Mooの雑記帳

日々の感想などを書いていきます。

11月11日(月) 被災地支援の形が見えてきた

2019-11-11 23:09:20 | 被災地支援

被災地支援ネットの第2回目の会議。
千曲川沿いの被災地をはじめ、各地で懸命な復旧の努力が重ねられていますが、県内で被災家屋や果樹園の被害が最も多い長野市では、まだ泥かきや壊れたり水に浸かって使い物にならない家具などの片付けが続いています。

組織的にはなかなか支援の活動に結びつかないでやきもきしていましたが、ようやく今日支援ネットとしての活動の方向を決めることができました。メンバーのみなさんの知恵は大したものです。

一つは、11月末をメドに軽トラ部隊を派遣することです。これには当然現地の需要がなければいけませんから、要望を聞いて日を決め、軽トラ数台とその2倍のメンバーを派遣することにしました。
力の要る泥かきはできなくても軽トラで運ぶことは出来るだろうという考えからです。何しろ、支援ネットの役員すべてが軽トラの持ち主ですから。

二つは、12月の中旬頃、池田町で餅つき大会をやり、そこでみんなでついた餅を切り餅にして、仮設住宅などの被災者の方々に届けるという活動。プロジェクト・リーダー、サブリーダーも決めて、具体的な段取りを考えることにしました。

できるだけ沢山の住民に集まってもらって、みんなで餅つき大会をやり、そこでついた餅を食べながら「のし餅」を作ろうという企画です。寒い中ではあれ、池田町の心意気を示そうという試み、数日後には現地に出向いて届けることになります。
私としては、さっそくそのチラシの原案をつくってみました。まだ詳細は決まっていませんから、お見せ出来る段階ではないのですが近くここでも紹介できるでしょう。

この記事についてブログを書く
« 11月10日(日) アベはいらない | トップ | 11月16日(土) ちょっと忙... »
最近の画像もっと見る

被災地支援」カテゴリの最新記事