頑固な鮎師の独り言!!

鮎竿、鮎仕掛け、鮎釣技、日進月歩の現在も、鮎ちゃんに見向きもされない頑固な鮎師の独り言!!&珍道中記。

鮎:(狩野川) やっと仕留めたゾー尺?

2015年09月16日 | 鮎友釣り

9/16

狩野川、明日17日、明後日18日と傘マーク。週末まで竿が出せないと思い<嵯峨沢おとりの家>へ。

am8:30。一昨日から比べても引き水遅く水位15cm高。澄み。

駐車場には彼岸花が間もなく満開!!彼岸花が咲く頃になると鮎釣りもいよいよ残り1ヶ月半。

ちょいと寂しい気分になる季節到来だね。

 

 オトリ店下手

 オトリ店上手

今日はオトリ店下手に入る。玉石のチャラ瀬に、うっすらと新垢が付き始めているようなので、

オトリを慎重に操作すると、小型だがオトリ使用可が飛び付いてきたよ。

その後も新垢付き始めのポイント探しての拾い釣りで、ポツポツ追ってきたよ。

流れの緩い大石周りにもうっすら垢が付いてきたね。

本格的な追いは少なく20匹程掛けたが、空中バレ多発。ハリの種類を替えても状況同じ。

本格的な追いではなく、ソロリとオトリに纏わり付く鮎が多かったね。

 

昼休みにはポツポツと雨が降り出し、そろそろ竿を畳もうかと思っていたところ師匠からチリリン。

田沢橋で竿を出しているので一緒にやろうと云うことで移動。

カッパを着込み師匠の上手でオトリを送るとオトリサイズ一発。その後も同型ゲット。

背掛かりの元気印。ヘチ寄りに送り込むと強烈なアタリ。まさしく尺鮎の手応え。喜んだのも束の間。

竿を立てて、ため込みに入ると背中が水中から・・・ギョギョ尺鮎ではなく、一昨日に続き尺アマゴだよ。

縦横無尽に走り回り、とても取り込めないので、下手にいる師匠に声を掛け、タモですくって貰ったよ。

この所鮎に嫌われ、アマゴに好かれるので・・・・・師匠も大笑いしていたよ。。。。。

 

アマゴと言えば塩焼き、ムニエルが定番だが、

師匠から教わった煮魚にすると滅法旨いよ。是非お試しあれ。

竿を畳む頃には大粒の雨。折角水位も低下。新垢も付き始め。

もうこれ以上の増水・濁りの出る雨は、勘弁して欲しいな。

本日の釣果(13~19cm 16匹) 

………………………………………………………………………

使用ロッド: シマノ リミプロ KODACHI 8-8.5 H2.75 

天井糸:   フロロ 0.6号 5m 

水中糸:   バリバス ゴールドメタル 0.1号 3m & 東レ フロロ 0.2号 3m 

ツケ糸:   フロロ  0.4号 30cm 

ハナカン糸  本デグス 1号 20cm 

ハナカン:  6号 

ハリ:     6.5号 4本イカリ&3本イカリ 

ハリス:    フロロ 1.2号 

………………………………………………………………………

最後までお付き席合い有り難うです。ついでにバナーをポチン・・・更に有り難いな。。 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ にほんブログ村 鮎釣りランキングに参加しています。

他にも鮎依存症候群サイト盛り沢山ですよ。。

………………………………………………………………………

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 鮎:(狩野川) 待ちきれず試... | トップ | 我が家にブルドックが!! »
最近の画像もっと見る

鮎友釣り」カテゴリの最新記事