あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

中国臓器移植 「中国の軍病院は一晩10数回の移植手術」患者家族が明かす

2018-10-17 00:10:43 | 日記

人食いレプタリアンの国、中国ですね。

理想国家日本の条件 さんより転載です。

中国臓器移植

「中国の軍病院は一晩10数回の移植手術」患者家族が明かす

中国北京で腎臓移植手術を2年間で2回も受けた患者の家族は最近、大紀元に対して、中国移植産業の闇について語った。2回目の手術が失敗し、家族は「機能しない臓器が移植された」として病院を相手取り裁判を起こした...

https://www.epochtimes.jp/2018/10/37048.html 2018年10月16日 15時15分

中国北京で腎臓移植手術を2年間で2回も受けた患者の家族は最近、大紀元に対して、中国移植産業の闇について語った。2回目の手術が失敗し、家族は「機能しない臓器が移植された」として病院を相手取り裁判を起こした。

河南省新郷市長桓県の住民・司子堂さん(男性)によると、妻・王巧雲さんが2003年10月、尿毒症と診断され、鄭州の病院で人工透析を開始した。ほぼ同時に、病院から腎臓移植を勧められた。11月からドナー探しを開始し、翌年1月に北京の朝陽病院で腎臓移植を受けた。

司子堂さんによると、妻の血液型や抗体の検査結果を朝陽病院に申し送りした二日後、「適合する臓器が見つかった」との知らせが届き、その三日後に腎移植が行われた。執刀医の話によると、腎臓は「河北省出身の20代男性のもの」で、「男性は銃殺刑を執行された」という。

日本国内移植で臓器移植ネットワークを構築する唯一の組織である公益社団法人JOTNWによると、腎臓移植までの待機時間は平均15年。100万人あたりの臓器提供者数が日本の25倍にもなる米国でも、5年間待たなければならない。

王巧雲さんは当時、国の優良病院に指定される北京の人民解放軍総合病院(通称301病院)での手術を希望していたが、妻の状態が悪く「待機時間が10日間以上と長い」との理由で断念した。「301病院には(移植希望)患者が多くいて、一晩で十数回の手術が行われていたと聞いた」と司子堂さんは述べた。

また、301病院は多くの外国人患者も受け入れており、国内患者より高い移植の費用を支払う彼らを「歓迎している」様子だったという。

機能しない臓器

王巧雲さんは、移植手術の3カ月後、過労で腎臓が機能しなくなった。2006年、王巧雲さんは北京の307軍病院で2度目の腎臓移植を受けた。司子堂さんによると、病院は「腎臓は豊富に供給されている」と話し、2000元(約35万円)で手術を受けた。しかし、移植された臓器は機能せず、手術の翌日に妻は心不全で危篤状態に陥った。

「悪徳の移植医に当たってしまった。医者はすでに臓器の代金を提供側に払ったため、問題のある腎臓と知りながら妻に移植した」

手術6日後、腎臓を取り出す手術が行われた。その際、動脈をしっかり繋ぎ合わせていなかったため、その後2度大出血し、そのつど手術を受けた。4度の手術で合わせて7790mlの輸血を受け、高い数値の抗体が生じたため、今後移植手術を受けられなくなった。

司子堂さん、307軍病院と執刀医を相手取り、医療訴訟を起こした。裁判所は病院側に対して、9万元(約135万円)の賠償を命じた。

司子堂さんは臓器移植を取り巻く関係者から様々な情報を聞いたという。「ある医者は、臓器は死刑判決を下す裁判所から買い取ったと教えてくれた。「銃殺(刑)が執行されたら、武装警察の救急車がすぐに駆けつける。その車の中で、武装警察の制服をまとった医師が(囚人の)臓器を摘出している」

専門家「中国の豊富な臓器バンクの存在証明」

中国臓器移植問題を追う組織「追査国際」代表の汪志遠氏は、王巧雲さんのケースを聞き、短期間で移植用の腎臓が供給されたのは、中国には豊富な臓器バンクがあるとの証明と語った。汪代表は、中国人民解放軍のベテラン軍医だった。渡米してハーバード大学公衆衛生大学院心臓血管研究センターに務めた。

汪代表は国際腎移植協会のデータを引用して、実際に死体のドナーが現れても、移植希望者の身体との組織に適するかどうかを図るマッチングテストで適合する確率は6.5%で、移植手術を行える確率は非常に低い。

中国では文化的に、家族が死体の損壊を忌み嫌うために、ドナーシステムもない2006年までドナーは存在せず、2009年にはわずか120人だったという。

10月8日、英BBCが放送した「誰が信じられるか?中国の臓器移植」と題した調査報道で、記者は、中国の臓器移植界の権威である黄潔夫・元衛生部副部長にこう問い詰めた。「中国の病院に問い合わせたら、すぐに肝移植ができると言われた。どうして可能なのか」

黄氏は「政治的な意図のある質問には答えたくない」と述べ、その場を去った。

(編集・佐渡道世)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人によって『違う色』が見え... | トップ |  本当にいいのか消費税10%!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事