天気晴朗ナレド山高シ

信州安曇野から、山歩きや日々の暮らしの話題を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2006年12月31日 22時33分40秒 | 日本酒・酒造り
早いもので、今年も最後の日となりました。 いつもブログをご覧いただいている皆様。 北安大國を御愛飲いただいている皆様。 酒米を作っていただいている農家の方々。 酒販店様、飲食店様。 本年も大変お世話になりました。 従業員一同、心より感謝申し上げます。 事務所は本日午後から、新年の3日までお休みをいただきます。 新年は1/4から営業となります。 今後とも、北安醸造をどうぞ宜しくお願い致します。 . . . 本文を読む
コメント

今年最後の自転車通勤

2006年12月31日 18時17分24秒 | 自転車
今日は大晦日で当たり前ですが今年最後の自転車通勤をしました。 朝の気温マイナス5度、風はさすがに冷たいですがまだまだ行けそうな感じです。 雪が降る前にスパイクタイヤを装着して初の通勤でもあり、スパイクで10キロ以上走るのも初めてです。スパイクタイヤですがやっぱり抵抗が大きく通勤時間は10%増し、おまけにスパイクの音でバリバリガリガリ、静かな朝かなり怪しげ。 もちろんご存知でしょうが長野県では . . . 本文を読む
コメント

12時41分 干し物

2006年12月30日 18時59分12秒 | 日本酒・酒造り
樽酒を引き取りに見えたお客様がおっしゃいました。 「この風景は素晴らしい。是非写真に収めたい」 ということで私がデジカメで撮り後ほど印刷してお渡しすることになった写真です。 お伺いしたところでは画家の先生で「この雪の白と空の青、干し物の麻の色のバランスが素晴らしい。胸がドキドキする程だ」といたく興奮されていました。写真をもとにスケッチを描いていただけるということで楽しみです。 蔵では年内最後 . . . 本文を読む
コメント

長野酵母B

2006年12月29日 17時48分00秒 | 日本酒・酒造り
明朝、大吟醸の酒母に使用する酵母です。 昨年までは長野県のアルプス酵母を使用してきましたが、今年からアルプス酵母の名称としてはなくなり日本醸造協会が頒布する長野酵母という名前に変わりました。 長野酵母はA,B,Cと3種類ありCは従来のアルプス酵母でA,Bは新しい株ということで当蔵ではBを使用することにしました。 ただ新しい酵母で実績がなくちょっと不安なのでもう一種類の酵母でバックアップ用の酒母を . . . 本文を読む
コメント

9時36分 大吟醸酒母麹の盛

2006年12月28日 17時38分38秒 | 日本酒・酒造り
安曇野松川村産美山錦39%精白の大吟醸酒母麹の盛りの様子です。 品温は34度まで上昇し、室温も34度(真夏より暑い)にしてあります。 山田杜氏が盛り升で一杯づつ量って麹蓋に盛って行きます。 麹蓋を使う作り方は江戸時代より続く由緒正しい方法です。 これらの麹蓋を通常6段に積みますが、上の段と下の段では品温が違ってきます(上段のが温度が高い)ので途中で3回積み替えという作業をします。3回目の積み替 . . . 本文を読む
コメント

10時55分 出麹

2006年12月27日 17時32分27秒 | 日本酒・酒造り
麹をバラバラにほぐして麹室から出すことを出麹(でこうじ)といいます。 麹室の前に麻布を敷いてその上に広げて筋目をつけて晒しておきます。筋目をつけるのは表面積を増やして冷却や乾燥を促すためのものです。 この麹は普通酒の仕込19号の留麹(三段仕込みの最後)で夕方には今日仕込んだ仲仕込み(三段仕込みの2回目)の中に投入します。 今朝ついに美山錦39%精白の大吟醸の酒母麹の引き込みをしました。大吟醸 . . . 本文を読む
コメント

さかやもん推奨 マンガ「もやしもん」

2006年12月26日 17時24分15秒 | 
蔵人の百瀬さんから教えてもらったマンガ「もやしもん」。 静かなブームらしいのでご存知の方も多いかも。 名前のもやしとは酒屋などで使う種麹のことです。 主人公はもやし屋(種麹屋)の息子で菌が見えるという特殊な能力を持つという設定であり、まんが界初の菌関係マンガです。 さかやもんの方もそうでない方にもお奨めです。 サッカーの「キャプテン翼」、囲碁の「ヒカルの碁」のように「もやしもん」を読んだ青少 . . . 本文を読む
コメント

小谷錦 上槽

2006年12月25日 22時09分50秒 | 日本酒・酒造り
朝からバタバタで9時に営業先へ出発して、19時に帰社。 その間に純米吟醸の「小谷錦」を搾ってたそうです。 車で帰宅するので、舐める事はできませんでしたが、香りだけは。 クンクン いい香りです。 おやじさんは「今年もいいぞー」とニコニコでした。 発売は年が替わった1月中旬予定です。 お楽しみに。 毎日がドタバタで、私事ですがあるものを買う事を忘れてました。 年末ジャンボ宝くじです。 夢が逃げ . . . 本文を読む
コメント

鬼軍曹 菰樽を作る

2006年12月23日 17時35分50秒 | 日本酒・酒造り
年末も差し迫ってまいりますと樽の注文も増えてきます。 当蔵でただ一人菰樽を作れる鬼軍曹の三浦さんが、2斗樽を鏡開き用に仕上げているところです。自分も何度か挑戦してみましたがなかなかきれいには仕上がりません。ロゴの部分を美しく見せ、縄の縛り具合などが腕の見せ所のようです。 中に入れるお酒は上撰などの普通酒が多いようですがお好みに応じて何でもお入れいたします。 年末に掛けて鬼軍曹の仕事も立て込んで . . . 本文を読む
コメント

16時50分 明日の洗米

2006年12月22日 17時39分43秒 | 日本酒・酒造り
明日洗う予定の米を米倉から出し、目方を量り洗い場の横に出しておきます。 当蔵の場合、1日あたり最高で750キロ程使用しますが明日は20袋で600キロというところです。 日々これだけの米袋をかまっている蔵人の百瀬は蔵仕事が始まると筋肉がついてくると言ってました。 年内の仕込みも残すところ3本と大吟醸の酒母の仕込みとなりました。 もう一息です。 文と写真:釜屋山蔵 . . . 本文を読む
コメント