Step by Step

World News
海外ニュース(翻訳)

猫好きの人へ! 猫の秘密。  意外な事実が判明。

2012-01-15 | サイエンス
Mystery Solved: Why The Cat Craves Mushrooms (And People Do, Too)
ミステリー:何故猫はキノコを欲しがるの?(人も同じ)

by NANCY SHUTE

確かに、猫や犬の味覚には興味がありますね。しかしレセプター(受容器官)があっても、どう感じているのかは分からないので知りたいところですね。よ~く考えると人間同士でも甘さを他人がどのように実際(自分の感じと同じなのか)どのように感じているのか結局は解ってないですよね。 同じ人間だから自分と同じだと思い込んでるのはなぜだろう????  つきつめると哲学の世界に入りそうですね。
 


Why do cats have an affinity for mushrooms?  なぜ猫はマッシュルームが好きなの?
Anyone who lives with a cat knows that fruits and vegetables do not top the feline food chart. So it's a surprise to hear that some cats do crave mushrooms. This tale starts with Ellen Jacobson, an amateur mushroom hunter in Colorado. As she was cooking up a bolete mushroom, her cat Cashew started brushing against her legs. She put some of the mushrooms in a bowl, and Cashew gobbled them up. "He didn't like them raw," she told The Salt. "He only liked them cooked."
猫を飼っている人は誰でも果物や野菜が彼らの餌にならないということは知っています。 だから、マッシュルームを欲しがる猫がいると聞いて驚いた。 これはコロラド州のキノコ狩りを趣味にしているエレン・ヤコブソンの話ですが、彼女がマッシュルーム(イグチ科の)を料理していたら、彼女の猫(キャシュー)が彼女の足にすり寄ってきたのです。 彼女がマッシュルームを数切れボールに入れてやると、キャシューは全部飲み込むように、たいらげたのです。 「彼は生では食べませんでした。調理したものだけ食べたのです」と彼女は話した。

She was puzzled as to why a meat-loving cat would love fungi. But she soon found that other peoples' cats wanted mushrooms, too. That oddity is a clue to how the taste preferences of humans and animals evolved, based on the foods we need to survive. Mushrooms have a lot of glutamate, an amino acid that gives them their rich, savory flavor. Glutamate is one of the chemicals responsible for the umami flavor; it's one of the five flavors sensed by humans, along with salty, sweet, sour, and bitter. (Check out Robert Krulwich's engaging piece on the origins of umami here.)
彼女は肉食の猫がキノコ類をなぜ好むのか不思議でしたが、すぐに他のところの猫たちもマッシュルームを欲しがることを知りました。 この奇妙な現象は人や動物が生存するために必要な食物に基づいて、どのようにして味の選好を進化させてきたかを知る手掛かりになりました。 マッシュルームはグルタミンを多く含んでおり、そのアミノ酸が濃く、風味のある香味のもととなっています。 グルタミンは、いわゆる“うまみ”香味のもとです。 それは人間が感じる5つの味覚の一つで、しょっぱさ、甘さ、酸っぱさ、苦さ、そしてうまさがあります。(詳しくはロバート・クルリッチ氏の「うまみの元」で調べて下さい)

The notion that a cat might crave mushrooms isn't a big surprise to Gary Beauchamp, director of the Monell Chemical Senses Center in Philadelphia. For decades, he has been studying how different species sense flavor. Cats have been a big focus of his research. In 2005, Beauchamp and his colleagues proved that cats, tigers and other felines can't taste sweetness because they lack a functional gene for sweetness taste receptors. But they do have genes for the receptors that detect the umami flavor of wide array of amino acids in protein. So Cashew and any other mushroom-craving cats are really on a hunt for protein, not for fungi, he says.
猫がマッシュルームを欲しがるという発見は、ゲイリー・ビューチャム氏にとっては特段大きな驚きではありませんでした。彼はフィラデルフィアのモーネル・ケミカル・センス・センター(化学感知センター)のセンター長をしています。 猫は彼の研究の大きな対象でした。 2005年に、彼と彼の仲間は猫や虎などのネコ科の動物は甘いものを味わうことができないということを証明したのです、ネコ科の動物には、そもそも甘みを味わうレセプター(受容器官)が遺伝子的に欠落しているのです。 しかし、彼等にはアミノ酸からプロテインに含まれるアミノ酸の色々な「うまみ」の香味を感じるそれはあるのです。 だから、キャシューやその他の猫たちはマッシュルームを欲しがっているのではなく、実はプロテインを感じて欲しがっていたのです、と彼は説明する。

"One experiment nature made was to have certain species that eat nothing but meat," Beauchamp told The Salt. "How that shapes their sensory world can tell us something about how the sensory world of everyone, including humans, is constrained by biology." It's a good thing that cats don't crave sweets; they aren't physically able to digest carbohydrates. When Beauchamp's paper was published in 2005, he says, "We got a ton of mail saying, 'Yes, but my cat likes sweets.'" He thinks that those cats are responding to the fat or protein in cake and ice cream, not the sugar. And he thinks humans are probably deluding themselves if they think they can taste more flavors than animals.
「肉しか食べないある種類の動物たちの実験で、人間を含む動物たちがどのようにして、自分たちの嗅覚(センサー)を発達させ、それが生物学的な制約の中でなりたっていることが分ったのです。 猫たちにとって甘いものを欲しがらないのは良いことなのです。 なぜなかというと彼らは炭水化物を消化することが本来出来ないのです。 ビューチャム氏のこの研究成果が2005年に発表されると、自分のところの猫は甘いものを食べるという投書が山のように届いたと彼は話しました。 彼の考えは、これらの猫はケーキやアイスクリームのなかの脂肪やプロテインに反応しているのであって、決して甘さを求めているのではないということです。 そして人々は人間が他の動物よりも、より優れた味覚を味わえるという幻想を抱いているのだと彼は話しています。

Humans are omnivorous, and have a wide variety of flavor receptors, which help us identify the many foods that we can digest. Dogs have sweet receptors, too. But veterinarians say that neither dogs nor cats should eat mushrooms, and the North American Mycological Association warns that both dogs and cats are attracted by the odor of wild mushrooms, and can be poisoned as a result.
人類は雑食性の動物なので、非常に広範にわたる味覚のレセプター(受容器官)をもっており、それが多くの食べられる食物を判別するのに役立っています。 しかし犬も甘さを感じるレセプターを持っています。 しかし、獣医師の話では犬も猫もマッシュルームは食べるのですが、(ノース・アメリカン・マイコロジカル・アソシエーション)北アメリカ菌学協会はマッシュルームの匂いにつられて犬や猫が毒キノコにあたることを警告しています。

The Salt cottoned onto this story thanks to Jef Akst, who wrote about Ellen Jacobson and her mushroom-craving cats the current edition of The Scientist. She had found the story thanks to two researchers who had seen Jacobson's article in a mycological newsletter out in Colorado, and wrote about it in a scientific journal. So you never know where you're going to find a story that solves a mystery involving felines, fungi, and taste.
この「NPRのソルトのブログ」は最新刊の「ザ・サイエンティスト」の記事、ジェフ・アクスト氏のエレン・ヤコブソンとマッシュルームを食べる猫の話でこの事実を知ることが出来ました。 彼女はヤコブセンの記事をコロラドの菌学会のニュースレターで読んだ二人の研究者のお蔭で、そのことを知ることが出来たのです、そして科学雑誌にそのことを投稿したのです。 という訳で、私達はどこで不思議な問題を解決する糸口に遭遇するか分らないものです。 この猫と菌類(マッシュルーム)と味覚の関係もその一つです。

以下、寄せられたコメントも紹介します。
Mary Blowers (blowersm) wrote:
My dad has a funny story about this. Many years ago, he & his friends picked some wild mushrooms & cooked them up for a nice dinner. When they had eaten all they wanted, there were mushrooms left and they gave them to the cat. About an hour later the cat was writhing in pain! They rushed to the hospital and had their stomachs pumped. Upon their return, they were greeted by--kittens!!
私の父は、これに関して面白い体験をしています。 もう何年も前になりますが、彼と彼の友人がマッシュルームを採ってきて夕食の為に料理して、食べたあとで、残りを猫にあげたということです。 ところが食べた後1時間ほどして痛がりだしたので、すぐに病院に運んで胃を洗浄してもらったそうです。 ところがかえってみると生まれた子猫たちが迎えてくれたということです。
Recommend (34)

Chris Jacques (pherjadotcom) wrote:
The word is SAVORY. If you don't say AMAI, SHOPPAI, SUPPAI, NIGAI for sweet, salty, sour, bitter, then don't say UMAMI instead of SAVORY. Stop trying to be hip.
Also, people have always used mushrooms in place of meat because of the similar savoriness, this was kind of obvious.
その言葉は風味(セーバリィ)といいます。 アマイ、ショッパイ、スッパイ、ニガイと言うのであればウマミという語を使っていいのですが、スイート、ソルティ、サワー、ビターと言うならばセーバリィと言うべきでしょう。 流行に迎合する表現はやめてください。 また、人々は元来、そのうまみが似ているので、マッシュルームを肉の代用として使ってきたのですから、この記事の内容は当然の内容です。

Recommend (27)

Dusty Dionne (DustyDionne) wrote:
"She was puzzled as to why a meat-loving cat would love this particular vegetable"
It's not a vegetable   マッシュルームはベジタブルではありませんよ。
Recommend (24)

Rebecca Rudman (brud) wrote:
One of our Dalmatians has been foraging for mushrooms on our property for years. She only eats one type -- I have seen her searching, and if the mushroom she finds is the wrong kind she passes it by and keeps looking. She has taught our other two dogs to forage for these same mushrooms, but they are not nearly as passionate about it as she is. I used to worry about her accidentally poisoning herself, but her sense of smell seems to keep her safe. She is probably more adept at recognizing different mushroom species by their scent than I will ever be just by looking at them! I have noticed the squirrels in our yard gathering the same type of mushroom, so there must be something especially attractive about this one species.
私達がかっているダルメニアンの一頭が、我が家の庭のキノコを漁ってきます。 彼女が食べるのはいつも同じ種類のキノコです。 彼女が餌(キノコ)を探し回っているのを見たことがありますが、他のキノコには全く関心を示しません。 彼女は仲間の他の2頭の犬にも同じキノコを探すように教えていましたが、どうも彼女ほどには興味が無いようです。 彼女は特別に匂いか何かで、この種類のキノコだけを嗅ぎ分けるのが得意なのでしょう。 私は、リスが同じように、同じ種類のキノコだけを集めるのを知っています。 ということはこの種のキノコが独特の誘因を持っているということになりますね。
Recommend (17)
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アメリカの情報組織が大きく... | トップ | 地球温暖化なのに今年の大雪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サイエンス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事