アラサーの雑記

日々の思いや出来事の雑記録

転勤話の続き

2017-10-21 01:26:45 | 日記
彼の転勤話が出てから、私はさすがに心中穏やかにはなれなくて、不安定な気持ちになることが多かった。単純に遠距離恋愛に対する不安や寂しさ、そして、私自身の心構え。ある程度腹を括るしかないと思っていた。


私が不安定になったことで、喧嘩もした。私が勝手に心を乱しただけなのだけど。彼は基本的に大きく心が乱れることはない。
喧嘩の時に、私のいけない考え方を指摘してくれた。実に明確に、的確に。人間、性格を変えるのは難しいけれど、その件に関しては何とかしないといけないと思った。
私ももっと安定した心を持てるようにしたい。


そんなこんなで紆余曲折あり、先日の休み。
来月に転勤予定だった彼と一緒の休みはあと2回、彼の誕生日も祝えないかもしれないと思っていた。
そんな状況だったので、「今日は一緒に居たい」と言って、泊まった。
泊まる前に共通の友達とカラオケに行ったので、寝るのが明け方になってしまったけれど。

いつものように、彼とくっついて寝た。先に落ちていびきをかく彼を見て思った。
「こんなことができるのもあと少しなんだ」
涙が滲んだ。眠りについた彼の重みが腕に伝わる。重いけれど、こんな状況なので少し我慢した。



寝坊して、グダグダと近所のショッピングモールでお茶。ウロウロして、彼が行きたいと言った車のパーツ専門店へ。眠くてたまらなかった私は、助手席で休憩していた。「後で行く」と言ったので、ぼちぼち出ようとしていたところに彼が戻って来た。
「あれ、早かったね?」
「思ってた程物がなかった」
「ってか、異動の時期延びた」

どうやら会社の人員配置等の関係で考える時間が必要のよう。
とりあえず、11月は一緒に居られるみたい。

「もしかしたら、俺が最初の候補地に即OKって言わなかったからかも」
「あ~」
「でもとりあえず来月まではこっち居るのわかってよかったよ」
「俺はしばらく経ったらあんたを引き抜こうと思ってたよ」

そっかあ。一応そんな風には考えてくれてたんだ。
単純に嬉しかった。
まあ多分、彼の転勤先について行った暁には、私は彼のご飯を作る担当になる羽目になりそうだけど。
それでも楽しく、明るく暮らせたらいいとは思う。


転勤話は、不確定要素が多過ぎて何がどうなるのかわからない。いつ、どこへ行くのかも。先延ばしになったことで、一先ず彼の誕生日を祝うことはできそうなので、そこはホッとしている。彼との日々をもう少しだけこっちで楽しもう。一緒の時間を大切に過ごそう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 孤独感 | トップ | 幼なじみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事