Mooの雑記帳

日々の感想などを書いていきます。

11月21日(木) 今年一番の冷え込み

2019-11-21 07:47:28 | 日記

昨夜自主防災会の会議に出ようと午後6時半頃外に出たら、車の窓が凍り付いてワイパーも動かない。仕方なく妻にお湯をもってきてもらい、ぶっかけて暫く室内が暖かくなるまでエンジンをかけて待機。

1、2月ならまだ分かりますが、この時期夕方すでに零下というのは余りに早い寒気の到来です。あとしばらくするとまた暖かくなるという天気予報ですから、まだしばらくは冬タイヤにしなくてもいいのかな。ただし、寒さだけではなく暖房費が老いた身にはこたえる。

明けて今朝は、予想通り今までよりも広範囲に霜がびっしり。車も真っ白。
毎週月曜日、木曜日の午前中をチョロギの収穫日に決めたので、今日は畑の日。「あ~~、今日は寒いのかなあ」と妻。「日が昇れば暖かさは戻ってくるので、風さえなければそう心配しなくてもいいんじゃないの」となだめて、昨晩は床についたことでした。

       *   *   *

早稲田大学教授の水島朝穂さんが、安倍内閣の統治手法を「①情報隠し、②争点ぼかし、③論点ずらし、④友だち重視、⑤異論つぶし」と特徴付け、「その全体を貫いているのが『前提くずし』」と書いていたことは以前も触れたことがありました。「ルールなんて屁とも思わない」とも。
国会で連日野党から追及されている「桜を見る会」問題ではその極致に達していると思わされます。

経済学者の金子勝教授は、安倍政権の性格を「人々を煽る扇動型ではなく、人々を諦めさせる黙従型の衆愚政治」と述べ、「安倍首相は人々を煽り動員する演説の能力を持たないがゆえに、人々が仕方がないと諦めさせるように動いている」とのべ、その裏で「三権の民主主義的基盤をつぎつぎと破壊」し、「官僚制を実質的に壊し」「投票も議会も事実上必要ないことに人々を慣らしていくプロセス」が進行していると書いていました。(岩波新書「平成経済衰退の本質」)

安倍政治が歴代最長となったことを、閣僚たちは手放しで礼賛、無残な姿をさらしていましたが、メディアはそれを無批判に垂れ流すだけ。

問題は、安倍政権の政治手法のどんな現れにも敏感にならないといけませんね。「桜を見る会」にしても、ちょっとは悪いことをしたという顔をしてもよさそうなのに、シレッとした顔で無責任を決め込む。そのうち国民は全部忘れるだろうという魂胆見え見えです。

つい先日、二人の閣僚が辞任に追い込まれたとき、「ご本人が説明責任を果たす」といいながら辞めれば一切が免罪されたかのように説明は一切なし。アメリカとの経済交渉の結果についても、屈辱的な取り決めを「ウインウイン」と強弁してウソを垂れ流す。
問題は、単に政治手法の悪質さにあるのではありません。それが何をもたらしているのかであり、その裏で何が起こっているのかです。

つい先日、銀行に口座を持っている人に口座維持手数料を取る可能性があるというニュースがありました。日銀のゼロ金利、マイナス金利政策のもとで銀行は生き残りをかけてどんな手でも使ってくるという異常事態ということです。

何らかの引き金によって一旦金融危機が起これば、金利機能は麻痺しているので大変なことになりそう。ネット上では、その「防衛対策」なるものが結構アップされていましたっけ。問題はそんなところにはないでしょうに。

「自己責任論」は影を潜めているかのようですが、その実「自己責任」を感じる余裕もないほどに人々は生活苦に追い込まれている。とりわけ若い層の労働者たちは。それを覆い隠すかのように、ボランティアの美徳だけがことさらに強調されていくのです。

金子さんに言わせれば、「状況はしだいに敗戦濃厚な戦時経済と似てきており、日本の経済と社会を破滅に追い込んでいく危険性が高まっている」「アベノミクスは『終わりの始まり』である。われわれに残された時間は多くない」ということになる。

さて、お金のない私たちはどうしましょう。

この記事についてブログを書く
« 11月16日(土) ちょっと忙... | トップ | 11月22日(金) パソコン不調 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事