アラサーの雑記

日々の思いや出来事の雑記録

転院しました記録

2016-01-16 02:17:10 | 日記
前回の記事通り、転院決定。
転院先の病院は15日に予約していたので、紹介状やらの資料を持参していざ病院へ。

前日、仕事で疲れてたけど、幼少期からの昔のことをつらつら書き留める。こんなことがあった、こう感じた等々。
振り返ってたら、B5のルーズリーフで11ページ位使っていた…
書き上げたら明け方。アホか。

とりあえず参考資料?と思ってそれも一応持参。


さーて診察で何と言われるやら。
前の医師はやたらとボダ認定してたけども。そんな紹介状を見てどう思っておられるのか。

結果、セカンドオピニオンでの初診時の見立てと変わらないよう。ベースに発達障害(多分ADHDだと思うって)があっての双極性障害(Ⅱ型)だという見解。育った環境やらで二次障害があるという見立て。

処方薬も、「私としては気分安定化薬orADHDの薬を使ってみてもいいと思います」とのこと。
で、私はそれに乗ってみようと思うという旨を話した。ただ、ADHDの薬だと睡眠外来で処方されてるベタナミンと少し系統が被るよね?と思ってそれを話すと、「確かにそうですね」と。なので、ADHDの薬を使うか否かはそっちの病院に話した後で決めることにした。

あとは近況や精神状態はどう?って話とか。副鼻腔炎再発→治療中風邪をひく→副鼻腔炎悪化で心が折れそう、手術したい気持ちが今は強いとか、忙しい時期で疲れてることは話した。
アレルギーも色々発覚するし、家にはアレルゲンが多いし、やっぱり実家を出た方が健康的になると感じると言った。
「うーん、やっぱり実家は合わないみたいね」って。そうです、金銭面で仕方なく居るだけです。

そして、マナー違反は承知ですがと前置きした上で、紹介状やらの資料を見た旨も正直に伝えた。ここの先生は、患者がそういう資料を見ることに寛容で、むしろ自分の書いた診断書等の資料は一度患者に見せて、承諾してもらうらしいので、それは問題ないです、とのこと。
で、紹介状に書いてあった一文で、前の医師が人の話全然聞いてねーなと思ったっていう点も話した。
「職場での人間関係に困難を~」の箇所。今が一番ましです、こんなこと言ってません。残念だし甚だ遺憾でしたって。

最後に、昨日書き留めたルーズリーフの話をした。「これも躁状態の部分だと思いますよ」の指摘に思わず笑う私。「休みの前日、ついテンション上がって夜更かししちゃうんですよねw」「そういう方、結構いらっしゃいますよ」だって。そうなんだ。ルーズリーフはコピーして病院でも持っておいて、原本は記録として持っておいたらいいと思うって。


これで診察終わり。私の色々話すところもちゃんと聞いて下さる。そして…何て話のわかる先生…!
前の医師に伝えたいことを伝えるのに困難を要した今までの苦労は何だったんだ(笑)
いや、本気でもっと早く転院したらよかったと後悔する位、話が早い。


先生の見立てで診断名が変わりそうなのも、私としてはすんなり入った。ボダかなーっていう要素はあれど、ボダ認定しまくる前の医師に何か違和感も感じていた私。典型的なボダって、他人に対して操作的だと言われるけど、私は操作する計算高さを持ち合わせてないのよね。だから違和感があったのかな。
発達障害説も双極性障害(Ⅱ型)説も、私自身が疑ったことがあるので気にならない。ただのうつ状態じゃないと思っていたから。そもそもWAISの結果を知った時点で発達疑惑を感じたし、謎のハイテンションも納得がいく。

とか何とか感じたのが感想。
睡眠外来で、この話をきちんと伝えて、薬の変更等に対応するやら、先生達の見解を双方に伝えるって作業は今後私がしなくちゃいけないから、きちんと話をしないとって思った。自分の為にね。
コメント

卒業

2016-01-07 22:59:15 | 日記
かなり久しぶりの投稿。気が付いたら2016年…早いな。


年末年始は忙しくてヘロヘロだった。
そしてタイトルの件だけど、私、5年近く通院していた病院から転院することにした。
それで今日は最後の日。

紹介状や、診断書等の資料のコピーをもらってきた。

もちろん、マナー違反は承知だけど、どんなことを書いたのか確認した。

結果、私はボダでうつ状態です、っていう見立てだった。
やっぱり。でも、新しく入った職場での人間関係が困難とか何とか書いてあったことに私は「??」状態だった。
あの、そんなこと言ってないし。ってか今のところ今までで一番ましなんですが。。

結局人の話をろくに聞いてなかったってことだなって、残念に思った。まさしく遺憾の意。

こんなことなら、もう少し早く転院してよかったのかも。。と後悔。
この1年、粘り続けた私は無駄だったのか?
何でもかんでもボダのせいにして、過眠症は見落としてたし。身体の不調についてもちゃんと耳を傾けてくれないし。

だんだん悲しくなってきた。理解してもらおうとしたけど、結局無理だったんだなって。


こんなこと書いてはいるけど、ボダであるのは私も多少自覚してるし、こんな自分は嫌。
だけど、真性ボダならとっくの昔に喧嘩して転院してるよ。とりあえず様子見ながら粘った結果、見切りつけようって決めた。
まだ冷静さも残したボダ…だと思う…

こちらも長年通院して、自分のこと、周りのことを考えて、ある程度分析できるようにはなってきたとは思ってる。まだまだ吹っ切れるには早いけど、次の病院でももっと自分を知って、今よりよくなるといいなと思っている所存。
コメント