咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

見なくなった・・・朝ドラ

2018-06-13 21:00:00 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 毎朝放送の連続テレビ小説「半分、青い。」、視聴率はどうなのであろう。
 一時は熱心に見ていたが、この半月以上ほとんど見なくなった。
 何だか、よく分からないが、魅了されなくなった。
 見ていて、感動するとか、納得できるとか、共感できないシーンが多くて。
 
 主人公・鈴愛(永野芽郁)が確か左耳だったか、不自由だったと思うけど。
 最近は、賑やかな喫茶店でも自由に聞こえるような雰囲気。
 もっと、違う描き方があると思うけど。
 
 また、あまりにも無鉄砲で考えなしの行動、さらに賑やかすぎていい時と悪い時の落差が大きすぎる。
 ここのところ、身近なところでの恋愛問題も描かれており、分かりづらく理解しがたい部分もある。
 
 すべては主人公・鈴愛が、漫画を描く題材となる人生経験、漫画を描くための伏線にするためなのか。
 ドラマもはじまって2ヶ月半だから、これから3ヶ月半も残されている。
 東京編は、秋風(豊川悦司)事務所とアパート、喫茶おもかげなどが主な舞台として描かれている。
 実に狭い空間での物語の展開。 
 そのためか、やや圧迫感があるように思える。

 また、不可思議なシーンでは、律(佐藤健)が高校時代に一目ぼれの伊藤清(古畑星夏)と出会って、初めてのデートが“喫茶おもかげ”だった。
 
 そこには秋風や鈴愛などが出入りしている。
 そのようなところへ、初デートで行くこと自体・・・不可思議な行動と思って見ていた。

 いずれにしても、モデルのいない朝ドラでは、半年間も間が持たないように思える。
 すっかり、飽きてしまった。(咲・夫)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャノン複合プリンターが・・・ | トップ | チコちゃんに叱られる »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (satochin)
2018-06-13 15:48:18
こんにちは!
ダブポチ行脚中です。

視聴率は良いみたいですよ。
脚本家がラブストリー専門の人みたいで
恋愛色の強い朝ドラになっいますが
朝ドラ的にはコテコテの恋愛物はアウトなので
だんだん適当になるのでしょうね。

ひよっこみたいに後半が面白いかもですね。

あの織田信長役をした豊川さん・・・
ギャップがあって面白いなぁ~

ユニコーン・・・
ハーベストムーンが外枠に入ったら
馬単で1000円単位で流します。
今年の勝負レースと思っています。
そうですか (咲とその夫)
2018-06-13 17:48:45
 そうですか、恋愛ものが得意ですか。
 それなら分かりますが・・・。
 朝ドラでは・・・?
 
 後半戦がありますから、どうなるのでしょうね。
 
 おっ、勝負師ですね。
 決めてください。
 ビシッと。
私は見てしまっています。 (長野のりんご)
2018-06-14 12:40:20
こんにちは。いつも1日遅れの投稿になってしまいます。私は見てしまっているのです。家族は同じような場所でバタバタわーわーしているだけで面白くないと言っておりますが。。
確かに、おっしゃる通りと思います。障害の話などどっかに行っちゃってしまっていますから。でも片方だけだから、それほど支障はないかと。
若い方には会う内容かもしれません。私なんか、この胸キュンの幼馴染でもあって初恋がどうなるのかに興味があって見ています。一度別な人と結婚して離婚してまた律と出会うということはわかっていますが。レディースコミックのような内容ですが、何かを成し遂げる女性の話ではないので、物足りなくなるのかもしれませんね。
なるほど、なるほど (咲とその夫)
2018-06-14 18:33:20
 胸キュンの恋物語。
 なるほど、なるほど、若い人たちには大うけでしょうね。
 リタイヤ組のオジサンには、面倒になる話なのかも知れません。(笑)
 遠い、昔の話ですね。

 一昨日のトランプ劇場、今後の動向はどうなのでしょうかね。
 先日のブログの通り、金持ちのおじいちゃんに孫がおねだりに来るとの下り。
 当たっているなと思いつつ読ませていただきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レビュー」カテゴリの最新記事