バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ponanza 102番勝負 第39局 急戦矢倉 

2011-07-09 07:34:55 | 将棋

ponanza の 39戦目の相手も前局同様 強豪 0さんです。前局で急転直下で形勢が悪くなり 納得のいかないoさんの雪辱戦です。

先手▲ponanza 後手△ oさん(レーティング 2935)です。

相矢倉の駒組から後手のoさんが△5三銀右と急戦をほのめかしたところです。

(A) 今回は、ponanza 早囲いに走らず正当ですね。

(B) 正当ってがどういう意味かわからないけど普通の駒組ですね。後手は、おそらく△5五歩からの5筋交換型(阿久津流でしょうかね)

以下▲2五歩△5五歩▲5七銀△5六歩▲同銀△5四銀▲6六銀△6四歩▲3五歩(次図)

(A) やはり後手は、中央から動きましたね。最後の▲3五歩は変わっていますね。

(B) 普通いったん▲5五歩と中央の位取りそうなところだから、意外といえばそんな感じですね。

以下△6五歩▲5五銀左△同銀▲同角△同角▲同銀△5六歩(次図)

(A) いきなり始まりましたね。

(B) 先手が▲5五歩打てば穏やかな展開だったと思うのですが激しい展開になりました。

(A) △5六歩と垂らした手にどうするか迷うところですね。

以下▲4六銀△2二角▲5五歩△6二飛▲8三角△5七歩成▲7四角成△5二金▲2四歩△同歩▲5七銀(次図)

(A) はやくも勝負どころですね。

(B) と金を払う前に▲2四歩と突き捨てた手 こういうタイミングがうまいんだ。さすがponanza先生ですよ。こういう 利かせたり 通すところは、きちんと通す これがなかなか簡単そうでたいへんなんです。

以下△5五角▲5三歩△同銀▲2四飛△2三歩▲5四歩△同銀▲5三銀(次図)

(A) いやー はげしいですねえ

(B) △5五角と飛び出ると5筋の歩が切れるので、先手の5筋の歩のたたきによる攻撃が始まります。

(A) それにしても 5筋の攻撃厳しいですね。

(B) 玉が馬の筋に入っているからいっそう厳しくなっていますね。

以下△6三銀打▲6二銀成△同金▲3四飛△9九角成▲7一飛△5一飛▲5四飛△5二香(次図)

(A) 先手の攻めが筋に入ってきていますね。 どこが悪かったのでしょうね

(B) 手順に▲5四飛と銀を取られたのは、痛かったですね。 △9九角成では、もう一手△5三銀と辛抱したほうがよかったかもしれませんねえ

(A) △5二香と最後の抵抗ですね

(B) ここからは、ponanza先生は、数手で決めます。

以下 ▲5三歩△5四銀▲5二歩成△同金▲5三香△6三銀打▲5二香成△同王▲5三歩(次図) まで先手勝

(A) いつもながら鮮やかですね。

(B) この将棋も短手数ながら面白い将棋でしたね。 あいかわらず利かせるところは、利かせるという手が目に付きました。

 

これで 37勝2敗と快進撃が続きます。 とても負けそうな気がしませねえ。

コメント