咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

今週の追っかけ馬(12月25日・26日)

2010-12-24 22:33:00 | スポーツ
 にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村

 昨日は、「最後の忠臣蔵」を観て久方ぶりに涙・涙の感動もの・・・・多くの日本人の方々に観てもらいたいと強く思った。

 その映画が始まる前の時間つぶしに映画館が入っているテナントの書店に行き、またまた、池波正太郎時代小説を購入。

 我が家に帰り、3冊の上・中・下と思って購入した本、上・下・下を買っていた。実は、この本は「上・下」巻であったが、本棚に「上・下・下」と3冊が並んでおり、てっきり「上・中・下」と思い込んだ。

 レジには、裏返しで渡したのでそのままバーコードカウントされ、さらにカバーはいらないと言ったので店員も気づかないまま袋に入れたものである・・・・・大失敗、相変わらずの慌て者。


 ところで、競馬の方も残すところ2日間、最終日はいよいよ有馬記念、狙い馬はいい枠に入ったみたい。

[土曜日の追っかけ馬]
阪神12R ミルフィアタッチが出走予定。
 前走の昇級戦は、よく頑張ったと思う内容。中団から終始追走し1着馬とは0秒3差4着とそれほど負けていない。

 今回は、あの国分優作騎手が鞍上に、弟の恭介騎手も騎乗して福島で2着の実績もあり、兄優作としては、それ以上の戦績を上げたいところだろう。

 阪神の同コースで未勝利時に1着の実績もあり、テン乗りであるが先週から調子も上がっており・・・・期待


[日曜日の追っかけ馬]
中山11R ③フォゲッタブル、⑦ブエナビスタ、⑧メイショウベルーガの4頭が出走予定。
 フォゲッタブルの今週の最終調教は、栗東坂路で4F55秒1、ラスト1F12秒7の軽めの調整とのことで、サンスポ評価C。しかし、16日に4F51秒5の1番時計を叩きだしているらしい。

 コーナーを6回わるトリッキーな中山コース。

 いい枠に入った同馬を岩田康誠騎手が内枠を利して、折り合いながらコーナーを回って来るものと・・・・内枠に切れ込むことが得意な岩田騎手なら、マイルCSのように。


 ローズキングダムとブエナビスタもお互いにいい枠に入っており、双方の動きを見ながらのレースとなるのでは・・・・・・ローズ出走取消しに残念。

 最終調教、サンスポ“S評価”・・・・・ブエナビスタのみ

 ブエナビスタの最大のライバルが抜けて、張り合いがなくなったのでは・・・・・年度代表馬確定か。
 
 メイショウベルーガは、あのオグリキャップを思い起こさせるような芦毛の1頭。牝馬ながら最後の決め手である一瞬の脚が、うまく炸裂すれば・・・・ひょっとして。

 今回の中山競馬は、「オグリキャップメモリアル」レースと名うって、さまざまなイベントが行われており、ここで、芦毛のメイショウベルーガが勝利すれば面白いと言っている競馬評論家氏も。

 いずれにしても、この追っかけ馬のボックス馬券もちょこっと買おう・・・・この1年間のお礼に。


小倉11R トリオンファーレが出走予定。
 夏のクラス替えで1000万下に降級して5戦目、前走も0秒2差、3走前0秒1差の惜しいレースが続いている。

 今回は、2年目の若手ホープの丸山元気騎手の騎乗、同騎手も見習騎手卒業も目前の通算99勝。

 ここらあたりで、決めるか、リーチをかけるか・・・・楽しみである。

 土曜日11鞍、日曜日10鞍騎乗なので、既に達成しているかもしれない。(夫)


 参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



「阪神競馬場」

コメント   この記事についてブログを書く
« 有馬記念・・・・あと3日 | トップ | 最後の忠臣蔵・・・涙止まず »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ」カテゴリの最新記事