ポエブクロウ

自由詩_Azukizawa

増幅の謎

2021-01-21 20:46:04 | 

 

トランジスター、真空管の増幅作用を考えてみよう
答えはやはり抵抗にありそうだ
真空管はプレートにプラスの電圧をかけ
グリッドをマイナス5Vぐから0Vに近づけてゆくと、
プレートに電流が流れ始める
プレート電圧を一定とすれば、プレート側からみた真空管の抵抗値(インピーダンス)は
変わってゆくことになる
ちなみに抵抗(レジスタンス)であれば、抵抗値が変わることはない
12AU7Aでプレート電圧100Vでグリッド電圧-5Vで1.5mA流れる
-0.5Vで約10mA流れる
このときの抵抗値を計算してみると約66.6KΩから10KΩに変わっている
この時プレートに抵抗をつなげは、
プレート電圧は50Vぐらいは変わるかもしれない(実際にやってみなくちゃわからないが)
するとグリッドにたいして10倍は増幅していることになる

MOSFETだと入力が4Vぐらいの変化で電源電圧全部の変化になってしまう
つまり、電源電圧が12Vなら3倍増幅していることになる
まったくおおざっぱでこじつけのような計算だが、
自分だけで、なんとなく納得したような気になっている

自分さえ納得すればいい、という文章だ

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« K3711_single_amp | トップ | コイルの不思議 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事