安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

冬の入笠山登山(2)(標高 1,955m 長野県伊那市、諏訪郡富士見町)

2019-01-08 20:20:42 | 登山・ハイキング

冬の入笠山登山の続きです。(2)は、山頂からの眺望、帰路、食堂でのランチを記します。中央アルプス、北アルプス方面はほとんど見えませんでしたが、甲斐駒ケ岳の立派な姿を見ることができ、年の初めに相応しい登山(ハイキング)になりました。今年も、近場を中心として、山登りを楽しんでいきます。

 【入笠山山頂からの眺望】

山頂の標識と三角点

南アルプス方面から。左から鳳凰三山、甲斐駒ケ岳、鋸岳。

鋸岳(上の写真)から右へ、間の岳、仙丈ケ岳。仙丈ケ岳は、駒ケ根あたりから眺めることが多いので、この形は新鮮でした。

甲斐駒ヶ岳。

鋸岳

富士山。甲斐駒ケ岳から左方向になります。

富士山。

東の方向。中央の雪を被っているあたりが金峰山、その左側に甲武信ヶ岳。

北東方面には、八ヶ岳。真ん中あたりに、赤岳、右に権現岳、網笠山など。

赤岳

右から、赤岳、阿弥陀岳、横岳。どれもたいへんそうですが、阿弥陀岳には今年登ってみたいと考えています。

北八ヶ岳方面。左から、蓼科山、北横岳。

北方面。諏訪湖が見え、遠くには北アルプス。

写りはよくありませんが、北アルプス方面。奥穂高岳などが見えています。

御嶽山。次第にガスが上がってきていて、南アルプス方面も見えにくくなってきました。下山へ。

【山頂~ハイキング入口】

登ってきた同じ道を戻ることにしました。

すぐにすずらん群生地につきます。

 左手に進んでみます。

マナスル山荘が営業中で、こちらで昼食を摂っている方も多くいました。

入笠湿原。まっすぐに進んで、左手からハイキングコース入口に向かいます。

森のなかを少しだけ歩きます。

スキー場のもっとも上部に出てきました。

パトロールの人です。

家族連れを多くみかけました。

救護室

ハイキングコース入口に到着。

正面は、ゴンドラ山頂駅。右に見えるレストランへ向かいます。

レストラン内部。
  

ここは定番のカレーでいくことに決めました。

牛すじの煮込みカレーです。

ゴンドラで山麓駅へ。

午後に入っても、チケットを買い求めている人がいました。

駐車場に停めた愛車「シャトル」です。ほとんど汗をかいていないので温泉には寄らず、自宅(安曇野市)に着いてから入浴しました。気持ちのよいハイキング(登山)で、雪のあるところにまた出かけたくなりました。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 冬の入笠山登山(1)(標高 1... | トップ | パット・モラン WHILE AT BI... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい眺め (niceshotpete)
2019-01-08 23:40:58
これだけの山々が見えているのに、北岳が見えないところが、入笠山の山岳展望のトピックですね。
音楽!山歩き!美味しそうな食材! (芝刈りオヤジ)
2019-01-09 09:12:23
おめでとう御座います。

今年も時々お邪魔致します。音楽のお話!そして山行きでの美しい写真! 楽しみしております。どうぞ宜しくお願い致します。
後では「At The Black hawk 」が鳴ってます。H・ホース!は勿論、R・カミューカ!J・ゴードンの良い事ったら・・・
山の並び方 (azumino)
2019-01-09 20:42:02
niceshotpeteさん こんばんは

教えていただきありがとうございます。北岳は標高が高いのに見えていないのが不思議ですね。地図で見てみると、どうやら、並び方で鋸岳に隠れているように思います。

展望する場所によって、見えたり、見えなかったりと、山岳の地形は面白いです。コメントありがとうございます。
本年もよろしくお願いします (azumino)
2019-01-09 20:58:27
芝刈りオヤジさん こんばんは

本年も楽しい話題を中心として書くつもりなので、時々立ち寄ってみてください。ジャズなど音楽の話題が多いですが、幅広くと思っています。

シェリー・マンの「ブラックホーク」と「シェリーズマンホール」は、奇跡的にすごいライブになっていて、当時のアメリカ西海岸の勢いを感じます。

コメントありがとうございました。
教えてもらったのは (niceshotpete)
2019-01-09 23:22:49
いえいえ、私の方です。
もっと、驚いたことが伝わるような書き方をすればよかった。
展望の名山として名高い入笠山から北岳が見えないなんて、ホント驚きです。
実業之日本社刊「展望の山旅」の巻頭を飾るパノラマ写真には、恵那山~乗鞍~霧ヶ峰までしか載っていませんし、azuminoさんが撮影されたような南ア方向の写真って、そーいえばあまり記憶にないなぁ、北岳見えないんだなぁ、と驚いた次第です。
鋸岳の隣の編笠山に隠されるようです。
入笠山山頂でドローンを180mくらいまで上げれば北岳を撮影できるようです。
いつの日か登りたいなぁとは思っている入笠山ですが、遠い・・・。
山頂まで1時間かかりません (azumino)
2019-01-10 23:21:15
niceshotpeteさん こんばんは

再度のコメントありがとうございます。鋸岳ではなく、隣の山が遮っていたのですね。一応、地図も見たのですが、難しいものです。

入笠山は、ゴンドラを使えば、山頂まで1時間もかかりません。お花の山でもあるので、なにかの機会にお出かけいただけばと思いますが、確かに新潟からですと遠いですね。今回、雪は少なかったのですが、冬の山も楽しいなと思ったハイキング(登山)でした。

コメントを投稿

登山・ハイキング」カテゴリの最新記事