鮎釣りブログ ~ 根がかりおやじの鮎友日記 ~

あゆ釣り・ともだち
おいしいごはん

古座川解禁二日目 「 おー パラダイス! 」

2018年06月05日 | たのしい鮎釣り
6月2日。  古座川解禁二日目は6時に目が覚めました。

6時半に朝食をしっかりいただいて7時過ぎには宿をあとにしました。


いいお天気で、鼻うた唄いながら走っていましたが…

オトリを取りに行って愕然としました。




真っ白…


養殖と小さめの天然2匹だけが元気に泳いでいましたが、それ以外は全滅でした。


ほかのみなさんのオトリ缶もチラと覗いてみましたが、隙間から白いお腹がいっぱい見えました。

やはり「 アレ 」の影響なのでしょうか…


まだ食べられる状態だったので、冷凍してもらいました。

今回の釣行にご協力いただいた「 関係先 」の皆さんに召し上がっていただきましょう。


気を取り直して2匹のアユとともに川に向かいました。


この日もかっぱくんと蔵土で合流する約束でした。




かっぱくん、右岸側から竿を伸ばしていました。


「 おはよー かっぱくーん 釣れてるかあー? 」

「 ちいさいのがすこーし 」

「 支流にいってみるわー 」

「 わかりましたー ぼくは上流行きまーす 」


解禁前日の夕方、川見をしていて、小川に気になるポイントがいくつかありました。

そのときより魚影は薄いように感じましたが、小さいのが走っているのが見えたのでそこに入ることにしました。


「 小さいのが見えたら大きいのもおる! 」わたくしの根拠のない確信であります ^^;




小川と云えば、これまであまりいい想い出はございません。  さて、どうなるでしょう…




竿を出したのはこんなところばかりでした。

流芯から対岸にかけて小さいのが走り回っています。  まわりにはだれもおられません。  瀬・トロ・チャラ… 全部独り占めです ^^v


9時すぎに養殖くんを泳がせると…




すぐに掛かりました。  きれいなサカナです ^^


これを泳がせますがなかなか掛かりません。  小さいのがオトリにまとわりついているのが見えますが、掛かってくれません。

ハリスを長くして、オトリを止めて浮かせるようにして…




ぽろ…




ぽろ…




ぽろと掛かりはじめました。


そして10時を過ぎたころから…


入れ掛かりになりました。


オトリをシモに出して、カミへ泳がせて行くと、必ずどこかで反応がありました。


まぁ、掛かったサカナを見てください。
































魚体はいずれも美しく、ときおりちいさいのも掛りましたが、このとおり多くは型も申し分ありませんでした。




夕方には大阪に戻っていたかったので、12時半に竿を置きました。


時速10匹。  ぞんぶんに楽しませていただきました ^^v




ポンプ3つの「 完全延命措置 」をほどこして王子町へ…




これは名人の四村の釣果。


肝掛かりの一匹が死んでしまい、すし豊ジュニアがおなかを絞ってみたら、大量の砂が出てきました。

そんなに増水していたのでしょうか…


帰宅してスロット回しました。




初回に続いて2回目も目掛かりでした。

しかしそんなことどーでもいいのです。


晴天の下、きれいな水に浸かって、あんなにたのしい釣りができて、「 なーんもいうことありまっしぇん! 」^^


来週は四国だっ!  アユ釣りバンザイッだっ!  雨降らんといてくれっ!









ご訪問いただきありがとうございました。
もしよろしかったら、下のボタンをぽちっとしてくださいませ。

コメントもいただければ幸いに存じます。


あなたは 「 ポチッ 」 と したく なぁ~ る~


『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
« 古座川解禁好釣果 「 やっ... | トップ | 古座川でのもう一つのうれし... »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひょっとして (おにやんま)
2018-06-05 09:15:12
いや間違いなく一日目より内容が濃いんとちゃいます?
本流の鮎も美味しいけど、小川は更に上を行くように思うんです。
川の雰囲気も良いし、ましてこのポイントはおやじさんのど真ん中だったりして。
ピャラダーイス \(^_^)/ (hakuju)
2018-06-05 10:24:40
発見ですね~(^o^)v
6分に1匹ペース、うらやましいo(^o^)o
わたしは60分に1匹ですわ(。>д<)
しげぞうに笑われますよ^^ (7年目)
2018-06-05 13:59:13
アップルのシールって^^
はい! ^^ (おやじ)
2018-06-05 17:58:23
とても内容の濃い釣りができました! ^^v
朝、アユがぷかぷか浮いてるのを見たときはアカンと思いましたが、気持ちを切り替えるということはとても大事なことですね ^^
とてもきれいな水、にきれいなサカナ。 それがドチャラで入れ掛かり…
どストライクでした ^^v
ああいうポイントはきっとシーズン後半も楽しめると思います。
ちょっと早いけど、いまから楽しみでなりません ^^
もちろん、その前にまた行きたい… ^^;
たぶん… (おやじ)
2018-06-05 18:01:31
「小川はアカン」て言われてたので、解禁日誰も手をつけなかったんでしょうね ^^
あんな感じのところであんな釣りができる…
おおきな発見でした ^^
古座川がますます好きになりました ^^
ハクジュさん、いっかい一緒に行きましょ! ^^v
あのバックルが… (おやじ)
2018-06-05 18:04:50
すぐ外れて落ちるんです。
あれ貼っとくと、川原で落としても見つけやすい。
今回、真ん中のバックルを川の中で落としたみたいで、流れてしまったのか、見つけられませんでした。
あれはあれでちゃんと意味があるんです。
ただいま (おにやんま)
2018-06-05 18:16:26
鮨豊さんにいます。
これからおやじさんの鮎いただきます。
背ビレの非常に長い、見事な鮎ですね。
なにっ! (おやじ)
2018-06-05 19:58:28
感想聞かせてくださいね ^^
いっかいと言わず (hakuju)
2018-06-05 22:31:03
土日祝に行かれる時あれば、ご一緒させてください(^^♪
いい鮎釣れましたね〜。 (1人で行くのが好きな勝手ちゃん)
2018-06-05 22:34:20
まだ、6月の初めだというのにいい鮎釣れましたね。みんな、まっ黄っ黄ですね。おやじさん、写真撮るの上手ですね。鮎の、「ぬるぬる感」が伝わって来て、羨ましくなります。


「ご参考」(いらん世話ですみません)
初日釣られた鮎が翌日死んでしまった写真がありました。何がダメだったのかわかりませんが、鮎を入れたクーラーボックスはおとり屋さんの家庭のお風呂ぐらいの活かしの中に入れてありませんでしたか?
もし、おとり屋さんの活かしが上から水を引いて、下に流すだけのものだったら、(鮎が沢山入っていたので)酸素不足で死んでしまったのではと思いました。養殖ちゃんとチビ鮎ちゃんだけが生きていたのは、養殖ちゃんもチビ鮎ちゃんも未使用(はなかんを通していなかった)だったので、弱らなかったし、他の鮎が死んだので、生きていたのではと思いました。
おとり屋さんの活かしにの中に入れたクーラーの中にブクブク突っ込んでいたら、また結果は違っていたのではと思いした。
(状況がよく分からず、書いていますのでとんちんかんな事書いていたら、すみません)
(ただただ、大事な大事な鮎ちゃんを活かしたまま持って帰るにはどうしたらいいという思いです。)
おやじさんのいうように、原因はあれだったかもわかりません。

いらん世話ついでに、もう1つ書かせて下さい。。
今度は四国という事ですが、
今度も連チャンでしたら、おとり対策を1つ提案します。(面倒くさっという話です。)
初日にいれがかりがありましたら、
背がかりのいい奴を2匹、はなかん通さずに翌日のおとりとして別のクーラーに確保して下さい。
目の前の幸せに目をつぶり、翌日の幸せを手に入れる方法です。
でも、次の1匹が約束された元気な背がかり鮎に、はなかんを通さずに別のクーラーにいれるというのはものすごい禁欲に耐えないといけません。
追伸。
いれがかりの時は、おとりを変えなくてもいいタイミングの時が絶対にあります。
「このおとりで、もう1匹いける〜。」

コメントを投稿