頑固な鮎師の独り言!!

鮎竿、鮎仕掛け、鮎釣技、日進月歩の現在も、鮎ちゃんに見向きもされない頑固な鮎師の独り言!!&珍道中記。

男の料理・・名店もどきの大学芋

2020年10月26日 | 雑記

SNSでも話題の浅草浅草寺裏、行列が出来る大学芋専門の名店<千葉屋>

東京に住まいしていた頃は、その旨さに虜になり、最低月一で買いに行っていたが、

田舎暮らしをして以来買いに行くことも出来ず、見よう見まねで作ることに。

(以下はそのレシピ)

他のサツマイモをいろいろ試したが、種子島密芋が一番

水洗いした密芋

皮をむき好みの大きさに

流水で2.3分、切った芋のアク抜き

洗ったイモをタオルで水分を取り、160度のサラダ油で揚げる

揚げ具合は、竹串が中までスッと通るとOK

揚がったイモの脂が乾く迄待つ

別のフライパンでイモに絡める蜜を作る。

料理酒150cc・白砂糖大さじ5杯・蜂蜜大さじ2杯・出汁の素少々・塩ひとつまみ。

強火で材料を混ぜる。飴になる前に揚げたイモを入れ、蜜を絡ませる。

完成した大学芋に黒ゴマを絡ませて完成。

素材のサツマイモを選ぶのが最大のポイント。蜜の甘さは好みで砂糖等分量を調節すること。

<千葉屋>の大学芋には到底及ばないが、それに近い食感と味が再現できたよ。

嫁さんの大のお気に入りレシピ。是非トライしてみては。

……………………………………………………………………………………

最後までお付き合い有り難うです。ついでにバナーをポチン・・・更に有り難いな。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  鮎釣りブログランキングに参加しています。

他にも鮎依存症候群鮎釣りサイト盛り沢山ですよ。

………………………………………………………………………………………


この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪化粧を見ながらリハビリ継続中 | トップ | 狩野川鮎、牝鮎はまだ白い »
最新の画像もっと見る

雑記」カテゴリの最新記事