SEO(すこし、E な、おやじ)のホームページ

ウェイブマーケティングコンサル、ホームページ製作及び、作り方をお教えする(株)ブレインアソシエイツ社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近のヤフーの検索エンジン

2009-12-04 02:17:37 | Weblog
ヤフーが検索エンジンのアルゴリズムがバージョンアップして以降、急激な変化で翻弄されている人も多いんではないかと思います。

YSTのアップデートごとに乱高下するのはもう慣れっこですが、9月に大幅バージョンアップして、結構いろんなことが言われてます。



キーワード占有率(例えばキーワードがエステだったら、ページ全体の文の中の文字に占める割合)を上げるのでなく、下げないと順位が下がるとか、地域のワードを連呼すると順位が下がるとか、要するにSEOを意識して不自然な文章構成をすることを排除しているということでしょう。



それは実感するところで、SEOを意識した構成を配慮しても大して効果が出なくなった気がします。逆に意識をしなくともキーワードによっては苦労することなく上がるというのもあります。



オーガニック検索に対してはそのような質を追求するのは当然ですが、スポンサードサーチも質を上げようと力を入れているようです。



スポンサーサーチでは品質インデックスを設け、金額プラス品質を考慮した順位になって久しいですが、最近さらに品質には厳しくなっているようです。その背景にはスポンサードサーチのクリック率は以前から落ちていますが、品質インデックスを導入してからも落ちていることがあるらしいです。



誇大広告、でたらめな文言が増えたため規制に乗り出しているようです。世界一とか日本一ととか不確定なものははじかれています。そのうちびっくりマークもだめになるんではないかと思います。



こういった傾向はユーザーにとっては、使いやすくなりいいことなんでしょうけど。だったらヤフーの系列の○○○がやっている有料リンクも排除すべきですよね。一方でナチュラルを目指しているのに、一方で力にものを言わせてやるのは、どうかと思いますが。


EC-ガレージ
教えるスタイルのホームページ制作
ホームページ支援システム
ジャンル:
ITネットビジネス
コメント   この記事についてブログを書く
« 無謀な依頼 | トップ | サイトの正味の価値 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事