頑固な鮎師の独り言!!

鮎竿、鮎仕掛け、鮎釣技、日進月歩の現在も、鮎ちゃんに見向きもされない頑固な鮎師の独り言!!&珍道中記。

鮎:四万十川解禁2日目タコ覚悟!!

2016年06月03日 | 鮎友釣り

6月2日、四万十川西部漁協管内の解禁2日目。

現地久保名人・我ら二人計3名にて、嫁さんの強い希望も有り支流黒尊川へ。

昨日の目黒川より水温が低く、釣れる鮎も四万十川水系では一番の美味。

期待を込めて昨年釣れたポイントへ。

午前8時スタート。石の色もマズマズだが、気のせいか石色があっさりし過ぎ。

くまなくオトリを泳がせるが全くの無反応。鮎の姿も全然見えないよ。

僅かに嫁さんが15cmを1匹ゲットのみで、自分&名人共にタコ!!

10時前に場所移動決断。更に上流に行ってみるが先入者有りで次のポイントへ。

広々とした素晴らしいポイントなので期待してオトリを送り出すが、

ここも全く鮎が見えずで1時間半1匹の鮎も掛からず。

久保名人が2匹。嫁さん自分はタコ。この時点で今日は久しぶりのタコ覚悟。。。

昼になったので、昨年も久保名人が用意したくれた四万十天然鮎の鰻重弁当。

鮎は釣れないが、絶品鰻重に大満足!!野菜サラダも自家栽培物。

天気良し川のロケーションも抜群、弁当も絶品。鮎は釣れなくとも今日はこれで良しの気持ち。

ゆっくり昼食を取って、午後はどうするか相談。

ダメ元で昨日釣れた目黒川の差し返し鮎を狙って見るとこに決定。

午後2時から釣り再開。オトリを送り出すと、ものの2.3分で強烈なアタリで18cm。

押しが強く、水深もあるポイントなのでメタルに交換して、

鮎を底すれすれに泳がしたのが、功を奏したか入れ掛かりを含め4時半迄に15匹。

久保名人&嫁さんは仲良く4匹。

大苦戦の午前中だったがタコは免れ、終わり良ければ全て良しの四万十川2日目だったな。

2日間お世話になった久保名人の卓越したポイント選定のお陰だよ。

古今東西名人に共通しているのは、場所選びに卓越しているね。

鮎釣りは1に場所、2にオトリしかないね。再認識だよ。

本日の釣果:15~20cm 15匹 (写真上記2枚は久保名人含む)

…………………………………………………………………

 最後までお付き席合い有り難うです。ついでにバナーをポチン・・・更に有り難いな。。 

 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ にほんブログ村 鮎釣りランキングに参加しています。

 他にも鮎依存症候群サイト盛り沢山ですよ。。

 …………………………………………………………………

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮎:四万十川解禁日 | トップ | 四万十川解禁釣行後記 »
最近の画像もっと見る

鮎友釣り」カテゴリの最新記事