咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

”Loveぜよ”・・・「西郷どん」

2018-02-13 21:20:35 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 11日(日)放送の第6回「謎の漂流者」。
 ジョン万次郎(劇団ひとり)が謎の人物として登場。
 西郷吉之助(鈴木亮平)との奇妙なかかわりが原作者、脚本家の手を通してユニークに描かれていた。
 どこまでが、真実でどこからが虚構なのか。
 そのようなことよりも、単純にこの大河ドラマの面白さに魅かれ思わず見入ってしまう。
 脚本家中園ミホ氏の豊かな表現力の賜物かも知れない。

 それに引き換え、毎朝欠かさず見ている朝ドラ「わろてんか」は、マンネリ化しておりいささか食傷気味になっている。
 特に専務の風太(濱田岳)が、ワンパターンで怒り出す、我を通そうと・・・。
 脚本が悪いのかも知れない。
 吉本興業創始者の話、もっと柔らかく、タイトルを前面に機知の富んだ描き方もあると思うけど。
 
 さて、島津斉彬(渡辺謙)の肝いりで、ジョン万次郎(劇団ひとり)を西郷家に預かって、その心を開かせるよう仕向けられていた。
 母親・満佐(松坂慶子)をはじめ、家族一同の努力もあって吉之助(鈴木亮平)や家族の皆に心を開いてきた。
 そして、友人の大久保正助(瑛太)や仲間たちとも心を通わせた。

 これを機に城に上がったジョン万次郎(劇団ひとり)。
 先見の明がある斉彬(渡辺謙)は、彼から多くの洋式の情報を学び、軍艦造船の一助となる。

 ところで、西洋人の生活様式や生き様などを語るジョン万次郎(劇団ひとり)が、発した”Loveぜよ”のフレーズ。
 これがネット上を駆け巡り、かなりの評判になっているとか。
 思いもよらないことから、「西郷どん」が注目されているらしい。

 そして、次回作では、吉之助(鈴木亮平)や家族にとっては、一大事が勃発するようで、悲しい話にもなるようだ。
 益々、目が離せなくなってくる。(咲・夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

[追 記]~競馬の話
 降雪のため代替競馬となった小倉競馬。
 メインレースは、昨日のブログの通り投票したいと思っている。
 第8レース・4歳以上500万下、芝のレースに替わる16番ミトノグラスの好走が見られないであろうか。
 是非にも。

[追 記2]~競馬の話~
 やりました。
 小倉8レース:16番ミトノグラスが1着入線。
 高配の馬連をゲット。



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 第53回クイーンカップ検討 | トップ | 4日間競馬・・・終了 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (satochin)
2018-02-13 09:00:04
おはようございます!
ダブポチ行脚中です。

小倉は情報が少なくて回避(^○^)
次週GⅠを目指します。

眼の調子がイマイチでTVも回避・・・
昨日の沙羅ちゃんのジャンプくらいかな(^_^.)
100点満点でもオリンピックでは金メダルが
取れないのですね。
2本ともいいジャンプだっただけに・・・
悔しいでしょう

お馬さん・・・
的中も振り込みが無いと実感薄ですね
でも暫く楽しめそうです
美味しいものを (咲とその夫)
2018-02-13 10:52:56
 なるほど。
 明日は美味しいものでも、お召し上がりください。
 きっと、楽しいと思いますよ。
 
 小倉競馬は、東日本ではなじみもないでしょうから。
 こちらからすると、福島競馬のような感覚でしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レビュー」カテゴリの最新記事