AZAbridge(あざぶりっじ)麻布大学サイエンス・キャリアカフェ

6/30は、パンダの飼育員さんが登場☆ここだけのパンダトーク!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【終了】6/30『パンダと私』パンダ飼育員の登場!

2018-05-29 18:23:42 | イベント案内

昨年、上野動物園でシャンシャンが生まれて、大きな話題になりましたが
では、日本でもっともパンダがたくさんいる場所といえば、どこでしょうか?

答えは、和歌山県白浜にある、アドベンチャーワールド
愛情たっぷりに子育てをする母パンダのラウヒンと
すでに15頭の子パンダの父であるエイメイを筆頭に
双子のオウヒンとトウヒン、末っ子のユイヒン
5頭がのんびりと生活しているところを見ることができます

お気づきでしょうか、そうなんです、この5頭は家族なんです
ここ、アドベンチャーワールドは、パンダの繁殖で世界から注目されている場所なんです!!

今回のゲストは、そんなアドベンチャーワールドで、パンダの飼育員になる夢を叶えた卒業生

末っ子ユイヒンが誕生した時にはリーダーも務められた、遠藤倫子さんにお話しを伺います。
パンダの繁殖大成功の舞台裏から、パンダ担当になるまでの険しい道のりまで!!

パンダ愛に満ちたここだけのパンダトークパンダ好き、集まれ

 

【日時】2018年6月30日(土)13:30~15:00

 

【話題提供者】遠藤倫子さん(アドベンチャーワールド、麻布大学卒業生)

 

【ファシリテータ】明石雅子さん(科博SCA、国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ)

 

【会場】ドッグカフェ「ウィンドチャイム」(麻布大学獣医学部棟横)
アクセス:JR横浜線 「矢部駅」から徒歩5分
※麻布大学までのアクセスはコチラhttps://www.azabu-u.ac.jp/access/

【参加費】無料

【対象】どなたでも(麻布大学学生、付属高校生徒優先枠有)
※内容は、高校生以上向けです

【定員】25名程度(事前申し込み、先着制)

【申込み方法】下記の申込みフォームよりお申し込みください。

 

本イベントは終了しました。

※azabridge.cafe@gmail.comからのメールを受信できるように、設定のご確認をお願い申し上げます。(@は、半角文字)
※お申込から数時間経過しても返信がない場合には、恐れ入りますが、主催者azabridge.cafe@gmail.comまでお問合せください。(@は、半角文字)
※6/6ご家族2名様でお申込頂き、自動返信が届いていらっしゃらない方、お申込は完了しております。ご来場お待ちしています。
※6/19、6/23にお申込頂いた麻布大生の方、お申込完了しております。ご来場お待ちしています。

本イベントは終了しました

【主催】麻布大学、科博SCAあざぶりっじ分科会
※科博SCAあざぶりっじ分科会は、本イベントのコーディネータを務めます古垣内彩(麻布大学卒業生)が所属する、国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ養成実践講座の修了生によって、社会と科学をつなぐ活動をすることを目的に設立された組織である科博SCAの分科会です。

【注意事項】
※パンダはきません。
※当日は、研究・広報のために、写真や動画の撮影を行う場合があります。また、ICレコーダー等での録音・記録は主催者のみとさせていただきます。写真等に撮影されることについて差し障りのある方は、当日その旨を主催者へお申し出ください。
※本イベントの模様やアンケート結果は、主催者のウェブサイトや学術発表等で公表することがあります。本イベントで出されたコメントは、個人が特定されない形で公表される場合があることを予めご了承のうえ、お申込みください。参加者の皆さまにおかれましても、本イベントの内容や写真をご自身のブログや SNS 等へ掲載される場合には、発言内容など 個人の特定につながらないようご配慮をお願いします。ご心配な点やご不明な点がございましたら、主催者へお問合せください。


※お送り下さいました個人情報は、本イベントおよび主催者からの今後のご案内にのみ 使用いたします。




【終了】獣医さんのお仕事~獣医療を支えるペットフード開発~

2018-04-25 09:35:37 | イベント案内

麻布大の卒業生って今なにをしているの?20、30代働き盛りの先輩たちに聞いてみよう!

お気軽にどうぞ!当日参加も歓迎です☆下記の参加申込フォームにご登録いただくと参加の際の受付がスムーズです。

獣医さんのお仕事って、病気の動物の診察、治療でしょう?

いえいえ、それだけではありません

獣医師としての知識や資格を活かして、診療以外の部分で動物たちの為に働く獣医さんをご紹介します

 

今回の話題提供者は、日々の生活から動物たちの健康を守りたい!と栄養学を学んだ大石亮さん。

獣医師としての資格はもちろん、獣医学博士としての知識や経験も生かして、ペット用の治療食や予防食の研究開発に携わっている麻布大学の卒業生です

 

獣医師志望の方はもちろん、ペットフード開発に関心のある方もぜひご参加ください

麻布大学大学院での研究話も聞けるかも

みなさま、お気軽にどうぞ!

 

【日時】2018年6月3日(日)1回目13:00~14:00 2回目15:00~16:00

【話題提供者】大石亮さん(麻布大学卒業生 獣医学博士)

【ファシリテータ】廣谷美咲さん(国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ)

【会場】ドッグカフェ「ウィンドチャイム」(麻布大学獣医学部棟横)

アクセス:JR横浜線 「矢部駅」から徒歩5分

※麻布大学までのアクセスはコチラhttps://www.azabu-u.ac.jp/access/

【対象】在学生、在校生、中高生、保護者のみなさま

(当日までに定員に満たない場合、ミニ・オープンキャンパス参加者のみなさまもお申込み不要でご参加いただけます)

【参加費】無料

【定員】20名(事前申し込み、先着制)

【申込み方法】下記の申込みフォームよりお申し込みください。

本イベントは終了しました

※参加する回によって申込みフォームが異なりますので、ご注意ください。

※azabridge.cafe@gmail.comからのメールを受信できるように、設定のご確認をお願い申し上げます。(@は、半角文字)

※お申込から数時間経過しても返信がない場合には、恐れ入りますが、主催者azabridge.cafe@gmail.comまでお問合せください。(@は、半角文字)

 

【主催】麻布大学、科博SCAあざぶりっじ分科会

※科博SCAあざぶりっじ分科会は、本イベントのコーディネータを務めます古垣内彩(麻布大学卒業生)が所属する、国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ養成実践講座の修了生によって、社会と科学をつなぐ活動をすることを目的に設立された組織である科博SCAの分科会です。

 

【注意事項】

※当日は、研究・広報のために、写真や動画の撮影を行う場合があります。また、ICレコーダー等での録音・記録は主催者のみとさせていただきます。写真等に撮影されることについて差し障りのある方は、当日その旨を主催者へお申し出ください。

 ※本イベントの模様やアンケート結果は、主催者のウェブサイトや学術発表等で公表することがあります。本イベントで出されたコメントは、個人が特定されない形で公表される場合があることを予めご了承のうえ、お申込みください。参加者の皆さまにおかれましても、本イベントの内容や写真をご自身のブログや SNS 等へ掲載される場合には、発言内容など 個人の特定につながらないようご配慮をお願いします。ご心配な点やご不明な点がございましたら、主催者へお問合せください。

※お送り下さいました個人情報は、本イベントおよび主催者からの今後のご案内にのみ 使用いたします。


【終了 】「食べたい!」から考える食の仕事-極上牛肉編-

2018-02-07 10:15:34 | イベント案内

本日、麻布大学ドックカフェで開催!

当日参加も大歓迎です☆お気軽にどうぞ!

 

「食べる」って大事ですよね☆

麻布大学では学部を問わず「食」に関わる仕事に就く卒業生がたくさんいます!

入学当初から「食」に関心がある人はもちろん、勉強していくうちに興味が沸いてきちゃう人も!


というわけで、第11回のテーマは、「」しかも極上牛肉です。

世界一美味しい牛肉を多くの方に提供したいという想いを持って、ウシの買い付けから、お店での提供まで手掛ける先輩と奥深い食の世界をのぞいてみませんか?

□最高級牛肉って定義があるの?

□こだわりポイントは、血統と飼育期間?

□その行列店、テレビで見ましたよ~

□ぶっちゃけ、女性は大変?

□その資格、役立つの??

 

し・か・も、話題提供者の佐藤理香さんは会社の経営をされる立場にもある方です。採用側のホンネも聞いてみちゃいましょう。

□どんな学生を採用したい?

□採用で性別は関係してくる?

□起業、経営のススメ?

オモシロ楽しいトークで先輩のホンネを聞いていきます♪ご気軽にどうぞ!

 

『第11回AZAbridge「食べたい!」から考える食の仕事-極上牛肉編-』

【日時】2018年3月25日(日)

1回目:13:00~14:00 2回目:15:00~16:00 (各回内容は同じです)

 【申込み方法】お申込フォームからお申し込みください。

このイベントは終了いたしました。

沢山のご参加ありがとうございました。

 ※azabridge.cafe@gmail.comからのメールを受信できるように、設定のご確認をお願い申し上げます。(@は、半角文字)

 

【話題提供者】佐藤理香さん(サトウ食品株式会社・麻布大学卒業生)

【ファシリテータ】湯沢友之さん(国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ)

【会場】ドッグカフェ「ウィンドチャイム」(麻布大学獣医学部棟横)

 アクセス:JR横浜線 「矢部駅」から徒歩5分

 ※麻布大学までのアクセスはコチラ(https://www.azabu-u.ac.jp/access/)

【対象】麻布大学・大学院、付属高等学校の在学生、高校生・高卒生、保護者

【参加費】無料

【定員】各回20名(事前申込優先、先着制)

【主催】麻布大学、科博SCAあざぶりっじ分科会

 ※科博SCAサイエンスカフェ分科会は、本イベントのコーディネータを務めます古垣内彩(麻布大学卒業生)が所属する、国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ養成実践講座の修了生によって、社会と科学をつなぐ活動をすることを目的に設立された組織である科博SCAの分科会です。

 

【お問合せ】azabridge.cafe@gmail.com(@は、半角文字)までメールでお気軽にお問合せ下さい

※運営の性質上、お返事までに数日かかる場合もございますが、ご了承ください

※azabridge.cafe@gmail.comからのメールを受信できるように、設定のご確認をお願い申し上げます。(@は、半角文字)

【注意事項】

※当日は、研究・広報のために、写真や動画の撮影を行う場合があります。また、録画・録音・記録は主催者のみとさせていただきます。写真等に撮影されることについて差し障りのある方は、当日その旨を主催者へお申し出ください。

※本イベントの模様やアンケート結果は、主催者のウェブサイトや学術発表等で公表する ことがあります。本イベントで出されたコメントは、個人が特定されない形で公表される場合があることを予めご了承のうえ、お申込みください。参加者の皆さまにおかれましても、 本イベントの内容や写真をご自身のブログや SNS 等へ掲載される場合には、発言内容など 個人の特定につながらないようご配慮をお願いします。ご心配な点やご不明な点がござい ましたら、主催者へお問合せください。

※お送り下さいました個人情報は、本イベントおよび主催者からの今後のご案内にのみ 使用いたします。


2017年度AZAbridge事前登録ページ

2017-11-29 13:55:55 | お知らせ

 

AZAbridge(あざぶりっじ)は、麻布大の先輩の職業紹介や先生方の研究紹介を行うトークイベントです

定員約20名の少人数制で、普段ちょっと聞けないことまで色々聞き出しちゃおうという主旨で開催しています。

とはいえ、質問しづらい…という方でも、心配無用です

専門の司会、進行務めるファシリテータが、参加者さんの代わりに色々話を聞き出してくれます

次回は、2018年3月25日(日)麻布大学ミニ・オープンキャンパスとの同時開催予定です! 

ちなみに昨年度は、6回開催しました☆

【昨年度のイベント】

第1回「どうぶつといっしょにはたらきたい!ー動物の栄養士?!-」飼料系職業紹介(動物応用科学科卒の先輩)

第2回「薬のタネを咲かせるまでーチームワークで生み出す新薬ー」製薬系職業紹介(動物応用科学科卒の先輩)

第3回「毎日使ってほしいんだーこれが、蛇口のホンネですー」研究紹介(生命・環境科学部 大河内准教授)

第4回「マウスにききたい恋愛のはじめ方」研究紹介(動物応用科学科卒の先輩)

第5回「伝える仕事:科学コミュニケーター」(獣医学科卒の先輩)

第6回「研究室ってどんなとこ?」(現動物応用科学科&現食品生命学科の先輩)

 

今年度も同様に、2か月に1回程度開催予定です。

今年度から事前登録された方に、イベントのお申込開始前に先行開催告知メールを配信いたします。

ぜひ、ご登録ください!(少人数制で先着順のため、興味のある方は、登録をお勧めします☆)

 こちらのフォームから登録してくださいhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/d431594e503963

※イベントへの参加申込は、各回ごとにお申込フォームからしていただくため、配信されるのは、開催告知と事前申込ページへのご案内です。

※お申込完了の自動返信メールが配信されます。azabridge.cafe@gmail.com(@は、半角に変換してください)からのメールを受信できるように設定をお願いいたします。

 

<AZAbridge運営体験希望の方へ>

AZAbridgeは、各回ごとに話題提供者(先輩)とファシリテータ(司会)が変わるイベントです。

そのため、コーディネータの古垣内を中心に、毎回どのようなイベントにするのか相談して企画を立ています。

イベントの企画、運営に興味がある方、ぜひ体験してみませんか?(1回のみ参加でもOKです)

ご希望の方は、上記の登録フォーム内の「運営体験を希望する」をご選択ください。

※後日、個別にご連絡差し上げます。

 

↓↓こんなことをやります↓↓ 1回の開催で、主にメールやLINEでやり取りして、1,2回顔を合わせて企画会議の予定です

◆どんな先輩or先生に、どんな話をしてほしいか考える

◆登壇してくださる先輩、先生との打合せ(じっくりお話できちゃいます

◆イベントタイトル、キャッチコピー、広報文、ポスターを考える

◆広報&お申込受付開始

◆イベント当日の運営


【終了】第10回AZAbridge「職業:胚培養士」をご紹介します! 麻布大学キャリアカフェ

2017-09-08 10:40:31 | イベント案内

本イベントは、終了しました。

AZAbridge麻布大学キャリアカフェで、OB訪問!

第10回は、都内の医院で胚培養士(はいばいようし)として働く先輩をお呼びします

胚培養士(はいばいようし)とは…
□勤務場所:産婦人科や専門医院
□職種:医療系技術職
□職務:生殖細胞(卵子や精子)を扱うスペシャリスト。主に不妊治療の現場で活躍
□職場環境:女性多め?男性もいますよ!
□資格:就職後に取得(要実務経験)
□年収:???
□結婚・子育て:職場によって差があり
□転職・再就職:しやすい

 「将来の夢、胚培養士」という方、あまりいないと思います

今回は、かなりレア?な職業「胚培養士」のお仕事をご紹介します!

日々進歩する技術と向き合う最先端の現場、ART(生殖補助医療)の世界をのぞいてみましょう~

 

また、最近「卵子」や「精子」が老化する…という話がニュースなどで話題になるようになってきました

将来のキャリアプランを考える中で、「子どもを持つ選択肢」もライフステージに組み込まれてくるイベントのひとつ

まだ先の話…かもしれませんが、自分に関係ないうちから意識してみませんか??

 

『第10回AZAbridge「職業:胚培養士」を紹介します!』

【日時】2017年10月29日(日)

   1回目:13:00~14:00 2回目:15:00~16:00 (各回内容は同じです)

【申込み方法】本イベントは、終了しました。

 ※azabridge.cafe@gmail.comからのメールを受信できるように、設定のご確認をお願い申し上げます。(@は、半角文字)

【話題提供者】柴尾友里恵(胚培養士・麻布大学卒業生)

【ファシリテータ】湯沢友之(国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ)

【会場】ドッグカフェ「ウィンドチャイム」(麻布大学獣医学部棟横)

アクセス:JR横浜線 「矢部駅」から徒歩5分

※麻布大学までのアクセスはコチラhttps://www.azabu-u.ac.jp/access/

【対象】麻布大学・大学院、付属高等学校の在学生、他校の学生、保護者

    テーマに関心のある一般の方もご参加いただけます

【参加費】無料

【定員】各回20名(事前申し込み、先着制)

【主催】麻布大学、科博SCAあざぶりっじ分科会

※科博SCAサイエンスカフェ分科会は、本イベントのコーディネータを務めます古垣内彩(麻布大学卒業生)が所属する、国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ養成実践講座の修了生によって、社会と科学をつなぐ活動をすることを目的に設立された組織である科博SCAの分科会です。

 

【お問合せ】azabridge.cafe@gmail.com(@は、半角文字)までメールでお気軽にお問合せ下さい。

      運営の性質上、お返事までに数日かかる場合もございますが、ご了承ください。

      ※azabridge.cafe@gmail.comからのメールを受信できるように、設定のご確認をお願い申し上げます。(@は、半角文字)

 

【注意事項】

※本イベントは、胚培養士の職業紹介がテーマで、不妊治療に関する相談会ではありません。不妊治療に関しての胚培養士への個別相談は、ご遠慮ください。

※当日は、研究・広報のために、写真や動画の撮影を行う場合があります。また、ICレコーダー等での録音・記録は主催者のみとさせていただきます。写真等に撮影されることにつ いて差し障りのある方は、当日その旨を主催者へお申し出ください。

 ※本イベントの模様やアンケート結果は、主催者のウェブサイトや学術発表等で公表する ことがあります。本イベントで出されたコメントは、個人が特定されない形で公表される場合があることを予めご了承のうえ、お申込みください。参加者の皆さまにおかれましても、 本イベントの内容や写真をご自身のブログや SNS 等へ掲載される場合には、発言内容など 個人の特定につながらないようご配慮をお願いします。ご心配な点やご不明な点がござい ましたら、主催者へお問合せください。

※お送り下さいました個人情報は、本イベントおよび主催者からの今後のご案内にのみ 使用いたします。