咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

悪化する就職内定率・・・・

2010-11-25 22:32:32 | ビジネス
 ここのところ、来春卒業予定の大学生及び高校生の就職内定率が、極めて厳しい状況にあるとのニュースが各種のメディアを通じて流されている。

 24日、NHK「クローズアップ現代」でも、“内定が取れない”~新・就職氷河期~ と題して、大学生の就職活動に迫った番組が放映されていた。

 当事者やその親御さんにとってもやきもきの日々、あらゆることを犠牲にしても就活第一主義で一生懸命の様子が伝わってきた。

 ほとんどの学生が一流企業への就職を夢見ている。

 ところが、一流企業への就職希望から一転して“独自の技術を売りにしている中小企業”へ就職、あれから7年、今ではあらゆることを身につけて第一線で営業活動をして、そこに生きがいを見つけている若者にも密着していたが、実にイキイキとした目をしている・・・・最もいいお手本。

 すべての大学生が、一流企業に就職できるわけでもない・・・・・当然のことながら。

 「今日まで、大学生活をもっとまじめに取り組んでいたら良かったと悔やんでいる」と言ったような反省の弁の学生もいた。

 本当は自分が何をしたいのか、何になりたいのか、もし大学に進学するなら、どの大学のどの学部へ進むべきか、大学への進路を決めるところからキチンと夢と希望を持って取り組むことがこの厳しい時代を生き抜くための糧といえる。


 娘は、学生時代から数字が苦手であったが、独自の特許技術を持っている中小企業に就職すると総務課へ配属。
 苦手な簿記の資格を取って決算事務や今では株主総会を仕切ったり、進行する役割などキャリアーウーマンとして活躍している・・・・・・学生時代に学んだ絵画は趣味にして。当時は、就職難もなく数社に受かっていたらしい。

 息子は、大学進学前からの希望であった生物(微生物)系に入って、現在は研究者の道を進んでおり、超一流大学出身の研究者に交じって頑張っている。時折、高校時代もっとまじめに勉強しておれば、なお良かったと反省もしているらしい・・・・。

 それぞれ、自分の選んだ伴侶とともに頑張っているが、二人とも自分の人生は自分で決めたいので心配しないでと言ってくれたので、今日のような就活を一緒に悩むこともなかった。

 今日の就職難にあっても第一線を退いて、天下りをする官僚、地方自治体の諸氏が多いこと、いつまでも執拗に第二、第三の天下りを画策している・・・・みっともない醜態。

 なお、この人たちは天下りと云う言葉を最も嫌っている。天下り先から天下りのトップが、各自治体に後輩たちの派遣要請をする形をとっているので、天下りではないと言っている・・・・要請があったから。

 もっと、若い就職浪人に道を譲るべきである・・・なかなかに渋太い面々であるが。

 ところが、渋太く身を引かないでいる方々の子、孫の道は決して開けていない場合が多い・・・・・その親が家族のすべての運を使い果たすからだろう。


 その点、昔の人たちは、後進に道を譲るために隠居と称して第一線から身を引く清さがあったものだ。(夫)

 
[追 記]
 「57.6%」。来春卒業予定の大学生の最新の就職内定率。就職氷河期を下回る過去最低の数字となった。
 背景には、円高による景気低迷や国際競争力の激化で、企業が「優れた人材」だけを採る「少数・厳選採用」へとカジを切り始めていることがある。大手企業を志望する学生は就職活動に追われ、授業やゼミを欠席、採用時期と重なる留学を断念…。企業が求める「能力」を磨けないという悪循環に陥っている。
 内定がとれない大学生たち。なぜ決まらないのか、企業は今どんな人材を求めているのか、就職難は学生たちにどんな影響を及ぼしているのか。
 大学生たちが直面している厳しい実態を徹底取材。日本社会への影響や今後どうしたらいいのか考える。
 「出典:NHKクローズアップ現代 公式HP抜粋」


コメント

韓国領土を砲撃・・・北朝鮮

2010-11-25 22:31:22 | 報道・ニュース
 23日午後、TVに流れたニュース速報「北朝鮮が韓国西方沖の延坪(ヨンピョン)島及びその周辺海域を砲撃・・・」と、一瞬、平和を享受している日本人には「何のこと、どうしてなの」と思う人々が多かっただろう。

 北朝鮮の情報や動きに詳しい方々は、「やはり」とか「ついにやったか」と思われたようである。

 一体何のために“広州アジア大会2010”が開催されているこの時期に、北朝鮮代表の選手も参加し競技を行っている最中(さなか)に・・・・・どうしたものか。


 北朝鮮の口実は、「韓国軍が我が領海に先に砲撃をした見返りであり、今後も例え0.001ミリでも領海を越えたら断固として反撃を再開する」と叫んでいるらしい。

 韓国軍としては、現場付近の海域において、30日までの計画で通常の射撃訓練を行っていたものであるらしい・・・・・今のところ射撃訓練は中止しているとか。

 北朝鮮の砲撃は、170発でそのうち80発が陸上に着弾したらしい。このため韓国軍海兵隊員2人、民間人も2人の死亡が確認され、民間人3人を含む19人の負傷者も出ており、民家の破壊や山火事も起きるなどで住民の避難が続いていた。
 
 韓国軍も応戦したが、北朝鮮側の被害状況は未発表の模様。

 軍事専門家によると本格的な戦争状態となると、最新式のコンピュータを駆使した砲撃が可能な韓国軍が圧倒的に勝利するので、北朝鮮もそこまではやらないだろうと言っている方もあるようだ。

 今回の北朝鮮側による得意の軍事的挑発行為は、先般金正日総書記の後継者として公式発表した金正恩氏の後継体制作りへの軍事的業績づくりとの見方が強いとのこと。

 先軍思想一辺倒の北朝鮮にあっては、後継者である金正恩大将の軍事的業績と軍事的偉大さを国民に印象付ける必要があるとのこと・・・・・そのための挑発行為。

 全く信じられない国であり、危険な狂気じみた隣国である。

 我が国は、断固としてこの狂気の沙汰とも思える行為に対して、厳しく糾弾すべきであり、日米韓における連携を強固にして我が国に飛び火しないよう警戒態勢を敷かなければならないであろう。

 既に潜入しているであろうスパイなどによる挑発活動、陰湿なテロ行為に対しても警戒する必要があるのではないか。

 さらに周囲を海で囲まれている我が国、沿岸部における警戒も十分注意にする必要があるだろう・・・・・何か起こってしまっては遅いので。

 政府の方は、全与野党の党首会談を行って、与野党一致した対応をするとのこと。

 ただ残念なことは、またしてもこの事態を報道で知ったとの管首相のコメントにも困ったものである。一体、この政権の情報収集能力と上下の組織だった指揮命令系統はどうなっているのか、またしても中国漁船の衝突事故のような危機管理意識の希薄さが恐ろしい政権である。

 政治主導で・・・・との発言は、官僚組織機構をうまく使って動かすことではないみたいなので末恐ろしい。


 ところで政府は、北朝鮮のこのような卑劣な行為に対して、今問題となっている朝鮮学校(北朝鮮の影響下にある)への高校無償化の手続きを一旦停止すると発表・・・・・一旦ではなくて永久に停止すべきである。

 いつ、何どき、何をするか分からない危険な隣国である故に・・・・・。(夫)
コメント