咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

中山競馬・東京ドーム観戦ツアー・・・その1

2013-09-24 23:12:12 | 日記
 春先、今年退職のKさんから、「実は職場の小旅行で、今年は中山競馬・東京ドームツアーがありますが、貴方にも是非出席してほしいとのこと。行きましょう」と、誘われていた。

 それではと重い腰を上げ、幹事のOさんにも参加の旨を連絡。と、いうようなわけで、21日(土)から23日(日)の3日間の「中山競馬・東京ドーム・浅草界隈とスカイツリー」の旅の日が訪れた。

 当方のブログにこのツアーの話を掲載していたところ、船旅でお会いしたNさんご夫妻から、21日の中山競馬のお誘いがあった。

 いよいよ、当日のお昼前、参加者の8人組で羽田空港に到着。当方、浅草橋駅でみんなと別れて中山競馬場に直行・・・西船橋で食事後、競馬場行のバスに。30年ぶりであるから、周りの景色とか競馬場の雰囲気などはすっかり忘れていた。

 Nさんとは、正門前の馬主受付前で待ち合わせである。お久しぶりにお会いすることもあって、気分も高揚している。

 すると、思いもよらないハプニングが起きてしまった。正門から大きく離れている中央門から、入場して階段を下りて歩くと左足に違和感が走った。何と“落鉄”寸前の靴底、お気に入りの靴であるから、いつも大事に使っていたもの。靴底が先端から半分くらい外れている。

 おい、おい、一体どうしたものか。近くにJRAの警備員さんがいた。「エライことになりました。この通り、瞬間接着剤などありませんか」

 すると、「それはないですけど、ガムテープならあります」とのこと、それは、白・黄・赤・茶などを見せられた。取りあえず、白のガムテープを張り付けて歩くと、途中で何度もとれる。

 正門手前のインフォメーションに立ち寄り、実はこのようなわけで、瞬間接着剤がないか・・・と、問い合わせた。すると、ご親切にいろいろ調べてくれたら、2階の総合インフォメーションにあるとのこと。

 そちらで、接着剤をお借りして靴底を何とか張り合わせた。そして、どうやらくっついたらしいので、Nさんと待ち合わせの場所に出向き、到着を告げていたら・・・Nさんとご友人の方お二人で迎えに来ていただいた。

 約束の時間帯を40分以上も遅れたのであるが、とても靴底事件など言い出せない・・。Nさんのご友人の従弟の方が、競走馬の牧場経営と馬主さんとのことで、当方も馬主席に入れていただいたのである。

 到着早々、8名の皆さんとお礼も込めた挨拶などを交わして、早速、競馬の生観戦。中山8レースから参加なので、そのレースを購入。当方、7,8,10の上位人気2頭と下位人気の1頭をウマタンボックス、それに2番人気の8番から3頭へウマタン流しの9点を購入。8番が、番手から追走し渋太く粘っていると、先頭馬が下がったところへ後方から、田中勝春騎手騎乗の10番が一気に追い込んで先頭へ上がりそのままゴールイン・・同騎手1600勝達成の瞬間。

 2着には渋太く8番が入線、これがついて50倍弱のウマタンを的中。皆さんは、朝から参加されており、調子は上々とのこと。

 なお、皆さんは4組のご夫妻でヨット仲間とのこと、当方らが「○○雀会」の学生時代の6人グループ、最近は夫婦で集合のメンバーの如き、とても雰囲気のいい皆さん方である。

 当方らよりも、勿論上品な方々であるが、爽やかでとてもよくしてくださった。そのため、靴のハプニングの話は封印していた・・初対面の方々にちょっと、話しづらかった。ところで、春先には、揃て初の東京競馬場の馬主席にお出かけになり、競馬の魅力に引き込まれているとのこと。仲良しの皆さん、競馬研究も熱心である。

 その後、最終レースまで、皆さんと競馬談義などをしながら観戦。当方は、その後トリガミ寸前のウマレン、それに阪神メインの3レンタン折角的中も・・・1,900円余。
 
 中山の最終レースには、今回のI馬主さんのところの馬が出走、当方も単勝や3連複、ウマレン、ウマタンと手広く購入して・・・ゲートが開くのを待っていた。

 皆さんも応援馬券をしっかり握りしめ、スタートを待っていた。と、そこに馬主のIさんがいらっしゃって、当方もご挨拶・・・。すると、今日はちょっと走らないかもね、とのこと。

 それでも、大丈夫と見ているとゲートが開いた。好位のいいところに付けている。4コーナーから直線に向いた、いい感じで最後の直線に・・。よーっし、と、見ていたら、最後の直線の坂下、「あっ、あ」、脚が上がってしまった。結局着外に沈んだ。

 でも、ゴール板前のとてもいい席が用意されており、皆さんとともに十二分に競馬を堪能し・・・浮いた分にプラスして、最終レースに突っ込んだが、残念な結果。でも、さほど負けていない。楽しかった皆さんとの和気あいあいの時間も終了、皆さん方は、これから打ち上げとのこと。

 当方、お別れの挨拶を交わして、仲間が待っている東京ドーム「巨人VS広島」戦に向かった。

 その東京ドーム・・・で、またしてもハプニングが起きてしまった。

 今度は靴底の右側の調子が悪い、広島ファンと阪神ファンの仲間たち、広島、もしくわ阪神が負けると巨人の胴上げ。

 ところが、阪神はヤクルトと引き分けのムード、広島は広瀬らの3本のホームラン、7-0になったところで、安心してドームから引き上げた。その帰り、右の靴底が捲れそうな雰囲気、その日の宿泊先のある浅草橋駅まで帰り・・・コンビニで瞬間接着剤を購入。ホテルで応急処置をして、競馬予想をはじめ・・その日は熟睡

 翌日、とんでもないことが。(夫)


(東京ドーム観戦)


(翌日の中山競馬場・・・4階A指定席)

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へにほんブログ村

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村
コメント