咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

異色時代劇『大富豪同心』

2019-05-14 22:13:11 | レビュー
 
[ポチッとお願いします]

 10日午後8時からはじまったNHKBSプレミアムの時代劇『大富豪同心』、これまで見たことのないユニークな時代劇だった。
 主役の見習い同心・八巻卯之吉(中村隼人)は、江戸随一の札差・両替商の三国屋徳右衛門(竜雷太)の孫である。
 つまり、商家の孫だから侍ではない。
 
 ところが、徳右衛門が金に物を言わせて、老中と南町奉行所内与力・沢田彦太郎(小沢仁志)を取り込み、放蕩三昧の孫・卯之吉を南町奉行所の同心へねじ込んでしまった。
 従って、武士でもないから剣術はサッパリ、暗闇が苦手、走ることが遅いとのキャラクター設定とか。
 
 ところが、もっとも面白い設定は、この卯之吉が最も怖いのは祖父の徳右衛門である。
 そのほかは老中でも、奉行所の上司・先輩でも、江戸市中の裏家業の侠客でも、全く怖くない、恐れをなさない設定。
 
 太鼓持ちから岡っ引きになった銀八(石井正則)、侠客・荒海ノ三右衛門(渡辺いっけい)などが、見習い同心の卯之吉にすっかり魅了される。
 難事件解決に卯之吉の手足となる活躍をするから傑作である。
 
 深川一の芸者・菊野(稲森いずみ)も卯之吉にほれ込んでいるとか。
 また、同心としての卯之吉の軍師のような役割を見せるらしい。
 
 凄腕の剣の達人で浪人・水谷弥五郎(村田雄浩)は、三国屋徳右衛門が雇い上げており、密かに卯之吉を守る役どころ・・・。
 ところが、男色の気がある浪人で売れない女形役者・由利之丞(柳下大)にぞっこんとの設定。
 
 卯之助を取り巻くメンバーが面白く、愛嬌のある面々でもある。
 エンディングの出演者による奇妙な踊り、ダンスも時代劇らしからぬ面白さがある。
 まさに異色の時代劇であるから、視点を変えてみて行くと面白さが徐々に伝わってくる。
 何といっても、歌舞伎界のホープ・中村隼人さんのはんなり同心ぶりがとても爽やかでいい。

 また、配下の岡っ引き・銀八を演じている石井正則さんが、とてもいい感じである。
 陰に日向に卯之吉を手助けする。
 その献身さを飄々と演じているから素敵である。
 
 いずれにしても、一癖も二癖もある脇を固める役者陣、それをウマく取り込みながら卯之吉を演じている中村隼人さん、このドラマでさらに人気が上がるであろう。
 10回シリーズである。
 今後の展開が楽しみ・・・である。(夫)

(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます
 
 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 凄い、D.レーン騎手・・・ | トップ | 土曜ドラマ「デジタル・タト... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (satochin)
2019-05-14 07:57:43
おはようございます!
ダブポチ行脚中です!

昨日は・・・
ホームコースの整備日でしたが、
お隣のGゴルフコースでは大会が
開かれていました。

暫し見学をしていましたが・・・
難しそうですよね(^_^.)
それでもお天気も良くて大賑わいでしたよ。

今週はオークスですね。
ちょっとトライしてみようかと思っています。

今日は麻雀大会に行ってきますね。
麻雀大会 (咲とその夫)
2019-05-14 08:15:55
 ホームコース整備お疲れ様でした。
 G・ゴルフ大会が行われていたのですね。
 これもおもしろいですよ。

 麻雀大会とか。
 それは、是非にも頑張ってください。
 優勝、上位入賞へ・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レビュー」カテゴリの最新記事