咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

NHKマイルC・・・・回顧

2010-05-10 20:16:36 | スポーツ
 絶好の競馬場日和に恵まれた東京競馬場、プレゼンターにNHK朝の連続ドラマ“ゲゲゲの女房”に出演している松下奈緒さんを迎え、15時40分、NHK交響楽団の生演奏(ファンファーレ)によりレースがスタートした。

 大方の予想通り、大外から⑰エイシンダッグマンがスーッと先団から先頭へ、2番手には内側から②コスモセンサー、2番人気の④サンライズプリンスも早めに先団へ。中ほどから⑫キングレオポルド、紅一点の⑤サウンドバリアーなどが追走。

 3番人気の③リルダヴァル、内枠の①ダイワバーバリアン、⑪エイシンアポロンなどは中団を追走、スタートよく出た外枠の⑮ガルボは位置を下げて後方から、さらに1番人気の⑬ダノンシャンティは掛かることを恐れてしまいから3頭目の後方待機と安藤勝己騎手も腹をくくったとの・・・・レース運び。

 エーシンダッグマンが2馬身のリードで引っ張り、前半600m通過は33.4秒、800m通過は44.8秒のハイペース。2番手にサンライズプリンス、コスモセンサーが並び、差がなく追走。その後ろの集団は3~4コーナーで徐々に前との差を詰めて、ほぼ固まった状態で最後の直線に入っていった。

 逃げたエーシンダッグマンをサンライズプリンスが残り300mで捕らえて早くも先頭。しかし、2馬身後ろからダイワバーバリアンが懸命に追い、その外からはリルダヴァル。さらに外からはダノンシャンティが迫った。残り100mからのダノンシャンティの末脚が強烈。内でいっぱいになったサンライズプリンスをダイワバーバリアンが交わすも、それを上回る決め手で一閃。ゴール手前で鮮やかに差し切った。3着はリルダヴァル。

 日本レコードとなる1分31秒4の勝ち時計も衝撃的なNHKマイルCであった
                (出典:JRA-VAN NEXT レース回顧録一部抜粋)


 いっやー、ダノンシャンティの強烈な追い込み、安藤騎手の肝の据わったレース運びお見事としか言いようがないレース。

 表彰式でプレゼンターの“ゲゲゲの女房”の松下奈緒さんから、とてもうれしそうに花束を受け取っている安藤勝己騎手。
 少し、テレながらも本当に最良の1日ではなかったでしょうか・・・・・良かったよかった。

 これで今年のダービー、俄然面白くなってきた・・・・・と多くの競馬ファンが思ったことだろう。

 当方、馬券の方は、2番手推奨のガルボ絡みの3レンタンなど多彩に購入。ただ、イチオシのダノンシャンティからのウマタンを・・・・・押さえ。
 トントン・・・・・やむを得ない。

 スタートが一番良かった追っかけ馬のガルボ、直線に向くと坂の手前あたりから、苦しそうな感じ・・・・・・テンのスピードとハイペースに追走できなかったか。
 まだまだ・・・だね。(夫)



(ゲゲゲの女房)「出典:NHK公式HP」

コメント   この記事についてブログを書く
« 龍馬伝・・・・土佐勤王党 | トップ | いい雨が・・・・・降って »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ」カテゴリの最新記事