紫陽花記

エッセー
小説
ショートストーリー

「とある日のこと」冬湖上

2017-12-14 16:22:55 | 「とある日のこと」2017年度
冬紅葉零れて湖面染にけり
(ふゆもみじこぼれてこめんそめにけり)
 
日帰りバス旅行で房総・亀山湖へ出かけた。
続いているバス事故のニュース。それに伴い、運転者の勤務体制が厳しくなり、4時間の運転時間の内30分の休憩を取らねばならない規則になったとか。往復の休憩地では15分ずつシッカリと休憩。命を預ける側としては有難い。

 亀山湖は、以前行ったことのある農溝の滝に近い場所。地図上で見る限りでは、山々の間を縫うような地形。一番広いところが観光地として整備されていた。オレンジ色のライフジャケットを着用し、バスの乗客17人と添乗員とで、24人乗り観光遊覧船に乗る。一列3人ずつ船の端から渡した一枚の板の椅子に座る。動くと怖いのでじっくりと腰を下ろす。日本でも最後に見頃になるという紅葉の名所。人造湖の水深25mの水面には近づけば美しい紅葉が映る。同じような船が行き交う。少人数用の舟や釣り目的の舟もチラホラ湖上に浮かんでいた。乗船30分の間写真を撮る。船上からは紅葉。水面には流木が見られる。湖底に沈んだ木々が腐って浮き上がってきているのだろうか。青緑の水藻が大きな面積で漂っている。水上が怖いはずの自分を忘れていた。

 昼食は館山市の『季の音』。百年の古民家を改装した店舗。以前は村長さんの屋敷。立派な門構えを入ると日本庭園が迎える。赤い毛氈の縁台があちこちに置かれていた。玄関は広く靴入れ完備。暗い色調の内装と障子の白。百年の歴史を壊さない工夫と現代人に沿う工夫が優しい。師走の献立で釜焚き飯のランチ。彩り豊かな御膳が美味。午後は、「千倉オレンジセンター」で蜜柑狩り。