咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

NHKBS時代劇「小吉の女房」

2019-01-10 22:29:00 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨日も、荒天予報も少しはあったが、真逆の天気に恵まれG・ゴルフ同好会の月例大会が無事開催できた。
 10月以降、毎月悪天候が予想される中、プレーがスタートすると雨も上がり日差しが出るなど不思議なくらいウマくいっている同大会・・・。
 新たな年がはじまり、そのジンクスはそのまま生かされていた。
 主催者にとっては、雨天や降雪のないことがもっとも望ましいことであり、嬉しい限りである。
 余ほどの『晴れ男』が居るのであろう。(笑)
 
 この日は38人が参加し、賑やかに大会が開催された。
 休憩には、豚汁や炊き込みのおにぎりを振る舞ってくれる仲間も居るなど、同好会のメンバーの献身的な支えに恵まれた大会でもある。
 参加者はオープンなので、同好会以外からも多くの参加者があり、毎回盛り上がっている。
 新たな年の初打ち大会でもあり、地元同好会から賞品の寄贈も戴いた大会となった。
 昼前に多くの準備品を車に積み込み出発し、無事大会も終了しT会長も胸を撫でおろされていた。


 
 さて、時代劇の話。
 江戸城無血開城の一方の立役者ともなった勝海舟、その父・勝小吉の破天荒さは群を抜きながらも、人情味の厚い漢の中の漢と思われる。
 子母澤寛原作「父子鷹」は、かなり昔から多くの俳優たちが演じた面白いドラマや映画だった。
 
 ところが、今回はその小吉の女房で、勝海舟の母親でもある『お信(のぶ)』が主人公のドラマらしい。
 破天荒で無鉄砲、もめ事を起こす無頼漢のような夫・小吉をいとおしく思いながらも、どうやらその小吉を手の中で転がすように操縦する女房・お信として描かれるのだろうか。
 
 貧乏・旗本の勝家を明るく、楽天的に切り盛りするお信を沢口靖子さんが好演するらしい。
 一方、破天荒な小吉には古田新太さんが、怪演するのだろうか、いやいや男気一本で人情に熱く、男も惚れる好演なのかも知れない。
 この二人の丁々発止のやり取りが小気味よく描かれるのであろうか。
 
 将来の勝海舟となる麟太郎を後半から演じる鈴木福くん、こちらも楽しみになってくる。
 平成最後の勝小吉とその女房・お信の物語・・・。
 ちなみに小吉は、勝家の婿養子だそうである。

 明日の夜・午後8時から8回シリーズでスタートするらしい。
 ホームドラマ的時代劇とか、まぁ、楽しく見られたらそれでいい。
 楽しみたい。(夫)
 

(出典:NHK公式HP抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)