アラサーの雑記

日々の思いや出来事の雑記録

喧嘩中

2014-07-31 22:26:41 | 日記
激しく喧嘩してから4日。
会わないと決めたから会ってない。「おはよう」「行ってきます」の連絡はするけど、話してもないし、このままどういう方向に向かうのか掴めずにいる。このまま訳わかんない感じが続くなら、それに痺れを切らしてはっきりさせたいと思いつつ、日にちが経ってうやむやになった感で「色々とどうでもいい」みたいな気分にもなる。そうやってまた曖昧になる予感も、、正直ある。


もう色々面倒くさい。別れる結果になろうが仲直りしようが方向性が面倒くさいのは変わらない気がする。
私自身の気持ちもごちゃごちゃしてるから、良くないなあと思う。でも、どうすればいいのかわかんないのが本音。


優柔不断が炸裂している。昔からこうだけど。物事を決定付けるのが苦手なんだ。子供の頃は聞く耳を持たないところがあって、それで損してしまった部分がある。だけど今は、自分の考えだけでなかなか決めきれなくて、結果好機を逃してしまったり、答えを先延ばしして状況悪化させたり…
失敗してるからいけないと思うけど、決断力が無い方が勝ってしまう。

いつもうだうだしてしまう。こんな自分は嫌だ。
コメント

恋愛迷路

2014-07-28 23:24:04 | 日記
キチガイ
メンヘラお嬢ちゃん
世間知らなさ過ぎ
仕事してない癖に
協調性が無い
我が儘
ガキ
言っていいことと悪いことの区別をつけた方がいいよ
欲しい物はすぐ手に入るからな
何かあったら親親親
クソ
バカ女


彼氏に言われたことがある言葉。
どれも間違ってはないんだけどね。
だけど、ここまで言われたらさすがに頭にくる。
ここまで言う人にハイハイって付き合うなんてアホ臭い。こんな風に思ってる人と付き合う位なら、1人でいいよ。


そして同時に同じような文句も言いたくなる。


DQN
低学歴
ワープア
一般常識レベルの知識も無い
学歴コンプ
いい年こいて大人気ない
勉強できる人間と金持ちに対する僻み根性は一級品
酒癖悪いクソ酔っ払い
パラサイトシングル
何かあったら煽り文句脅し文句
そんなんだからその年まで結婚できないんだよ


こんな感じ。

もう異性と付き合うとかどうでもよくなってくる。
多分私には向いてないんだと思う
いわゆるダメ男を好きになるダメ女パターンだ。前々から思ってたし、人からも指摘される。

そもそも、自分から「あなたのことが好き!」って思う感情が薄い。それは今に始まったことじゃないのだけれど。
「好き」「見捨てないで」この気持ちが強くて、恋愛で痛い目に遭ったことがある。そして、自分から好きになった相手とはうまくいかない傾向にある、だから、自分から人を好きになる感情を抑えるようになった。「好き」「付き合って」って言われて付き合うパターンが多い。そして、「愛してる」の感情がよくわからない。「見た目がおしゃれ」「一緒に居たら楽」「私の話を聞いてくれる」 「だから好き」なパターンが多いかもしれない。


腹は立つけど、彼氏に言われたことって世間の一般論的にはそうなんだ。私は一般論的にそう思われて仕方のない人間だ。年齢的に結婚適齢期を迎えて思うことは、結婚に、むしろその前段階の恋愛にも向いてない人間だということ。

寂しいけど、哀しいけど、これが現実。人付き合いしたらいけない人間なのかな。
人間のことは好きだけど、人間は怖い。人間と関わりを持つのが面倒だと思う反面、寂しいから、人間と関わりたくもなる。

引きこもりも嫌だけど、社交的ではない。そういうことなんだと思う。


「絶対誰か相手が居ないと生きていけないでしょ」
仲のいい友人に指摘されたことがある。実際、そうなのかもしれないと自分でも思う。ここ10年で、「彼氏居ない歴」が殆どないのってそういうことなんだと思う。「違うよ、たまたまそうなってるだけ」とも言いたいけど、私はそんなことを意識してなかったけど、起こってることを考えたらそうなのかもしれない。あと、異性に「何とかしてやりたい」って思われることが多いみたい。そういう理由で付き合う流れが多いから。


もうそろそろ、この流れを絶ちきってもいいかもしれない。1人になることは恥ずかしいことでも、恐ろしいことでもないんだし。孤立や孤独は辛いし寂しいことだけど、それと付き合う異性が居ないことはまた別問題。まあ、私の場合は多分付き合う相手が居なくなったら孤独な人間だと思うけど。


きっと恋愛依存だった。
そして、恋愛経験を振り返ると完全に人付き合いが苦手なのもわかる。
優柔不断で、判断力に欠けるから痛い目もみる。
本当は恋愛したらいけないタイプなのかな。
特に、年齢的にも考える要素は増えてきた。ただ盲目に「好きだから」で付き合える年齢でもなくなった。相手に対する条件や、結婚のこと、お互いに様々な要素をクリアしつつ愛情もって接することが恋愛になる。大人になるというのはそういうことも一つの流れなんだろう。私はそんな「大人の恋愛」のステージに立てる人間ではない。だから、恐らく恋愛には向いてない。



とりあえず現状を何とかしたい。このままは嫌。
コメント

死への階段

2014-07-22 01:30:18 | 日記
もうすぐ、また一つ年を取る。


近年、誕生日直前は何かと考えることがある。自分のことを色々と思い巡らせる。そして、死にたくなったり、自傷したくなったり、泣けてきたり。

この間の日曜の喧嘩も、自分が生きてることについて考えた。
周りはどんどん大人になって、それぞれの道を歩んでいる。私は昔から変わらないところに居て、周りとの距離をどんどん離される。私は過去に居た場所に取り残されて、時間ばかりが過ぎて行く。追い付こうと思っても、追い付けない。
私は何もできないでただ、そこから周りのみんなを眺めているだけ。
フワフワと、この世界に漂っているだけ。魚みたいに泳げない。海の中で漂うクラゲか、海底で光を見てる深海魚みたいな気分。

ふっと、痛みを味わいたくなる。だけど、2年前から思い留まっている。不都合が多いから。昔に比べたら、痛みを味わいたくなる衝動も薄れてきたけど、たまにふっと頭をよぎる。

湧きおこる破壊衝動を、見ないふりしてるだけなのかもしれない。何もないよって顔して、気づかれないようにヘラヘラしてるだけ。
友達にも、家族にも言えない。

悟られないように
傷跡を見られないように
泣き顔を見られないように

負のエネルギーに無理矢理蓋をしてるだけ。
本当はわかって欲しいのに。助けて欲しいのに。

でも、言えない。
みんな、わかってくれないよ。私の腕を見たら、引くでしょ。そんなことするのやめなよ、しか言われない。

そう予想できるから、言えない。言わない。だからたまにやり場がなくなって辛いんだけど。

地元に居るから、余計に気を遣う。いつ知り合いに会うかわからないから、私は傷跡を隠して出かける。
正直言って窮屈。
だったら、都会で沢山の人に紛れていた方が楽だと感じることもある。


誰も知らない場所でいつの間にかふっと消えてしまえたら、そう思う。

苦しい。
破壊衝動が久々に湧きおこる。

やめろ
やめてくれ

自分の血をボーッと眺めて
眠ったまま死にたいような

そんな感情が頭をよぎる。



こうして私はまた、年を取る。何も変わらず、ただ年を取る。

真綿で首を絞められるってこんな気持ちなんだろうな

ふわっと
消えたい
コメント

心身の健康

2014-07-14 03:01:17 | 日記
相変わらず体調があまり宜しくない。


命に関わる持病がある訳でもない、緊急性を要する症状もない、だけどずっとどこかしらに不調が表れる。


それが最近の私。


顎関節症、なかなか治らない皮膚炎、頭痛、肩こり、そして鬱。アレルギーもダラダラあるし、副鼻腔炎もなりかけた。そのうち胃痛もたまに出てくる。
最近は膝と腰の痛みに悩まされる。すぐ治まると思ったら意外と頑固。


全部が軽症だけど、複数が重なってコンディションが落ち着かないことがひたすら続くので、精神的にもストレス。

特にこれといった原因が無くて、症状のどれかが治まったと思ったら別の症状が強くなったり、慢性的に疲れやすい。自律神経が弱いと思ってはいるけど、不定愁訴が多くてうんざり。



健康って何?
どうしてみんな、そんなに体力があるの?
どうしてみんなができることが、私はできないの?
どうして頑張りたいと思っている時にも身体が不調なの?
私が甘えてるだけで、みんな我慢してるだけ?
私が痛がりなだけ?
私が弱いからこうなるの?
気の持ちよう?



生きていくのに働いて、お金を稼いで、家計を維持させる。

それをみんなが当たり前のようにやって、何十年も続ける。キツいことも落ち込むこともそれぞれ沢山あって、それでも我慢して働いて生活している。
私はすぐに身体に不調が表れて、精神的にも疲れて、人ともコミュニケーションが取れなくて、仕事が続かない。
みんなと同じようにできたらいいのにって思う反面、思うこと。


真面目にやろうと思っている中でも、身体がだるい、痛い、辛い、そういう症状が出て気持ちも落ち込む時がある。結果的に働くことを継続できなくて挫折する。それを他人から「辛抱ができない」「甘えてる」「気の持ちようだ」と思われながら言われながら、我慢して働き続けていかないといけないなんて、この世界は本当に生きづらいと思う。


私は耐えしのんで我慢して、生活を維持する能力がない。こんな世界に生き続けないといけないのも、何だか途方もない感じがして、消えてしまいたいと思う。

仮に特筆すべき能力や技術があっても、メンタルがタフでモチベーションが高くても、身体が動いてくれないとできないこともある。
何もない私が生き難いのは当たり前。
身体が健康でないと、心も荒んでいくのがわかる。逆も然り。


心身の健康が欲しい。
もし今、「願い事は?」と聞かれたら、私はきっとこう答えると思う。

身体にガタがくるのにはまだ早い年齢だけど…悲しいかな、かなり本気だ。


ソウイウモノニ ワタシハナリタイ
コメント

リア充と見せかけたコミュ障

2014-07-14 02:03:36 | 日記
それは私のこと。


最近ひしひしと考えていた。少ないけれど友達も居て、人並みに異性と付き合った経験もあるし、人見知りをしないで話ができる人間。と見せかけて、ネクラで陰鬱としていて、趣味も少なくて融通が効かなくて、臨機応変な対応ができない。うまいことを言えないから人と親密になれないし、仕事ができない。


さらに今日は彼と喧嘩になって、耳の痛いことを言われた。

「ワガママ過ぎる。協調性がない」
「今までよっぽど周りに甘やかされてきたんだな」
「仕事してて協調性がないから病気になったんじゃないの」
「友達居るって言うけど、それはお前の協調性の無さにただ友達が合わせてただけだろ」


間違ったことは言ってないと思うし、自覚もあるっちゃある。だけどまあ、、堪えた。


確かに人と親密になるのは苦手だ。顔見知りから友達の関係になるのがかなり苦手。人と群れない。幼稚園の頃から、人付き合いができなくて集団行動が苦手だった。小中学生の頃は思春期の女子には避けて通れない「仲良しグループ」が作れなくて、浮いた存在だった。高校生の時は何とか仲のいい友達も居たし、校内では比較的リア充イケイケキャラで居たけど、友達グループの付き合いが苦手なのは変わらず。大学時代に住んでいた女子寮は相変わらずグループ付き合いが存在していたけど、グループ付き合いに馴染めないのがわかったので、群れないことを選択した。話す子も居たし、友達付き合いのメインをサークルの仲間としていたので、そこまで寂しくはなかった。


だけど、いつもどこかで孤独感はあった。高校・大学では同性の友達グループが苦手でも、異性の友達も居たのでごまかしが効いていたのかもしれない。
社会人時代は女性が多い職場で、かつ接客業だったので、不器用が露呈したし変わり者だと思われていた。結果的にうまくはいかなかった。だけど、苛められていた訳ではないからそこは救い。かな。。休憩中に話してくれる同僚も居たし。


高校卒業してからしばらく東京で生活していたが、精神的に参ったのがきっかけで地元に帰って来た。地元は嫌いじゃないが、あまり好きではなかった実家暮らしはやっぱり馴染めないというか、つまらない。落ち着くのは一人で部屋にこもっている時。
さらに、いつの間にか東京の暮らしに染まっていたのかもしれない。いや、大学時代の友達付き合いのノリとのギャップに戸惑っているのが本筋だと思うけど、仲良くしてくれる人は居るものの、どこまで自分を出していいのか、さじ加減がわからない。地元で出会い、付き合ってる彼とも正直言って価値観が合わない。


地元は好きだけど、東京も好き。
今でも東京シックになる。
だけど、東京で生き抜くエネルギーはもう残ってないと思う。リスクも多い。
地元はのんびりしているところが好きだけど、交通の不便さを感じる。それと田舎ゆえに気を遣うことがあって困る。
東京で生き抜く力が無い癖に、ライフスタイルは東京というか都会の暮らしが染み付いていて、地元でも不便が生じることがある。そのギャップを埋めるのは思った以上に大変だと感じた。


結局のところ、どこに住んでもどこに所属しても、私は馴染めなくていつも宙ぶらりんで漂っているだけなんだろうな。結局どこに居ても孤独感を払拭することはできないし、どこに居ても場違いな感覚はあるんだと思う。そもそも、適切な自己アピールや場の空気に合わせた言動ができないから人と親密になれないし、仕事もできない。


私はどこで生きればいいのか。
コメント