バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰パラ ブックマークその118

2018-12-02 16:38:27 | 将棋

1週間経つのは、早い 先週の土日名古屋に行ったがもう次の1週間が経つ。

この調子だと年末まで早いな。もっとも出張だらけになってる12月のスケジュール。

でも年末には、子供たちも集まるので楽しいが1年が早いのも考えものだ。

 

スマホ詰パラ 先週 好作がいくつか目についたのでとりあげます。

まずは、シナトラさんのこの作品

18枚の歩を使った豆腐図式 だがこの作品がすごいのは、途中図からの構想だ。

35のと金がなければ33と右寄、24王、25歩で簡単だがこのと金をどかす前にもう一人敵がいる46のと金だ。 これをまずどかす手順が秀逸

33と左、44王、45歩、同と引、43と左、54王、55歩、同と、53と左、64王、65歩、同と、63と という感じで最初のと金を65まで移動させて同じように

2枚目の玉方のと金を45まで動かして25歩打ちを実現する。しかも歩もぴったり数が足りてる。

評価も4を軽く超えている。久々にいいものを見ました。この作品は、おそらく 今後出る スマホ詰パラ好作選に載るだろう。

 

次にこの作品の序盤がすごい。

ここから数手進んだところが

いま△36桂と合いゴマをしたところだが36歩じゃダメなのかという疑問が生じるが調べてみると割り切れている。

36歩の合い駒だと26金、37王、36金、47王、46金、57王、69桂、66王、56金、76王、77歩、75王、67桂、74王、84と、64王、65金、53王、43香成、同王、44金、52王、53金、61王、62金まで同手数駒余りで割り切れている。

本局は、この局面から3枚の桂馬をパクパク食べるのだがこの桂馬をさらにきれいな収束に結び付けたらすごい名作になるがリヴァロさんでさえ難しいのだから相当難しいのだろう。ちょっと考えたが作意以上の収束にならなかったので載せられません。

 

ここから今週のフェスにいきます。

昨日の492回のフェスは、目についたのはNo.10のあたまかなさん作だが

普段のあたまかなさんのような難解なひねりなくさらっとした手筋作である。フェス用に創ったのでしょう。

初手31飛成(詰将棋ではない手)だと12王で、角、桂3ありながら頭の丸い駒ばかりで詰まない。当然だが

 

さて今日の493回のフェスだが全体的に手ごわくめちゃくちゃ簡単なのは皆無といった感じでいつものフェスじゃないそんな印象。

さすがにクリア時間をみてもクリアした人は、実力者ぞろいだ。

私は、お昼の12時10分くらいに除いたが旗が4本残っていたくらいだから

いくつか取り上げます。

まずは、この作品 作者は、詰将棋ハツタカさん

普段通りのフェスなら 34桂、12王、52竜、同金、23銀までのはずだ。

ところが今日のフェスは、第1問もそう簡単でなかったがこれも

52竜に22角と引く

おいおいいつものフェスじゃないとこの辺で今日のフェスの異変に気がつく(笑)

22桂成、同銀、34角、13王、22竜以下詰みだが 34角に同香の変化もちらっと考えたので時間を取られる。

こんなかんじが続く

つぎは、この作品 作者は、amakoさん

これは、私も以前ツイッターで豊島さんの終盤戦から創った図面とほぼ同じ手順だ。スマホ詰パラだから桂合の正解手を指してくれるからまだいいが

41香車は、風太郎さんに指摘されたもだが。 作者のかたも豊島さんからヒントをえたのか全く別のところから思いついたのか

興味深い。

そこでツイッターの図(風太郎さん指摘図)をもう2手長くしてみた。

 

次は、この作品

つぎはNo.6のv_v_u_uさんのこの作品

初手が手筋の一着だ。筋がいいのでフェスでなくてもいい感じ。2手逆算すれば

これくらいでもフェスで許してくれるかな。

最後は、一応自作を載せさせてもらいます。

個人的にこれは、やさしかったと自負してます。19手詰み

というわけで 493回のフェスは、ものすごく簡単なのがなくみんなそこそこ手ごわいので制限時間も320秒と長いのに時間内に解ける人が少なかったのがうなづける。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« スマホ詰パラ ブックマーク... | トップ | スマホ詰パラ ブックマーク... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
豊島さん終盤 (さわやか風太郎)
2018-12-04 23:20:37
3四金が打ってある初形では初手香打の紛れがない。
2九香に銀(角)以外の合駒では詰むので、この逃れは面白いと思います。
Unknown (詰将棋ハツカタ)
2018-12-05 21:50:18
バビル3世さんはじめまして
取り上げて頂きありがとうございます。
あの詰将棋は34の地点で桂馬角それぞれ違う駒で退路封鎖しようとするが取ると早く詰む為取れずの構想だったのですが角の移動合いの方がインパクトあったみたいですね。
RE 風太郎さん (バビル3世)
2018-12-06 17:31:04
出張先でばたばたしていて返事遅れました。
もともと41香の配置は、風太郎さんに指摘されたものですからね。
RE ハツカタさん (バビル3世)
2018-12-06 17:36:39
はじめまして
493回のフェスは、10問ともそこそこ芯がありまして
特別1題が難しくて時間がかかるシリーズより全員そこそこなのが理想ですね。
ハツカタさんの作品も22角と引かれて、みんなおやっ
いつもと違うぞと思ったはず(笑)
34角は、とっさに手が行くのですがあとから取る手も確認してしまいますね。
今後もご活躍期待しています。

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事