが無難です。

将棋を本格的に始めたわけではないのですが、まあ次の7月の県名人戦も仕事の予定をうまくクリアできれば出場しようかという気になりちょっとだけでも将棋の本を読むことにしました。

もっともamazonの将棋の本のレビューでは、結構な数があるので、この前のアマ竜王戦に久々に出場した際 バビル3世のamazonレビュー見ていますよと某強豪のOさんに声をかけられました。

最近の棋書で、金子タカシさんの寄せの手筋200という昔の名作を復刊増筆したのがありますが その中でも私自身 なかなか盲点にはいって解けなかった問題があります。ごく簡単な3手必死なんですけどね。なぜかこの簡単な3手必死がねえ

他の問題は、比較的スムーズに解けるのですがいい問題でした。

そのあと将棋倶楽部24に久々にログインして、3000点を超えている強豪の棋譜を数局保存しました。もっとも3000点を超えている人で、棋譜を残してくれている人は、H-Parisさんだけです。おそらくプロの人でしょうけど貴重ですね。他の数名は、棋譜を残さないという設定で、サーバーには残していませんから。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« coco壱番とポニーテール | トップ | はこBOON »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

必死って難しい:寄せの手筋200 (本読みの記録)
寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)作者: 金子 タカシ出版社/メーカー: 浅川書房発売日: 2010/04メディア: 単行本 私が本書を手に取った理由は2つ。 一つは天下一将棋会をプレイしてみて、短い時間の将棋で終盤の重要性を再認識したこと。 そして、もう一つ...