写撮日記_しゃとるにっき

撮り歩いた日記

上田・小諸 行き写撮 3号写

2018-06-21 | Weblog

上田を後にしてR18を走りまして
やってきたのが 小諸城 です。

この城は、登城 とは少し言いにくい立地で、
城下町より低いところにあるのです。

「穴城」というそうですね。

      
下って下って・・

これが 大手門 です。 
    
平成16~20年に解体修理され、慶長年間の仙石氏建立当時の姿になったとのこと。
瓦葺の立派な櫓門ですね。石垣も良いです。
一度は個人所有だったこともあり、手はくわえられているようですが
現存扱いにて国の重要文化財なのです。

大手門をくぐったらすぐ城跡 というわけではありません。
城郭は寸断され、旧JR信越本線から しなの鉄道 に変わった
小諸駅 付近の地下道で線路もくぐるのです。

小諸城址 懐古園 の三之門 にたどり着きました。
 
この門も 現存の重要文化財です。

城内散策します。
      
すぐに感じたことがあります。

「高遠城 に似ているな・・・」と。

天文23年、信玄が侵攻しこの地を手中におさめます。
縄張りを命じられ、小諸城の原型を築いたのが山本勘助でした。
高遠城縄張りも勘助でありました。

城址内に動物園があるのです。
    

たしか最近ここの動物が逃げ出して騒ぎになっていたはず。
      

武田の滅亡後、織田や徳川の手を経て、天正18年、秀吉の命にて
仙石秀久が5万石で小諸に入封。現在の小諸城の城郭を整備します。

秀久は一度は秀吉から追放されるも、この小諸で大名に返り咲き、
その後、上田に国替え、さらには但馬出石に国替えとなります。
このとき、蕎麦好きであった秀久は蕎麦職人を伴って出石に移り
当地で蕎麦を作らせたのが 出石の皿そば なのです。

それにしても この日は気温が27℃くらいまで上がり、
汗がとまらない・・・ あせも ができました。

我慢して城の奥へと進みます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 上田・小諸 行き写撮 2号写 | トップ | 上田・小諸 行き写撮 4号写 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事