天気晴朗ナレド山高シ

信州安曇野から、山歩きや日々の暮らしの話題を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インターネットのない生活

2007年06月30日 17時49分57秒 | いろいろ
自分のPCを持つようになって10年くらい経つでしょうか。 インターネットの回線が繋がらなくなる時が極まれにありましたが . . . 本文を読む
コメント (2)

広島酒造講習20日目 上槽

2007年06月27日 08時53分10秒 | 日本酒・酒造り
最後の実習は、仕込んだもろみの上槽です。 合計で5本のもろみがあるので、 それぞれをまず大吟醸酒さながらの袋吊りで搾ります。 1本のもろみは45リットル位なので、袋を5~6枚使用します。 ある程度袋吊りで搾ったら、全部まとめて槽にかけて搾ります。 できたお酒は瓶に詰めて持ち帰ります。 もろみ日数が短いので、酒質はいまひとつかもしれませんが、 蔵でプチきき酒会をして皆さんに評価をしてい . . . 本文を読む
コメント (1)

広島酒造講習19日目 清酒官能評価実習

2007年06月26日 16時41分00秒 | 日本酒・酒造り
いよいよ清酒の官能評価実習です。 お酒は、ここらへんで売っている市販酒16本と、 講習生で持ち寄った17種類の計33本です。 1回目はブラインドによるきき酒でしたので、 すごい特徴がないかぎりはっきりとはわかりません。 宴会の時とはうって変わり、まじめにきき酒しています。 一通りチェックしてからは、銘柄、分析値をみながらもう一度。 うちの蔵からは純米酒「いなかっぺ」を出しました。 もちろ . . . 本文を読む
コメント (3)

原始的な急冷

2007年06月25日 21時18分17秒 | 日本酒・酒造り
今朝は在庫が少なくなった「純米吟醸いいずら」のビン詰めを行いました。 ラインが並んだオートメーションの蔵とは正反対の手作業での充填ですので . . . 本文を読む
コメント (5)

マイウーな豚さん

2007年06月24日 22時31分04秒 | いろいろ
土曜の夜は、旧梓川村で粉雪仲間15人とBBQでドンチャン騒ぎでした。 明科産放牧豚の焼肉に生ビールや酒もすすみます。 . . . 本文を読む
コメント (4)

広島酒造講習 山廃酒母

2007年06月24日 18時12分48秒 | 日本酒・酒造り
この講習もいよいよ最終週となります。 いままで奇跡的に休日には雨が降らなかったのですが、 最後の日曜日は雨になりました。 今日は芸予諸島の島巡りに行く予定だったのですが、残念です。 なので休日ですが、本日のネタは酒造りのこととなります。 今回実習用に仕込んだ山廃酒母のお話です。 山廃酒母は、乳酸を添加せず、色々な微生物の力を巧みに使い、 最終的に優良な清酒酵母のみを育てるというものです。 . . . 本文を読む
コメント

広島市内観光

2007年06月23日 20時20分57秒 | いろいろ
講習生仲間と北広島にそばを食べに行ってきました。 この蕎麦屋さんは、以前山梨にあった超有名店「翁」のご主人であり、 「ゴッドハンド」の異名を持つ高橋名人のお店なのです。 高橋名人のお弟子さんはたくさんいて、家の近所にも「翁」があるので、 是非行きたくてみんなで行ってみました。 味のほうは、はっきり言って素人にはよく判りませんでした。 がしかし、メニューはもりそば(¥700)のみという潔さが素敵で . . . 本文を読む
コメント

今日は何の日?

2007年06月22日 23時40分41秒 | 
昨年このブログで紹介したマンガ『もやしもん』 http://blog.goo.ne.jp/azuminosodachi/e/c86ad2cd677c97ae6d70f81e788d0684 第5巻の . . . 本文を読む
コメント (7)

広島酒造講習 14日目~16日目

2007年06月22日 18時27分37秒 | 日本酒・酒造り
広島酒造講習も中盤戦になり、今週は製麹実習をしました。 講習生8名で白米10キロずつ3種類の麹を作り分けるというものです。 1.蓋麹で突きはぜ麹(吟醸用) 2.箱麹で突きはぜ麹(吟醸用) 3.蓋麹で総はぜ麹(酒母用) 私の担当は3の総はぜ麹ということで、最初からガンガン行きました。 仲仕事。 蓋を操作して、麹を山にするのですが、なかなかうまく山になりません。 最近の酒蔵では蓋麹を使う機会も . . . 本文を読む
コメント (2)

スイスイーな扉

2007年06月19日 22時26分04秒 | 日本酒・酒造り
先週に引き続き蔵の補修工事です。 蔵の東側にある扉、裏口と呼んでますが この扉の動きがしぶくて重かったのです。 . . . 本文を読む
コメント (2)