バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

望郷 岡田敏

2013-09-19 18:23:22 | 将棋

ここのところ 毎週 泊まりの出張があるのでバタバタします。

昨日は、夜遅く帰ってきたのですが同時くらいに 長女が仕事でキルギス、カザフスタン、ウズベキスタンの3カ国に行くため 成田から飛び立ちました。

この前のトルコのカッパドキアの事件があったので、たとえ16日間とはいえちょっと心配です。本人はいつものようにいたって関係ないようでスカイプで写真送るわといってました。

あとから ネットで、キルギスを検索してみたが、トルコほど安全でないように感じなので、やはりちょっと心配。

 

出張から帰った翌日の今日  ネットで入手した望郷 岡田敏作 が届きました。

実戦型詰将棋百番と書いてありました。

実戦型を詰ますのは、どちらかというと得意なほうです。あくまでどちらかというですよ。

この本を読んでいるとこの作品百番をマスターすれば実戦におけるあらゆる詰の形を覚えることになり棋力がグーンと向上することを保証します。

なんてことが書いてある。これはちょっと言いすぎかなと思い 数問早速 詰ましてみたがやはり実戦型は、はだに合う(笑)

実戦型といっても形からいって実際には実現しそうにないものもたくさんありますが実現しそうなものを2問程紹介ます。

特に難しいものではありませんのでチャレンジしてみてください。 9手詰と11手詰みです。

 

追加:岡田さんぼ望郷12番(上の図)を三輪さんが即興で、改作してくれましたので 参考までに図面を載せます。

12番は、2五とがちょっと実戦形にはと思ってましたが、三輪さんは、1三の桂馬のほうが気になるようです。

確かに改作は、桂馬を途中で入れる、そのために同馬の変化を消すための6一とを入れたわけですね。

こういうふうにすぐに思いつくのは、やはり詰将棋作家さんですね。

それを見て 私も三輪さんの作から逆方向にこの筋を使って変更してみました。9手詰です。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 毎日新聞の勝浦作詰将棋 | トップ | 奇想曲 柳田明著 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
22飛の形 (三輪 勝昭)
2013-09-19 21:56:55
第12番図は22飛にして32銀、同飛を入れたい形ですね。

持駒 金銀銀銀桂
玉方 11香、13歩、14銀、21玉、22飛、25馬
詰方 33龍、61と以上11手詰。

13桂は実戦だと不自然なので歩にしました(笑)。
RE (バビル3世)
2013-09-19 22:33:53
改作ありがとうございます。
よくまあ ぱっとできますねえ 感心します。
岡田氏に感謝しています (ゆうゆう)
2013-10-06 11:48:36
昔、私の作品を高く評価してくださったのです。
その作品は、「ゆうゆうのブログ」の「自作詰将棋と実戦譜」に掲載している「作品2」と「作品3」です。
一流の詰将棋作家である岡田氏に評価されたことは、私にとって一生の宝物です。
RE (バビル3世)
2013-10-06 12:45:04
岡田さんって隣県の奈良の方でしたよね。
今年 亡くなられましたのが残念ですね。
ゆうゆうさんの作品は、以前見せてもらってましたが とても難しくよく創れましたねと感心します。

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事