B-scale fan's log

Since 2004.4.16

最近は映画の感想がメインですが、
元は戦車模型のblogでした。

スター・トレック イントゥ・ダークネス

2013年08月23日 | 海外映画 評価3
航海中 J・J・エイブラムス監督
    出演 クリス・パイン、ザカリー・クイント、
    ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ 他

新評価 3.0

IMAX 3Dで鑑賞してきましたが、IMAXな部分はともかく、
相変わらず3Dは有効に活用されていませんね。
ま、序盤の槍はよけましたけど、(笑)
メガネかけている不快さが勝ってて、
とまぁ技術的な部分はさておいて。

この映画は作品としてはアクションも爆発も多く、
謎を秘めた敵は残酷で強く、
そこにクルーが立ち向かう一体感や、
スピード感があって楽しめると思いますが、
スタートレックしては残念な出来です。

まずは前作で絶賛した部分が、
今回はズコッと抜けてしまっています。
つまり情熱のカークと論理のスポックの対比。
ところが今回のスポックときたら血気盛ん。
まるでポンファーの期間中みたい。

控え目に言ってもクレバーな熱血漢でしょうか。
飛んで跳ねて敵を殴りつけて、
友の死に涙を流すのだから何だかな。
感情を出さず汗も流さず、
眉をあげるのがバルカンってもんでしょう。

『人類最大の弱点は、愛だ』ってコピーも、
序盤の爆発シーン、無人の重要施設ならともかく、
艦隊士官なら自分の娘の命と何千人の命の
交換はしないと思うよ。
都市部でビルを吹っ飛ばしたいだけやん。

裏切り者の艦隊士官ジョン・ハリソンってのもね。
血液で病気を治す辺りで優勢人種かと疑りましたが、
まさにこの男がカーンそのひと。
スタートレックでカーンと言ったら宿敵なのに、
なんでそこがコピーにならないのか?

文句を言えばきりは無いですが、
しょせん並行宇宙での物語だから何でもいいか。
宇宙船の動きがスターウォーズっぽいのも、
並行宇宙だから仕方がないのか。
BAD ROBOTは次はスターウォーズ作るらしいね。

もう一言、クリンゴンの星に行く必要なかったよね?

コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« ワールド・ウォー Z | トップ | BIUTIFUL ビューティフル »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トリブル、トリブラ、トリブララ~ (2G)
2013-08-30 11:33:15
お久しぶりです。私も見てきましたよ。総じて面白かったと思うのですが、長年のファンなだけに言いたいことも色々と出てきますね(笑)。
豊中さんの指摘されてる部分、私も同意です。たぶん、クロノスに立ち寄るのは、クリンゴン人が見たくてウズウズしてる熱心なマニアへのサービス以外の意味は大して無いような。
クライマックスですが、地球引力圏で連邦の艦どうし、あんだけドンパチやってるのに救援にも調査にも何も来ない地球連合は(いくら上層部壊滅状態とはいえ)マヌケ過ぎでは・・・?と思いました。
あと、その前、魚雷をカーンに引き渡しする場面。カーンが生体反応の有無をスキャンする際に「トリブルを偽装のために使った」という説明って出てきましたっけ? あそこが、ちょっと分かりにくかった
ように思います。例えばカーンに「バルカン人はウソをつけないな」みたいなセリフ(←だから優秀なカーンも鵜呑みに信用した)があれば、序盤のカークとスポックの会話にも繋がるのになぁと。
Unknown (豊中)
2013-08-31 01:38:05
2Gさん、こちらこそご無沙汰です。
トリブルの生体反応の件なかった気がしますね…
自分もなんか不思議に思ってたんですよ。
字幕を見逃したかな。

映画自体は大変面白かったので、
やっかいなトレッキー以外は満足だと思うのですが、
JJエイブラムスはバルカン星人を理解してないか、
並行世界のスポックの人間味を増しすぎ。
あの皮肉っぽい態度が好きだったのにな……

コメントを投稿

海外映画 評価3」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

スター・トレック/イントゥ・ダークネス (Akira's VOICE)
心地の良い軽さとワクワクを満喫。  
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 二人の成長 (はらやんの映画徒然草)
2009年にリブートされた「スター・トレック」の新作「スター・トレック イントゥ
スター・トレック イントゥ・ダークネス  監督/J.J.エイブラムス (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・パイン  ベネディクト・カンバーバッチ  ザッカリー・クイント 【ストーリー】 西暦2259年、カークが指揮するUSSエンタープライズは、未知の惑星の探索中に巨大な地殻変動に遭遇。彼は深刻なルール違反を犯してまで原住民と副長スポックを救おうと....
[映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
           ☆「スター・トレック」らしく、話に、それほどの大風呂敷を広げず、人の心理に深みを持たせていて面白かった。  かつては、地球連邦軍に所属していた謎の男が、連邦軍にテロを仕掛ける。  謎の男を捕えるため、エンタープライズ号の面々が宇宙...
映画:スター・トレック イントゥ・ダークネス Star Trek Into Darkness ネタバレ注:TNGファン視点感想。  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
タイトルの TNG というのは、Star Trek The Next Generation。 カーク、スポックの時代(1966-1969)から 21年もの年月が経過したのち、企画者のロッテンベリーが創造した 次世代スタートレック(1987-1994) 私はこの時代メインのファンのため、この視点から今作 Star Tr...
スター・トレック イントゥ・ダークネス (だらだら無気力ブログ!)
迫力ある映像は圧巻で、大いに楽しめた。
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 奇跡などない (映画のブログ)
 羽住英一郎監督によれば、『BRAVE HEARTS 海猿』のテーマは「絶対に諦めない勇敢な気持ち」であるという。「そういう思いがあれば、奇跡が起こるんじゃないか」と監督は語る。  海難事故の現場に臨んだ主...
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 (或る日の出来事)
いやあ、アリス・イヴさんって、ナオミ・ワッツさんみたいだ。
スター・トレック イントゥ・ダークネス 壊れたらとりあえず蹴ってみる (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【46 うち今年の試写会5】 J・J・エイブラムス版スター・トレックの2作目、前作に続いて本作でも、熱烈なトレッキーにとっても、スタートレック初心者にとっても、ほぼ満点のスペクタクル満載の仕上がりにな...
スター・トレック イントゥ・ダークネス (銀幕大帝α)
STAR TREK INTO DARKNESS 2013年 アメリカ 132分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2013/08/23) 監督: J・J・エイブラムス 『SUPER 8/スーパーエイト』 製作: J・J・エイブラムス 出演: クリス・パイン:ジェームス・T・カーク ザカリ...