SEO(すこし、E な、おやじ)のホームページ

ウェイブマーケティングコンサル、ホームページ製作及び、作り方をお教えする(株)ブレインアソシエイツ社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これからのネットオークション

2009-11-04 01:55:04 | Weblog
先日パチンコの中古機販売の社長と会って話す機会がありました。パチンコのホールを回っていらないパチンコ台を買取、オークションで売るという仕組みです。
オークションはヤフーでもパチンコ台のジャンルがありますが、そこは素人のお客さん相手で、プロの業者はパチンコ専門の大手のオークションサイト、バリュークェストで売買を行っているようです。

ヤフーでもトラブルが発生するように、バリュークエストでも発生するそうですが、問題はセキュリティです。ヤフーの場合はエスクロードというのがありますが、バリュークエストにはありません。基本的には当人同士で解決ということです。

ご存じかどうかわかりませんが、パチンコ業界というのは想像を絶するほどいいかげな人や会社が多いところなので、不特定多数が出入りするオークションサイトというのは不正、インチキ、サギといった行為をする人が少なくないということです。パチンコ台を売る時ちゃんと整備をしなくてはならないのですが、売りっぱなしで、整備をせず、時には動かない台を売りつける業者もいるそうです。


結構そのような状態なので、ユーザーからの不満が募っていて、それがオープンなオークションマーケットに対する課題となっていました。

それを克服するために作られた、信用できる業者とホールだけを厳しい審査をした後に参加できるようにするクローズドのオークションサイトがにわかに注目されているようです。

実際20社ほど集まって会員制のオークションサイトがあります。流通量ではヴァリュークエストに負けますが、質が高く、お互いが相手のことを知っていて信用があるので、変な値崩れがなく、トラブルもほとんどないそうです。それに専門業者同士なので流通は基本的に十分成り立ちます。

一般ユーザー相手ではヤフーオークションが日本では圧倒的シェアを持っているし、楽天など既存のオークションサイトがある中で 新規にオークションサイトを設立しても現状では厳しいというのがありますが、
こういった特定のユーザーの中でのクローズドのオークションサイトというのは結構これからニーズが増えてくるかもしれません。







EC-ガレージ
教えるスタイルのホームページ制作
集客ができるホームページの作り方お教えします。
ジャンル:
ITネットビジネス
コメント   この記事についてブログを書く
« 面白いチェックリスト | トップ | こういう人や企業は気をつけろ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事