アラサーの雑記

日々の思いや出来事の雑記録

睡眠外来の記録~検査入院編~

2015-04-25 00:03:41 | 日記
4月21、22日で睡眠外来の検査に行ってきた。
予約してから2ヶ月半、ようやくかという気持ちもありつつ、検査前日は不安からかソワソワした気分だった。

21日夜から一晩が睡眠PSG検査、22日朝にそれが終わって夕方までMSLT検査という流れ。
泊まりで洗面道具や寝間着の準備が必要だったので荷造りしたら荷物が思いの外多くなった。



まるで修学旅行。

病院に着いてすぐ個室に案内されて、説明を聞いた。個室はホテルの部屋みたいな造り。検査だけど何かワクワク。
食事の準備と、シャワーと、あと検査が始まるとタバコが殆ど吸えなくなるということでタバコも21時までに済ませてから、検査の準備で部屋に待機。

寝る前にPSG検査の電極を身体に装着するのだけど、沢山電極があるので一人あたりにかかる時間が長いようで。
私の順番は最後だったので1時間程部屋で待たされた。
妙に水分が欲しいし、そのせいでトイレ近いしで、多分緊張していたんだろうな。

そして私の順番に。検査技師さんに電極を装着してもらいながら、お喋りしていた。
「これ、電極やコードがいっぱいあるけど、付けてて訳わかんなくなりそうで大変ですね」
とか言ってみた。やはり慣れが必要とのこと。私の脳じゃこんがらがって多分装着できないと思った。

電極やコードが顔や頭、身体に沢山付いた状態が何だか面白くて、緊張しつつもワクワク。そしてベッドに横になる時にはさらに呼吸の検知用のチューブが鼻にセットされた。通常、鼻に酸素を送り込む時に使ってるもの。重病の患者でもないのにwって笑えてしまった。
そして就寝。
沢山身体に色々付いてる割には、寝返りもうてるしそこまで気にならない。


だけど緊張してたのか、夜中に何度も起きた。トイレや水分補給をした。いつもなら中途覚醒時にタバコも吸ってるけど、それは無理。しかも、トイレや水分補給するたびにナースコールしないといけない。器具装着中だからね。トイレに落としやしないかと気をつけたのはここだけの話。
やたらトイレ近いし喉が渇くわで、中途覚醒も数回、全体的に眠りが浅い感じで朝を迎えた。

元々朝が苦手な私、睡眠もイマイチでかなりぼんやりしていた。とりあえず数少ないタバコタイムは確保して、朝食と軽くシャワー。だけど目が覚めない。

そしてMSLT検査へ。昨晩よりか少ないものの、やはり電極やコードまみれ。
9時、11時、13時、15時、17時に検査でベッドに横になるんだけど、検査以外の待ち時間はベッドに近づけない、外出できないで病院に缶詰めで眠気を測るという、眠気に弱い私にとって苦痛が想像できる検査。
タバコ吸えない、ベッドに寄れないとか、普段有り得ない状況にソワソワ。

当然検査で横になると寝落ち、検査の合間も目が覚めずに椅子に座って寝落ち。スマホ弄ったり読書してみたりしたんだけどね。私が眠気に勝てる訳もなく。しかも朝から頭痛だった。検査に響くから鎮痛剤飲めずで、それも困った。

そして何故か17時の検査をせずに15時半過ぎに終わりになった。

ニコチンとカフェイン断ちからようやく解放された私は、ミルクティー買って一服。
シャワーを浴びて身仕度して、検査結果を教えてもらう為に病院の待合室へ。

こうして1泊2日の検査入院が終わった。
検査の際に緊張していたのかソワソワしてたのって、ちゃんと寝れるかの不安ではなく、タバコ吸えないけど大丈夫かな…っていう不安だったと後から思った(笑)


検査結果については次の記事で。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ドライアイと睡眠外来 | トップ | 睡眠外来の記録~検査結果編~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事