咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

やはり、強かった・・・クリソベリル

2019-12-02 21:39:50 | スポーツ

[ポチッとお願いします]

 午後2時半頃、Oさんたちに誘われていつものコースへ。
 G1レースの「チャンピオンズカップ」の軸馬・5番クリソベリルが気になっていた。
 6人で4ラウンドを回って夕方に帰宅。
 難しい丘状のホールポストにウマく1打で入って・・・ホールインワン。
 うん、これは競馬も好結果かも。

 帰宅後、結果を見ると狙い通りの好結果だった。
 いろいろと用事も、夕食も終えてレーシングビュアーでレース状況をチェック。
 スタートを決めたクリソベリルは、3、4番手の絶好位からの競馬。
 先手主張はG1馬・4番インティ、鞍上の武豊騎手が絶妙のマイペースで後続を引き連れて流れている。
 1番人気の11番ゴールドドリームは、早めの競馬で外の4、5番手から追走。
 
 もっとも、見ごたえのあったシーンは、最後の直線の攻防だった。
 残り200を切るとインで渋太く逃げ脚を伸ばすインティ、外からゴールドドリームが追い出して先頭へ並びかける脚いろ・・・。
 2頭の真ん中で鞍上が懸命に押しているクリソベリル。
 すると、クリソベリルが残り100を切ったあたりで中からグイーッとアタマを出して先頭へ躍り出た。

 結果は分かっているが、思わず声が出てしまうほどの見ごたえタップリのシーン。
 インティがやや遅れてしまった。
 盛り返すゴールドドリーム、ゴールへ突っ込もうとするクリソベリル。
 ナイス、ナイス。
 クリソベリルが強豪のゴールドドリームをクビ差抑えてゴールイン。
 3着には渋太く粘り込んだインティ。
 5番人気の3番チュウワウィザードは、好位からの競馬で結果的に0秒3差4着だった。

 ライブ映像で見ていたなら、相当にテンションが上がっていたことであろう。
 馬券の方は、ブログ予想の通り馬単と3連単が的中。
 さらに4番インティの逃げ粘りが気になって、5番クリソベリルとの2頭軸3連複流しも投票し・・・的中していた。
 Good・・な、日曜日だった。(夫)

[追  記]~レース後のコメント~
1着 クリソベリル(川田将雅騎手)
 「同世代では抜けた力があることはわかっていましたが、一線級と走るのが初めての中、どうかなという思いもありました。着差は僅かでも、勝ち切ってくれて何よりです。枠の並びも良く、インティが行ってくれて、良い位置が望む形で取れました。インティが止まることはありませんから、インティが道を作ってくれる中、この馬も少しずつ加速させて行きました。まだ体も大きくなっている最中で、その過程の中ここまで手が届いたのですから、改めてポテンシャルがあると思いました。人気に応える形で、馬も頑張ってくれました。JDDに続きJRAでもGIを取ってくれて今後期待も大きくなる中、その瞬間を一緒に過ごせて行けたらと思います」

2着 ゴールドドリーム(C.ルメール騎手)
 「良い位置ですごく良い競馬ができました。残念ながら勝ち馬が強かったです。直線に向いても良い反応をして伸びてくれました。一生懸命頑張りました。前走よりもコンディションが良くて勝つ自信はありましたが、残念でした」

3着 インティ(武豊騎手)
 「良い形でレースができました。何とか折り合いもつけられて、馬も我慢してくれました。直線で突き放そうとしたのですが、後ろも強い馬ですから、すぐに詰められてしまいました」

(野中賢二調教師)
  「この馬場でこの時計は結構速いです。普通だったら勝てるくらいですが、かなりレベルが高いです。馬が近くにいる分引っ掛かっているわけではありませんが、ハミをかんでいました。そこが抜けるようになると良いですね。脚は使っていますが、その分が出ました」

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他





下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント   この記事についてブログを書く
« 第20回チャンピオンズカッ... | トップ | 映画「ヘラクレス」(2014) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ」カテゴリの最新記事