あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

地球に来ている主な宇宙人 その5・・レプタリアン  戦闘性の強い種族で、科学技術に優れています。その中心概念は、進化と競争

2018-08-15 00:00:10 | 日記

危機に立つ日本さんより転載です。

アメリカでは、映画やドラマでよく登場したりしていますので、人間種の中にこうした爬虫類系の魂がいることが

わかっているのではないでしょうか。

進化、発展のみを善としているところがあるので、調和による停滞等を否定して、破壊活動をする傾向があるので

(しかも人間をも食べる)ので、なかなか理解されずらいのではないでしょうか。

様々な人間が魂修行をしているのですが、こうした獰猛な傾向をもつ魂も人間の姿をして共に

学んでいることを知っておくのは大切なことですね。

 

「遠くて近い、宇宙の話。」知っておきたい宇宙人基礎知識/地球に飛来している宇宙人/地球が侵略されない条件 より

https://happy-science.jp/info/2018/38014/

 レプタリアン

◆ 特徴 ◆
戦闘性の強い種族で、科学技術に優れています。その中心概念は、進化と競争。地球文明の興隆期や発展期には、霊的にも肉体的にも地上に大量に現れ、地球の進化を促しているといいます。地球神エル・カンターレに帰依した「信仰レプタリアン」も存在。寿命は長く、1000年以上生きるものもいます。

登場書籍

『レプタリアンの逆襲Ⅰ』、『レプタリアンの逆襲Ⅱ』

『レプタリアンの逆襲Ⅰ』(大川隆法著/幸福の科学出版 刊)

高度な科学技術を持つ爬虫類に似た獰猛な宇宙人レプタリアンの実態に迫る。
地球に飛来する宇宙人の最大勢力である彼らは、同じ種族でありながら、地球侵略を目論む者たちと、地球を守護する「進化の神」へと分かれていった。いったい何が彼らを変えたのか―その秘密に迫る!
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『レプタリアンの逆襲Ⅱ』(大川隆法著/幸福の科学出版 刊)

侵略者から地球の守護神へ。―何が彼らを変えたのか!?
古代より神仏を守護する神獣、青龍・朱雀・白虎・玄武。その正体は、地球の救世主に帰依したレプタリアンだった!
かつて侵略目的で地球に来た彼らが、進化の神へと変化した理由とは?
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

 

地球に来ている主な宇宙人

「宇宙人リーディング」で発見された、地球に来ている宇宙人を紹介します。
もし、特徴が似ている宇宙人がいたら、それはあなたの魂のルーツかもしれません。

https://happy-science.jp/info/2018/38014/

https://happy-science.jp/info/2018/38014/

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
«  地球に来ている主な宇宙人 ... | トップ | 終戦の日にあたって、党声明 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事