バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

趣味の詰将棋 池の端棋人著

2013-10-13 08:41:35 | 将棋

昨日まで、暑かったが今日はカラッとして秋晴れの日曜日です。

行楽には持って来いの一日ですが今日は予定がありません。クリーニングに出していた冬用の毛布ができていれば次男のいる大阪に出かけるつもりだったのですが

というわけでのんびりと図書館ですごそうかと思っています。

 

いままで大道詰将棋はあまり取り上げませんでしたが今日はちょっと取り上げてみます。

手元に趣味の詰将棋という青焼きコピーの冊子があったので見ていると香歩問題でも銀合問題、金合問題、角合問題、その他合問題、特殊形と分類されていました。

その中でも一応特殊形について2問程取り上げます。

まずは、下図 15手詰と長いのですが左上に固まっているのでそう難しくはありません。

この問題 ▲7一角成△同王▲7九香で詰と思ったらそれは間違い。△7四桂~△7三金合の連続中合いでうーんと唸ることになります。

詰みましたか?

それでは、似て非なる問題をもう一問紹介します。

こちらも同じように左上に固まっているので考えやすいといえば考えやすいですが

先の問題と同じように進めるとすぐに あれっこれじゃダメだと自動修正になると思います。

さっきの問題とは全く違う詰み筋で、連続、中合いがでてきます(あっさっきヒントを言っちゃったなあ)。最後までスカッときまる詰将棋です。

大道詰将棋は、まあ基本的に駒が余った場合もOKなようですがこれらはすっきり割り切れて詰みます。

今は、街角で大道詰将棋を見かけることは全くありませんが こういうのが街にあった時代は古き良き時代なのかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 無防備図式 | トップ | 趣味の詰将棋 その2  池の... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (三輪 勝昭)
2013-10-13 13:17:50
前の図は71角成、同玉、75香に73金合だと61歩成で詰んでしまいます。
74桂合、同香、73金合で不詰です。

後の図は大道詰将棋の基本型から綺麗な捌きの手順で好作ですね。
姉妹局みたいになっているのも良い。
RE (バビル3世)
2013-10-13 13:21:13
まことにその通りで、うっかりしました。
ご指摘ありがとうございました。
訂正いたしました。
Unknown (さわやか風太郎)
2013-10-13 15:02:34
2題とも解けたけれど分かりません。9筋の重なった駒の一番上の意味を一生懸命に考えてしまいました。
小駒の使い方が楽しい。
RE (バビル3世)
2013-10-13 15:28:39
風太郎さんするどい。お察しの通り
2問目の玉方9五銀は、余詰消しです。
(これがないと5手目に本手の▲8三桂だけでなく▲7二金からの余詰が発生しますね
この変化のときに▲8四桂を消しています。
つまり▲7二金△同金▲同香成▲7三金のときに9五に銀があると△8一王で逃れているがないと▲9三桂不成以下詰んでしまい、余詰めが発生します。)

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事