バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

ponanza 102番勝負 第46局 相居飛車 

2011-07-16 07:50:45 | 将棋

ponanza102番勝負の 46戦目です。 ponanzaの好きな形が少しずつわかってきました。 居飛車形では、早囲い、左美濃です。 それが本局にもあらわれています。

先手▲dさん(レーティング 2868) 後手△ponanza です。

(A) 相矢倉に進むかと思えばいきなり△4二王ですか?

(B) ちょっとした挑発。でも多分このあと好きな左美濃に入っていくはず

 

以下▲6九王△4四歩▲2六歩△4三金▲7七銀△3二銀▲1六歩△5三銀▲5八金△3一王▲7九角(次図)

 

(A) その通りになりましたね。でも左美濃は、飛車先の歩交換されるけどなあ

(B) それはしかたないけど、飛車に強い陣形でぱーっと一気に攻めるつもりでしょう。まあ誰がやってもそうはうまくいかないんですけど、ponanzaは、それができちゃう。

以下△5五歩▲同歩△4五歩▲6七金右△6四銀▲2五歩△5二飛(次図)

 

(A) 予想通りってとこですか?

(B) まあ これですぐにつぶれるわけではありませんがponanzaの攻め注目しておきましょう。

 

以下▲5七銀△5五銀▲5六歩△4四銀▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛△7四歩▲6八角△7三桂▲7五歩(次図)

 

 

(A)先手もおとなしくしていましたが、桂跳ねをみて、こっちからいきましたね

(B)ponanzaは、多分 この桂を餌に いい形をつくると思うんですがどっちの大局観がいいかの勝負になりそうな気がします。

以下△7五同歩▲7四歩△8五桂▲8八銀△7二飛▲8六歩△7四飛▲8五歩△同歩▲6五歩△3三角▲6六銀△5五歩▲3六桂(次図)

 

(A) その大局観の勝負ってのがこの局面ですか?

(B)そうです。先手は、桂得ですが歩切れで壁銀。

(A) 先手▲3六桂と打ってうまく行けば銀得になるかもしれませんけど

(B) 一時的に銀得になるかもしれませんが△7六桂の打ち返しもあるしどうでしょうね

(A) どっちがいいんでしょう?

(B) 難しい。わかりません 互角にちかいと思います。

以下△5六歩▲4四桂△同金▲9五角△5四桂▲7七銀引△7六歩▲6八銀△5五金▲8三銀(次図)

 

(A) 先手銀得になりましたが後手がぐいぐい迫ってきています、そんな感じですね

(B) 先手に歩があればいいんですけどね、銀得しているから贅沢な話はいてtられません。

(A) 最終手の▲8三銀はどうなんですか?

(B) 難しいところですが単に▲6二角成という手もあったかもしれません。場合によって銀が取り残されるかもしれませんし うまく行くときはこれが入玉を助ける手になる。これは、まさに勝負手です。 吉とでるか凶とでるか?

 

以下△7五飛▲8四角△6五飛▲7六金△6四飛▲7五角△6六金(次図)

(A) なんかそっぽになりそうな気もしてきました。

(B) △6六金もごっつい手ですね。飛車うちに強い陣形ですからね後手陣は。こっから一気に寄せきってしまいます。

 

以下▲6六同金△同桂▲6五歩△7八桂成▲同王△7六金▲7九桂△7五金▲6四歩△4四角打(次図) まで後手の勝ち

(A) うーん歩切れが痛いですねえ、打つ手ないか?

(B) 7六に金や銀は、△7六歩が痛すぎますし▲9八金と打てないですしねえ△6四歩と取られて次に△6六金で処置なしですし 投了やむえないですね。

 

というわけで、ponanza攻めきって、44勝2敗となりました。快進撃は続きます。

 

 

コメント