こば吉貿易業務日誌

日々のどーでも良いネタから大切なものまで。まったりとな。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨の休日・旅の支度

2006-05-28 | etc
土日は天気がパッとせず、ハーレーに火は入らず。
来週末からの旅の支度を。新たに揃える必要があったのは海外で使える電源プラグ変換器のみ。先日購入したデジカメは何も考えていなかったが、120-240V対応であった。よしよしと。

画像は、先日ネットでぽちっと購入した漫画「へうげもの/山田芳裕
内容は下克上の戦国時代。立身出世を目指しながら茶の湯と物欲に魂を奪われた男「織田信長の家臣・古田左介」の物語。名作「大正野郎」以降の動向を全くチェックしていなかったが、ぼちぼち描いていたんですな。この人。よかったよかった。漫画はほとんど読まないし買わないのだが、たま~にツボにハマると即買い。しかし、家にあると邪魔なんだよな。忍者武芸帳全巻もやや持て余し気味なのだ。
コメント (4)

バイクでカフェ「用賀倶楽部」

2006-05-21 | CAFE
今日は素晴らしく晴れた。
用賀に出来たかっちょええカフェで友人一家とゆったりランチ。
バイクを店の前に置けたので安心。


君が大人になる頃はこのバイクもビンテージだ
ハーレー最後の空冷キャブ・エンジン?


ガレージに戻って一息ついてから根岸台にある「旧根岸競馬場」に行ってみた。
が、バイクを置いて少し歩かなければならないことがわかり、まわりを走ったのみ。米軍の施設もあってちょっとした異空間だ。この辺の住宅地はかなり静かなので(静寂に近い)、初めて自分のバイクの音をちゃんと聴けた気がする。自宅からはちょっと遠いけど今度写真を撮りにチャリで出直そうかな。


今日はバイク日和。続々と倉庫にバイクが集結


バイクの前輪下に映っているのは線路。その昔、赤レンガ倉庫へ続いていたものだ。ここは既に再開発の計画がある。すごく横浜らしい場所、と思っていただけに惜しい。どうしてこれを残しておこうと思わないのかな。

本日の走行距離:60km
コメント (2)

「みらいちゃん」に未来を

2006-05-20 | etc
どらさんのお知り合いの生まれたばかりの女の子が全結腸型ヒルシュスプルング病という難病の為、海外での移植が必要です。その為に、125,000,000円(1億2,500万円)という大金が必要です。 
どんな小さなことでもいいので、協力して彼女を救ってあげて下さい。
詳細は以下

http://homepage2.nifty.com/miraichan/

http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/060516_4.htm

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060516-00000009-cnc-l23
コメント (2)

バイクでカフェ「CAFE COSTARICA」

2006-05-14 | CAFE
バイクでカフェシリーズ、早くも第二回目だす。(笑)
今日は曇天。「雨、、、降らんでくれ~」ということで午後からハーレーに火を入れる。デジカメを新調したので、根岸競馬場跡を激写しようか?とも思ったが、もっと遠くへ!ということで思い切って「横浜横須賀道路」にのる。

カーブのトンネルがあったりと慎重に時速80Kmをキープしつつ逗子インターで降りる。R134を走っていると海が見えてきた。「おしゃれな海岸線やねー」と思っていると良い感じのカフェがあったので迷わずガレージへ。



テラスが広くて気持ちよかったス



時間が中途半端だったので、客はわし一人。マスターも感じの良い人でした。海を見ながら、しばしの間「余裕ブチかまし」。



サイフォンが出てきた。たっぷり2杯分はあります。


コーヒーは、ずばり「コスタリカ」を注文。上品な酸味であった。実は酸味のあるコーヒーが苦手なのだが、これはOK。港にシーカヤックが帰ってくるのを「ぼー」と眺める。天気は幸いにもなんとか持ちこたえてくれた。帰りも高速を利用。今日は革ジャン着てても肌寒い一日であった。やっぱりウインドシールド欲しいなぁ。

本日の走行距離:95Km
コメント (4)

カフェ番外編

2006-05-08 | CAFE
移動式のカフェで一番憧れているスタイルがコレ。
VWバスのカフェ。みなとみらい某所で出店していたので思わずオーダー。できれば自分でこんなバスを仕立てて好きな場所で車を停めて「余裕ブチかましのコーヒーを淹れる」なんちゅーことが出来たらなぁ!と思うわけである。
最近はなんちゃってバスも多いけれど、やっぱり本物は、、、イイ!



アーリーバスもかわいいけれど、レイトもいいね
このバスは70年代後半の年式とのことでした

コメント (4)