B-scale fan's log

Since 2004.4.16

最近は映画の感想がメインですが、
元は戦車模型のblogでした。

ジョン・カーター

2012年11月26日 | 海外映画 評価3
2012年 アンドリュー・スタントン監督
    出演 テイラー・キッチュ、リン・コリンズ、
    サマンサ・モートン 他
『1881年のニューヨーク、大富豪のジョン・カーターが亡くなった。
 彼の遺産を相続したおいに託された日記には、
 火星(バルスーム)でのジョン・カーターの体験が書かれていた。
 それは彼の南北戦争後の頃からの物語だった。』

新評価 3.0

原作が古典的な長編SF小説の1話が元なのですが、
いくつかのエピソードをまとめちゃった映画は、
正直イマイチでした。
2国間の戦争がソーン人の陰謀にしなくても・・・。

主人公がなぜに地球から火星に転送されるのかを、
ソーン人を絡めて説明したかったようだけど、
そのための映像がいらなかったと思う。
ここは監督のこだわりなのか。

勇気と友情のアドベンチャー映画でよかったのに。
それとほんの少しのお色気とで。
ディズニー映画だからスポイルされたのかな。
映像が良かっただけに残念。

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« マイウェイ 12,000キロの真実 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外映画 評価3」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ジョン・カーター (だらだら無気力ブログ!)
タイトルは原作のままで行ったほうが良かったんじゃない?
「ジョン・カーター」 ジョブズが観たらなんて言う? (はらやんの映画徒然草)
エドガー・ライス・バローズの「火星のプリンセス」の映画化作品です。 「火星のプリ