アユ母日記

東日本大震災
平成23年3月11日
あの日から会えなくなったアユと凛へ
思いが届きますように

ドキドキ

2015年02月24日 | 思う事
春っぽいと ドキドキする。
もちろん
嬉しいドキドキじゃないです。
みんなの
「もうすぐ春だねぇ 楽しみだねぇ」
と言う言葉に反して
怖くて ドキドキしている私

あの日のアユと凛を想像して

あんな事が起こるなんて想像できなかった。
想像出来てたら…
「もし、大きな地震がきたら逃げるんだよ」
と話していたら…
話せていたら…
と今も思います。

災害や事故を回避できるかものひとつは想像力だと
防災士の講習で教わりました。
「もしこんな事が…」と言う話しを
縁起でもない話し と受け取るのではなく
日頃から「起こるかもしれない」と心に留めておく事は
大事な事で
自分の身を守る事の一歩だと言う事

普通に話しても
中々 皆さんピンと来ないらしい。

また同じ様な震災が来ても
やっぱりまた
「想定外」と言う言葉で片ずけられて
同じ様に犠牲になる人がいるのだと思う。

人は忘れるいきものだから

いろいろな事が頭の中を巡って
疲れる。
頭痛もおきる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« やっぱり会話が大切だ | トップ | 苦しい日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。