とこやさんの水草育成奮闘記

水草育成の日記&釣りの釣果報告

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

拡散器(バブルカウントディフューザー)の掃除

2008年08月30日 | Weblog
CO2の拡散器にコケが付着し、泡の出が粗くなってきたので掃除をしました。


CO2の拡散器にはバブルカウンター付きの

「AIネット バブルカウントディフューザーS」を

使用しています。


漂白剤を使ってコケを除去するのは、

はじめは、かなり怖い気がします。

エビは弱いので少しでも残っているとになるらしいし・・・。

しっかり洗い流せれば問題ないんだけど、

構造的に難しい。

しかも調べても詳しい洗い方は載ってないしね。

そこで自分の方法を書きますが、100%の保障はないので

真似る場合は自己責任でお願いします。


1、中の水をエアーポンプとエアーチューブを使って抜く。

2、立てた状態で上の皿部分を漂白剤で満タンにする。
  中に流れて減るのでもう一度足す。

3、コケが消えるまでくりかえす。
  コケの付き具合で放置時間は変える。

4、ここからが大変!
  まず、エアーチューブに水を入れ、バブルカウントディフューザーに
  エアーポンプで水を入れる。何回か振って、今度は、逆さまにして
  水をエアーポンプで出す。それを繰り返し、水をエアーポンプで出す時に
  泡が出なくなるまでする。

5、水を空の状態で天日で干す。

6、ここで使用しても良いみたいだけど、怖いので
  もう一度洗って乾かす。

7、意味があるのか分からないけど、
  仕上げにテトラ コントラコロラインで1から4をして終了。

今までこの方法でエビは一度もになっていません。 

『魚』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ガラス面に伸びたショートヘ... | トップ | ガラス面に伸びたショートヘ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事