あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

南アフリカのマンデラ生誕100周年 人種差別撤廃と民主化に生涯を捧げた闘いの人生 ザ・リバティWeb マンデラ氏霊言「魂そのものには色がありません」

2018-07-20 00:13:50 | 日記

危機に立つ日本さんより転載です。

写真:Alessia Pierdomenico / Shutterstock.com

マンデラ氏の霊言を読みまして、「魂そのものには色がありません」という発言に

とても感動したことを覚えています。

本当に人類にとって強烈なメッセージでしたね。



クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

南アフリカのマンデラ生誕100周年 人種差別撤廃と民主化に生涯を捧げた闘いの人生

 

民族の和解と融合、そして自由をもたらしたマンデラ氏の功績を振り返り、未来につなげるために、各地で「生誕100年」イベントが企画されました。

 

マンデラ氏は、若くして反アパルトヘイト運動に身を投じ、カリスマリーダーとして民主化運動を指揮。1990年、46歳の時に国家反逆罪で終身刑の判決を受け、27年間を獄中で過ごし、解放されたときは72歳でした。

 

1994年、全人種が参加した初の選挙でアフリカ民族会議(ANC)を率いて圧勝。ノーベル平和賞を受賞し、大統領に就任。2013年に95歳の生涯を閉じました。

 

 

黒人と白人の対立を溶かした「寛容の精神」

マンデラ氏は、今も世界中から尊敬を集めています。その大きな理由として、その「愛と寛容の精神」が挙げられます。

 

1990年にマンデラ氏が釈放された時、彼を支持していた黒人は歓喜しましたが、多くの白人は復讐を恐れました。

 

しかしマンデラ氏は、釈放翌日の記者会見で、「白人も同じ南アフリカ人だ。彼らが身の危険を感じるような事態は望んでいない。この国に対する彼らの貢献に、私たちは感謝していることを知ってほしい」と述べました。

 

自分を投獄した白人たちに復讐するのではなく、彼らの罪を許す――。こうした愛と寛容の精神が、それまで根深い人種差別の考え方や、白人と黒人の憎しみ合いを溶かしていきました。

 

 

「魂そのものには色がありません」

2013年12月6日、マンデラ氏が亡くなってから6時間後、氏の霊が大川隆法・幸福の科学総裁のもとを訪れ、公開霊言が収録されました。マンデラ氏の霊は、「人種差別には意味がない」理由について、こんなメッセージを残しています。

 

神が魂を創り、多くの魂が地上に送り込まれました。ある人は白人として生まれ、ある人は黄色人種として生まれ、ある人は黒人として生まれていますが、彼らは根本において平等なのです。(中略) 魂そのものには色がありません。魂は透明です。色はありません。魂とは考えるエネルギーであり、活動するエネルギーにほかなりません。これが宗教の本当のポイントです。これが平等と自由の、本当のポイントなのです

 

マンデラ氏の霊はまた、日本人について、「あなたがたは、いい人たちです。神によって啓蒙され、神の推薦を受けた、非常に特別な存在です。非常に特別な、神の民です」と述べた上で、次のように語りました。

 

以下、詳細は本サイトでご覧ください。

ネルソン・マンデラ ラスト・メッセージ

著者 大川隆法

発刊元 幸福の科学出版

発刊日2013-12-19

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1075

世界の人びとへ
伝えておきたいことがある。


「真理」や「正義」――神のためならば、
どんな困難も乗りこえてゆける。
その世界平和への願いと理想、信念は、
肉体が滅びても決して消えることはない。
この一冊に、マンデラ氏の真意がある。


【日英対訳】
死後6時間――復活インタビュー!

人種差別と戦い、27年もの投獄に耐え、
民族融和の理想を貫いた偉大なる指導者。

その不屈の信念は、どこから生まれたのか。

はじめに
1 死後6 時間目の復活…
2 大川隆法総裁を訪ねて…
3 第二次大戦と日本、そしてアパルトヘイト
4 忍耐の日々
5 アフリカへの念い
6 中国と民主主義
7 魂に「肌の色」はない
8 最後のメッセージ
9 霊言を終えて


【関連書籍】

大川隆法著『ネルソン・マンデラ ラスト・メッセージ』幸福の科学出版

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1075

 

【関連記事】

2017年10月号 愛と許しの心で差別はなくせる - ネルソン・マンデラ財団 ヤセ・ゴドロー氏インタビュー

https://the-liberty.com/article.php?item_id=13410

 

2015年7月26日付本欄 「不屈の闘士」ネルソン・マンデラの生涯に学ぶ【3分で学ぶ世界の教養】

https://the-liberty.com/article.php?item_id=9970

 

2015年7月号 幸福の科学グループが支援活動 震災に乗じる中国からネパールを守れ - The Liberty Opinion 1

https://the-liberty.com/article.php?item_id=9675

コメント

新たな霊言の開示 「宇多田ヒカル―世界の歌姫のスピリチュアル・シークレット」

2018-07-20 00:12:55 | 日記

危機に立つ日本さんより転載です。

期待していた会員さもいらっしゃったと思います!
 


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

 
新たな霊言の開示

☆★☆★☆★☆★☆★☆

幸福の科学グループ創始者兼総裁
大川隆法先生

「宇多田ヒカル―世界の歌姫のスピリチュアル・シークレット」

☆★☆★☆★☆★☆★☆

この度、主より新たな霊言「宇多田ヒカル―世界の歌姫のスピリチュアル・シークレット」を賜りました。主の大いなる御慈悲に心より感謝申し上げます。

【開示日】
≪本編[105分]≫
7月21日(土)


【開催場所】
幸福の科学全国支部・精舎
(布教所での開催はありません)



☆-☆-☆-☆-☆

【宇多田ヒカル(1983~)】

シンガー・ソングライター
1998年12月にリリースされたデビューシングル「Automatic/time will tell」はダブルミリオンセールスを記録、15歳にして一躍トップアーティストの仲間入りを果たす。ファーストアルバム「First Love」はCDセールス日本記録を樹立。
2010年、「人間活動」を宣言し一時活動休止期間に入ったが、2016年4月に配信シングル「花束を君に」「真夏の通り雨」のリリースによってアーティスト活動を本格始動する。
2017年、3月ソニー・ミュージックレーベルズ(EPICレコードジャパン)に移籍。移籍後「大空で抱きしめて」、「Forevermore」、「あなた」を配信。
2018年、デビュー20周年を迎え、レーベル移籍後初となる7枚目のオリジナルアルバム「初恋」をリリース。

☆-☆-☆-☆-☆

◇衝撃の霊的真実が明かされた!
母、藤圭子の霊言も収録。

この度、今、「初恋」で注目を浴びている、宇多田ヒカルの守護霊霊言を賜りました。

今世の使命や、驚くべき過去世の転生が明かされた、本守護霊霊言は、信者をはじめ、宇多田ヒカルファンや藤圭子ファン、当会の映画に関心を持っている方などにお勧めです。

【Point】
◆妊娠・出産後に本格的に復帰した理由とは?

◆なぜ、歌詞を書くより先にメロディーを創り出すのか?

◆宇多田ヒカルの今世の壮大な使命とは?

◆驚愕!全地球的、宇宙的スケールの転生の数々!!――ある惑星にいた時の楽曲が地上に降ろされる様子を公開!

◆今後の活動の抱負と、ファンへのメッセージ。

◆母、藤圭子はあの世でどうしているのか?

☆-☆-☆-☆-☆

【拝聴者の声】

・決して「自分がすごい」とは言わない謙虚な姿勢にとても感動しました。(30代男性)

・なぜ、宇多田ヒカルの歌は、私たちの心を打つのか、その秘密がよくわかりました。(40代女性)

☆-☆-☆-☆-☆

○下記にアクセスすると、最新御法話・霊言の公開情報一覧を閲覧することができます!
http://info.happy-science.jp/lecture/#

○Youtube幸福の科学公式チャンネルに御法話・霊言のCM動画を一般公開しています!

【幸福の科学公式チャンネル】
https://www.youtube.com/user/HappyScienceChannel
コメント

韓国大統領の支持率が 61.7%へと急落、2ヶ月前で20%を超える大幅な下落に

2018-07-20 00:12:05 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

ムン・ジェインの支持率が61.7%へと急落、2ヶ月前で20%を超える大幅な下落に

文大統領の支持率61.7% 下落幅が就任後最大(聯合ニュース)

http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/5391597.html
韓国の世論調査会社リアルメーターが19日発表した調査結果によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週より6.4ポイント下落の61.7%と集計された。昨年5月の就任後、最低となった今年1月第4週(60.8%)に次いで低い。下落幅は就任後で最も大きくなった。一方、不支持率は32.3%。 

調査は16~18日に全国の成人1504人を対象に実施された。支持率の急落には、中小・零細企業が反発する最低賃金の大幅な引き上げ決定などが影響したとみられる。職業別では自営業での支持率下落幅が12.2ポイントで最も大きかった。 
(引用ここまで)

 ムン・ジェインの支持率が下落基調。
 ぼろぼろの扱いをされていた中国訪問後ですら68.7%という異常な支持率だったものが、これといった理由もなく61.7%。
 去年の5月に就任してから1年と2ヶ月ちょっと。
 1年経過時の支持率は南北首脳会談もあって83%でしたが。
 そろそろいくばくかの韓国人が「あれ、こいつが国家元首だったら幸せになれないんじゃないの?」と気がつきはじめたところですかね。
 アーリーアダプターくらいまでが気がついているという感じになるのかな。

 まあ、客観的に第3国からの視線だと、大統領選の時点でそんなことは決まっていたのですけど。
 とはいえ、他の候補を選んだところで大差はなかったのではないかと思われます。全員の公約が「2020年には最低賃金1万ウォン」って言ってましたからね。

 まだそれでも国民の3/5が支持しているのですから立派なものじゃないですか。
 このまま公約を貫き通す大統領であって欲しいですね。

 

 

コメント

【ニュース】米露首脳会談でトランプ・プーチンが激突! 米中貿易戦争はどう動く!?【ザ・ファクト2018.07.18】

2018-07-20 00:09:56 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

【ニュース】米露首脳会談でトランプ・プーチンが激突! 米中貿易戦争はどう動く!?【ザ・ファクト2018.07.18】

2018/07/18 に公開
■主な内容■ ・新番組のお知らせ「中国人による北海道の土地買収問題」 (00:24~)
・米露首脳会談でトランプ・プーチンが激突! 米中貿易戦争はどう動く!? (03:48~)
・みなみの今週のニュース (45:13~) 「国際秩序の動揺は収まらない」 「米露首脳会談はプーチン氏勝利」
「もはやトランプは米安全保障上の脅威」 7月16日の米露会談について、世界中のマスコミは
トランプ批判に終始しています。 しかし、番組の中でコメンテーターの及川幸久氏は
「会談の評価は180度違う」と発言しています。
マスコミが報じない“米露会談の中身”を 今回の会談が米中貿易戦争が与える影響も踏まえて
THE FACT独自の視点で解説しました。
 
【出演者】 里村英一(幸福の科学広報局)
奥津貴之(ザ・ファクトプロデューサー) みなみ(アシスタント) 及川幸久(幸福実現党 外務局長)
 
コメント

「ご先祖様は宇宙人」というアメリカ先住民たちの今も続く宇宙人との交流  2018.07.19

2018-07-20 00:08:40 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14669 The Liberty Webより

「ご先祖様は宇宙人」というアメリカ先住民たちの今も続く宇宙人との交流

UFO学では「人類のルーツ」も研究対象になっている。UFO学というからには当然のことながら、人類史に宇宙人という要素が加わるからだ。

一般的に知られているのは、宇宙人が古代の地球に飛来して人類を創造し、文明を授けたと考える「古代宇宙飛行士説」だ。ところが、「地球人自身が元々、地球に飛来した宇宙人であり、自分たちはその子孫だ」と主張する人々も存在する。

「我々は宇宙人の子孫だ」と信じ、子々孫々、伝え続けているのは 、北米インディアンや中米のマヤ人など先住民と呼ばれる人たちだ。彼らは、現在も人知れず「スカイピープル」とコンタクトし続けているという。

自らもまた北米インディアンの血をひく米モンタナ州立大学名誉教授のアーディ・S・クラーク博士が、保留地の内外に住むインディアンたちのUFO遭遇体験を取材。他に類を見ないコンタクトの数々を初めて公表し、大きな反響を呼んだ。

集めた数は1500を超えており、まだまだ増える予定である。

極めて現実的なアメリカ先住民たちの遭遇レポート

今までの一般的な欧米のUFO研究者たちによるUFO遭遇レポートは、主としてチャネリングや退行催眠を介した報告であるが、クラーク博士によるアメリカの先住民たちの遭遇レポートは、人と人がごく普通に触れ合うような極めて現実的なものであり、それが現在も続いているのである。

世に衝撃を与えた証言の数々は証拠になる写真などは無く、彼らの平凡な日常生活の一部として静かなトーンで淡々と語られている。そのことが、先祖代々伝承され、当たり前のように受け入れてきたことの証ともいえるだろう。

下に挙げる2つの例は、そのごく一部の要約だが、宇宙人は想像以上に地球人と日常で関わっていることがわかる。

  • 中米ベリーズに住むマヤ人のある高齢男性は、子供のときから、何度も地球のはるか上空に浮く大きな宇宙船に連れていかれる。そこには他の色々な惑星から来た人たちが仕事をしている。宇宙船内は森になっており、男性はそこでジャングルなどの植物の知識を彼らに教えている。その宇宙人の星は大災害に何度も遭い、植物を失い、あちこちの惑星から植物を移植している。現在は、彼の弟子にあたる若者がその役を引き継ぎ、その若者もまた時々姿を消すという連絡が彼の寄宿学校から来るという。(『超古代マヤ 人から連綿と続く宇宙人との繋がり SKY PEOPLE』アーディ・S・クラ―ク著 元村まゆ訳 ヒカルランド)
  • 北米のインディアン保留地育ちのある男性は、曾祖父から代々、"スターピープル"がやってきて池の水を宇宙船に汲んでいくのを見守っている。彼らは水を必要としており、どのように蓄えているのかも見せてくれたという。彼らの星の文明や地球の問題点などについても語り合った。宇宙人は、着陸して点検や修理をする必要があり、その"守り人"をする地球人は世界中にいるという。次はこの男性の甥が引き継ぐ予定で、甥は最近、宇宙船で小旅行に連れて行ってもらったということだ。(『スターピープルはあなたのそばにいる アーディ・クラーク博士のUFOと接近遭遇者たち 上』アーディ・S・クラーク著 益子祐司訳 明窓出版)

UFOや宇宙人に疑いを抱かない先住民

"お隣さん"とのおつきあいのように、ごく普通に宇宙人と交流している先住民たちは、自分たちは元々宇宙人だったが、大災害などで文明が失われたと信じているから、UFOや宇宙人の飛来に何の疑問も感じていない。だからこそ宇宙人たちも安心して姿を現すようである。マスコミなどに大騒ぎされる事を恐れ、すべては仮名であり、人や場所は特定できない。信じる信じないは読む人の自由である。

クラーク博士の遭遇レポートには、よく報告されているような、強制的に宇宙人とのハイブリッドを妊娠させられるような体験も含まれており、すべてが良い交流ばかりではない。地球人が多様であるように宇宙人にも多くの種類がいて、それぞれに思惑があって密かに行動しているようだ。

前出のマヤ人の男性は「いつか人間がもっと優しくなったら、(彼らは)コンタクトをとると言っている」という。現在進行形の遭遇体験であり、今後まだまだ新たな事実が明らかになってゆくだろう。(純)

コメント