ビター☆チョコ

店じまい後も変わらずご訪問ありがとう。
新居をかまえましたので
お近くにお越しの際はお寄りくださいませ。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クラッシュ

2006-02-22 | 洋画【か】行
                             

ロサンゼルス、深夜のハイウェイで黒人刑事のグラハム(ドン・チードル)と同僚で恋人のリタは交通事故に巻き込まれる。
事故現場の近くでは黒人男性の死体が発見される。
その事件の陰にはロサンゼルスで暮らすさまざまな人種の複雑な感情があるのだった。


予想通り打ちのめされました。。。
帰りは買い物をする気力もなくまっすぐ戻りました。
映画館を出るとそこはもうディズニーの世界。という環境も悪かった。(イクスピアリで観賞)
アメリカの光と影を見せ付けられた感じがして。
もし私がロスに住んでたとしたら、間違いなく差別される側の人間なわけだから、
すごい勢いで映画の中に引っ張られてしまった。
だから余計に痛かった。涙があふれた。
映画館の中に、いつもと違う張り詰めたような静けさがあったような気がしたのは私の気のせいではないと思う。


ほんとにいろいろな人種のアメリカ人が出てくる。
白人の人種差別警官ライアン(マット・ディロン)と、ライアンの行動を許せない若い警官ハンセン(ライアン・フィリップ)。
仕事では成功してるのに自分が黒人であるということに引け目を感じてる男キャメロン(テレンス・ハワード)とそんな夫に苛立つ妻クリスティン(サンディ・ニュートン)。
アラブ人と間違われることに耐えられないペルシャ人の雑貨屋ファハドとその娘ドリ。
まじめに働いても人種のせいで不愉快な思いをさせられる鍵屋ダニエルとその娘ララ。
いつも何かに苛立つジーン(サンドラ・ブロック)とその夫で検事のリック(ブレンダン・フレイザー)。
悪事を繰り返す黒人の若者二人。
それらの人々が複雑に絡み合って物語は進む。

皆が自分を守ろうとして、傷つけられる前に人を攻撃する。
でもけっして弱者が強者を告発するような映画ではない。
誰もが抱えてる弱さや哀しさ。
行き場のない怒り。
一人の人間の中に同居する悪意と正義。
そんなものを見せつけられたような気がする。
これが現実なんだ。
知ったからどうなるというものでもないけど、知らないよりはずっといい。
多くの場合、偏見や差別は無知や思い込みから生まれるのだろうから。
まずは知ること、そして自分を守るために着込んだ硬い鎧を脱ぎ捨てること。
父が娘を愛するように、幼い娘が父を助けようとするように、妻が夫を愛するように、息子が病んだ父を労わるように、
大切なものを守るためには鋭い言葉も銃も必要ないはずだ。

グラハム刑事が最後に土の中から見つけた神様の小さな像は、「救い」のようなものだったのだろうか。
この映画からもらった荷物は重いものだけど、絶望してるわけじゃない。
問題は多いけど、人も人生もそんなに悪いものではないんだと信じたい。



コメント (6)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 休日前夜 | トップ | 間に合わないかも »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
多くの出演者の方達が織り上げた物語でした (たろ)
2006-03-03 10:48:40
こんにちは。お久し振りです。

弊ブログへのコメントとトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックを失礼いたします。



この作品は、人種や階層 等、人が触れ合う事による摩擦を様々な感情を通して表現しておりました。

そして、ドン・チードルさんが演じる刑事 グラハムさんが神様の小さな像を拾い上げる場面は、僕もとても印象に残りました。



また遊びに来させて頂きます。

改めて、今後共よろしくお願い致します。

ではまた。



Unknown (チョコ)
2006-03-03 15:30:28
こんにちは。たろさん。

こちらこそTBありがとうございます。



私は見事に打ちのめされました。

普段、日本で普通に生活してれば考えたこともない問題が、アメリカでは起きてるんですね。

人が生活していう上で、摩擦というものは必ず起きるものなのでしょうが、とても哀しいものですね。



マット・ディロンも良かったですけど、なぜドン・チードルがノミネートされなかったのか。

まさか。。。。ですよね。
ご投稿ありがとうございます&ランキングのご案内 (MEMORIZERS管理人)
2006-03-10 23:07:32
ご投稿ありがとうございます。MEMORIZERS管理人です。

このたびランキングを始めましたのでご案内申し上げます。

http://www.link-jp.com/sr3_links/sr3_links.cgi?user=1515memorize



通常のランキングと違い、トラックバックや新規テーマ作成などでポイントアップします。ボタンなどを記事に貼る必要はありません。サイトのどこかにMEMORIZERSのリンクを貼っていただいてご登録いただくだけです。いつも投稿して下さる方への感謝を形にしたいと考えて作ったランキングです。皆様のご投稿がより多くの方の目に止まり、有意義な交流ができますように、お手伝いができれば幸いです。楽しみにお待ち申し上げております。
Unknown (チョコ)
2006-03-11 14:02:51
MEMORAIZERS管理人さま。

TB&コメントありがとうございます。

ランキングのご案内もありがとうございます。

また寄らせていただきますので、どうぞよろしくお願いします。
いい映画でした (tomozo)
2007-01-29 15:10:16
そうそう、知らないよりは絶対知っていた方が良いです。自分だって善悪/差別被差別両方を持っているはずだし。

チョコさんは、「マグノリア」とか「トラフィック」見ましたか?私は未見ですが、プラスこの映画と「アモーレス・ペロス」とかを比べているのを読んだので、ちょっと見たくなりました。

もしかしたら「バベル」もコミュニケーションギャップがテーマらしいので、近い世界かも知れないですね!すごく楽しみです。
痛かった。。。 (チョコ)
2007-01-29 16:25:54
tomozoさん

つい、子供なんか育ててると偉そうなこと言ってしまいます。
誰とでも仲良く、とかね。
でもホントは親の立場からすれば、あの子とは仲良くして欲しくない、とか思っちゃうんですよね。
自分の中に存在する本音と建前、差別、偏見。
確かにあるんですよね。
去年はこんなふうに、いろんなことに目を向けなさい、という映画が多かったですよね。
「マグノリア」と「トラフィック」ですね。
うん、今度観てみます。

「バベル」はね、予告編を見たんですけど
すぐに「クラッシュ」が思い浮かんだの。
たぶん、「クラッシュ」に近いんではないかと思います。
観るのに覚悟がいりそうですよね。


洋画【か】行」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

街に出ても、心がぶつかる事はない・・みんな心を隠しているから・・・~ポール・ハギス 「クラッシュ」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 雨の水曜日です。 今日は新宿の劇場で観た映画について。 『 クラッシュ ( CRASH ) 』 ( ‘04年 アメリカ ) 冬、クリスマス間近のロサンゼルス。 黒人刑事 グラハム(ドン・チードルさん)とその同僚でヒスパニックの恋人 リア(ジェニファー・エス
「クラッシュ」 (共通テーマ)
ロサンゼルス、24時――。ハイウェイで起こった一件の交通事故が、思いもよらない\"衝突\"の連鎖反応を生み出し、様々な人の運命を狂わせていく・・・(公式サイトより)。「アメリカ」
映画「クラッシュ」 (いもロックフェスティバル)
観て良かったと思える、そしてもう一度観たいと思える作品。 『クラッシュ』・・・
『クラッシュ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじクリスマスを間近に控えたロサンゼルス。黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚のヒスパニックの恋人リア(ジェニファー・エスポジート)。ペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(ショーン・トーブ)と娘のドリ(バハー・スーメク)。黒人青年アンソニー(クリス...
N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) (サーカスな日々)
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物 ...
差別の背景には (藻、たくさんの日々。)
早稲田松竹で二本目に観たのは、「クラッシュ」。 現在のアメリカの人種差別を描き出した作品。 本命といわれていた「ブロークバック・マウンテン」をおさえ、 第78回のアカデミー作品賞を受賞しました。 舞台となるのは、多民族化が著しい大都市ロサンゼ ...
第78回.アカデミー賞『クラッシュ』(2005) (Fantastic Cinemas)
作品賞:Crash/クラッシュ 『ポール・ハギス監督』 タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作 ...
クラッシュ (tomozoのうれし★たのし★大好き)
これを昨年見ていたら、間違いなくベスト5には入れていた。ミリオンダラー・ベイビー
映画『クラッシュ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Crash 前回の第78回アカデミー賞で作品賞に輝いた作品、ありとあらゆる人種が登場、目を背けたくなるような人種差別が痛々しいが基本的には暖かみがある・・ クリスマス前のロサンゼルスが舞台、群像劇だが、特に印象的・・というよりも衝撃的でさえあ...
クラッシュ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「クラッシュ」 感想 どれほど他人を理解できているのだろうか? 他人を理解できないという恐怖 恐怖からくる自己防衛 自己防衛のため...
「クラッシュ」(2004) (シネマ・ワンダーランド)
クリント・イーストウッド監督作品「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を執筆したポール・ハギスが同じく脚本や初監督を務めたサスペンス風のヒューマンドラマ「クラッシュ」(2004年、米、112分)。この映画はクリスマスを間近に控えた米国ロサンゼルスを舞台に、...